So-net無料ブログ作成
検索選択

第479話 尾平の叫び

尾平の頭に幾重にも反芻する信の涙と拳。飛信隊脱退を告げられた尾平は一人佇んでいた。
尾平は信に殴られた後、羌瘣に縋るが、羌瘣は尾平の頬を殴り、自業自得だと怒る。信と同郷で一番の古参のくせに全く飛信隊のことがわかってないと吐き捨てる。
桓騎はシラけたなと呟き、信達にもう行っていいぞと興味を失っていた。信はまだ話は終わってないと睨むが、桓騎はすでに村焼きは全部終わっており、これ以上はなく、気が変わる前に失せろと返す。

尾平と一緒に桓騎軍に参加していた飛信隊員は尾平に対して、信のところに行って、弁明しようと言うが、尾平は無理だよと言い、城戸村に帰ると丘の上でいじけていた。尾平はこれまで、どれだけ血と汗を流し、何度も死にかけたのにたかだか腕飾一個とっただけでクビなんてふざけるな、村人のものとは思ったが、村は崩壊しており、それが何だってんだと想いを口にした。
尾平はさらに自分は信や羌瘣と違い、普通の人間であり、命がけで戦ってきたのに、腕飾一個で出て行けなんて、飛信隊のことを一番わかってないのは信じゃねえかと涙ながらに叫ぶ。

そこに丘の下より桓騎兵の笑い声が聞こえてくる。それは信が桓騎本陣に殴り込みにいったときの話であった。村人からの略奪や殺戮を禁止している飛信隊であったが、隊員の一人が腕飾を奪って、ぶっ飛ばされたとのことで、上もアホなら、下もアホだと笑う。さらに我慢の連続で見返りもなく、それで討ち死にした日には正にクソみたいな死に様だと笑い飛ばす。しかし、一番の問題は信であり、盗るのも怖い、犯るのも怖いとあれば将としても、男としても器は小さい、しかし、その小物は中華統一と天下の大将軍になるという夢を持っていると嘲笑う。

尾平はたまらず丘を駆け下り、桓騎兵を殴る。尾平は殴り返されるものの、信を笑う奴はただじゃおかねえぞと叫ぶ。器がでかいから盗みも犯しもしないのであり、信のために死ぬことはクソ死にではない、弟は立派に信を命懸けで守ったのだ、信が綺麗事を言っているのは百も承知で、色んな誘惑はあるが、それらも関係ないくらい、信のことが好きで、みんな信と一緒に命をかけて戦いたいんだと力強く言うと、尾平はそれが飛信隊なんだと改めて認識し、涙を流す。



まずは来週休載です。
尾平は改めて飛信隊への想いを再認識しましたが、この後どうすれば信に許してもらい、復帰できるのか…
信も頑固なところがあるので、単に謝るだけではダメなんだろうな…きっと

nice!(11)  コメント(54)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 54

許してキョウカイ!

コメント
by 許してキョウカイ! (2016-06-23 07:49) 

マイコウ

この後のビヘイ大活躍に期待ですね!
by マイコウ (2016-06-23 07:52) 

お名前(必須)

そろそろ誰か死なんとおもんないよな
by お名前(必須) (2016-06-23 08:08) 

通りすがりのキングダム愛読者

まぁキョウカイは先々お亡くなりになるでしょうな
by 通りすがりのキングダム愛読者 (2016-06-23 09:04) 

通りすがりのキングダム愛読者

それにしても今回の展開はぐだぐだ感が否めないですな‥ケイシャうちとった盛り上がりが一気にシラケさせられましたな[あせあせ(飛び散る汗)]まぁ今後の展開に期待したいですな
by 通りすがりのキングダム愛読者 (2016-06-23 09:20) 

チェキ

キョウカイの反応が以外でした。
信を裏切り悲しませた事に怒ってましたね

カンキはカンキ軍を保つため野党でなければなりません。カンキ軍内に略奪禁止令出すと
誰も言うこと聞かないでしょね

尾へいは法に照らせば無罪です。
どうなるんでしょうか?
飛信隊のために命を落としそうかな?

今回の話はダラダラ長いですが
焦点が勝敗や武功ではないようです

続きか楽しみです。
by チェキ (2016-06-23 10:22) 

贔屓

ある意味、意外な展開でしたね(笑)
私自身も興ざめ感たっぷりでしたが、ゴタゴタが終わってとりあえず、よかったです。しかしながら、黒羊の戦いはどうなるでしょう?
ナキは、カンキ軍に戻ったのかな?
by 贔屓 (2016-06-23 10:42) 

まり

今回、案外皆さん冷めてらしてちょっとガッカリしました(^^;;
私はここは非常に重要だったと思いますね。
信キョウカイテンとは違う、普通の隊員が普段何を思って戦っているのか、よく伝わってきました。
モヤモヤ展開が続く中、飛信隊とは?まさか尾平に答えをもらうとは思わず、情けなくも少し涙腺が緩みました。思わず全巻読み返して成る程と。
今まで苦楽を共にして来た飛信隊のメンバーが今一度立ち止まり、各々精神的にレベルアップし更に結束を高めるイベントなのかと思います。
雨って地固まるを期待します。
by まり (2016-06-23 11:07) 

お名前(必須)

キョウカイ亡くなるとか釣りコメントはやめましょう
by お名前(必須) (2016-06-23 11:08) 

お名前(必須)

ちなみに作者はキョウカイも晩年まで描きたいらしいですよ〜
by お名前(必須) (2016-06-23 11:10) 

六大将軍王騎

誰も死ななかったの良かったですが、あの場の収まり方がもの足らなさ感ありますね!
昌平君かその使者が現れるものと思っていただけに・・・
この戦いの決着が気になりますねー
尾平、手柄上げて飛信隊に戻れるようにがんばれ~(`∀´)!!!
by 六大将軍王騎 (2016-06-23 12:51) 

かずお

BI・HE・I BIHEI!
BI・HE・I BIHEI!
BI・HE・I BIHEI!
We living 中華!BI・HE・I BIHEI
I anm a normal human。

尾平のぐだぐだにより、見事に全員生還のミッション成功です。ただし信は面子をヘシ折られた形になってしまい、自身の発言が桓騎に届かないと痛感されていると。で、再来週からは桓騎将軍と紀彗将軍のガチ勝負になるのでしょうか。今回の話は飛信隊がメインから外れる起点としては重要だと思います。啖呵ふっかけて失敗した形になりましたからね。

でね?改めて思うのです、尾平。お前どこが普通よ?あの雷土を吹き飛ばした信パンチに耐え切ったタフネス。前にも慶舎将軍の一撃にも耐えた一般兵。いねえよ、そんな耐久性優れた一般兵は。お前はガイドブックにもステータス表示された優遇キャラだぞー!田有達には無いんだからなぁー!
by かずお (2016-06-23 14:13) 

もしゃ

私も中々ジンと来た回でした。ザ・普通の尾平の思い、良いですね。単純明快でこれ位の方がすっきりです。しかし死ぬ云々いったら、史実には出てこないテンの方が危ない気がします。カンキ自身はまだ史実では続くはずですが、勝つと決まった訳でもなく・・・まだまだ読めない気がします。まだひと波乱あったりして・・・。
by もしゃ (2016-06-23 15:04) 

しゅうしゅう

カンキ対信の争いは、とりあえず終了しました。

次は、敵との戦いが残っているわけで、どうカンキ軍と飛信隊が連動して戦っていけるのかは疑問です。

もっとも、敵が丘を要塞化しても、敵の主力が丘の上にある以上、補給の多くを断つことは容易そうなので、兵糧攻めしつつ、別働隊で城を落としに行くことも考えられますね。
by しゅうしゅう (2016-06-23 15:34) 

馬鹿なりにまじめに書いてみる!

前回鼻閉に責任はないのうんぬん論じたものです。
信、そうきましたか!
かずお様もご指摘のように、信の攻撃(!?笑)を受けて生きてる人間はそうそういないのではないでしょうか。
そして信の剣でなく拳を選んだ冷静さ。
怒り心頭のキョウカイの可愛げ。
鼻閉という凡人の視点で見る中華統一の魅力とか壮大さ、途方もなさ。
今回信や鼻閉、飛信隊、毎回続く戦い、いろいろ掘り下げている回になってるように思います。こういう回り道は嫌いじゃないです!!


by 馬鹿なりにまじめに書いてみる! (2016-06-23 16:44) 

お名前(必須)

怒りに任せて城戸村に帰らなくてよかった尾平。

ここで帰ってしまってたら一生の後悔だっただろう。桓騎兵があそこで罵詈雑言を浴びせたのもある意味よかったし。

このまま信に向かって「一兵卒からもう一度出直させてくれ!」というくらいの覚悟と熱意を伝えない事には易々と信も帰参は認めないだろう。

さぁ桓騎も作戦材料が整った様だから、住人をどう利用して敵の戦意と戦局を挫くのか見物だ。
by お名前(必須) (2016-06-23 16:53) 

信ぐだむ

うーん、何かすっきりしませんね…
信の訴えが全く実を結ばないまま、桓騎軍の集落蹂躙がお咎めなしで話が進んでしまいそうな空気になってしまったから、当然なのかもしれないですけど。

尾平にとっての飛信隊も良かったですが、早く信のターンになって前向きになってくれるところを見せてほしいなというのが正直な気持ちです。
信とキョウカイが自力で立ち直るのは難しそうだから、おそらく貂が何か仕掛けてくるんじゃないでしょうか?
(それにしても、このすっきりしない展開で2週間待つのは結構きついですね…^^;)
by 信ぐだむ (2016-06-23 19:14) 

キングダム楽しみです

黒羊の戦いはこれで終わるかもですね。
カンキはキスイ軍及び離眼城は無理に攻める必要性が無いと判断してると思われます。キスイ軍を打ち破るよりは、住民から物資を絞り取るのが、効率的ですから。そして、なにより最も激しかった戦の4日目がもう過ぎてしまってますしね。
そしてカンキの弱点は、信とキスイから分かってくるかと思われます。


by キングダム楽しみです (2016-06-23 19:15) 

お名前(必須)

尾平もそうですが、信とキョウカイも悩み成長し自力で解決する姿が早く見たいです。
もやもやしたまま終わったら相当ガッカリです。
でも作者も意味があってこんなに辛い展開を描いてるはずだから、信じるしかないですね(汗
by お名前(必須) (2016-06-23 21:12) 

通りすがりのキングダム愛読者

キョウカイが亡くなるって言うのはその山を越えて信が覚醒するのでは?と言う個人的な見解を言ったまでですな 釣りとかわけわからん[あせあせ(飛び散る汗)]1巻の冒頭で信がりょくすいらしき剣を持ってたような感じがしましたので‥まぁどこ情報かはわからないけど原先生がそう言ってるのならその展開はなさそうですな 
by 通りすがりのキングダム愛読者 (2016-06-23 21:48) 

先読みのシャア

又、読みが外れたなあ。(笑)

しかし、尾平は本人が気付かない所で大手柄でした。何だかんだと言っても、飛信隊の絶体絶命の窮地を救った。
きっと、このやり取りの報告を受けたテンが尾平の功績を信、キョウカイに説明して間を取り持ってくれると思います。
このまま、消えるには惜しいキャラですから、今回のくだりを描いたんだと思います。

桓騎は度量が大きかったのか、内心、飛信隊を敵に回すのが恐かったのか、わかりませんが、信とキョウカイを不問にした本当の真意が知りたいですね・・・
by 先読みのシャア (2016-06-23 22:43) 

下っ端

なきはやっぱり桓騎軍だったんかねぇ、それはそれで残念だが。
桓騎軍については色々思う所あるけど、結局李牧にやられるんですよね? 原先生なりにアレンジは加えるとは言え、そこは多分曲げないだろうし。
そのうち、桓騎自身の回想編でもやるのかな?
キョウカイは流石に中華統一までは一緒にいると思う、多分。
by 下っ端 (2016-06-23 23:30) 

お名前(必須)

1巻冒頭見たけど、これ緑穂違うじゃん
臆測で言わないでもらいたい、しかも今回の話とは全く関係ないし、キングダム終了まで出来れば死なないでもらいたいと思ってる身としてはちょっと不快
それにそれでは王騎と同じになるので、信は同じ道はだどらないと予想する
原先生の晩年発言はどこだったか忘れたけど確かに見たし、何人か別のとこで同じこと言ってるから確かかかと
でもどうするかは作者次第だけど
by お名前(必須) (2016-06-23 23:54) 

お名前(必須)

キョウカイが亡くなるって言うのはその山を越えて信が覚醒するのでは?と言う個人的な見解…

「わけわからん」はこっちのセリフ
全く持って意味不明な見解ですな
意味不明な見解で殺さないで欲しいものです
はっきり言って不快
by お名前(必須) (2016-06-24 01:14) 

なかひと

今週は尾平と、尾平を代表とする飛信隊隊員の気持ち(たぶん)がじっくり追えて目頭が熱くなりました。
渕さんのときに、魚よりも河に詳しい?隊員さんが、普通の渕副長だからこそ見せられる背中がある、という感じのことを話していたかと思います。
なので今回は更に古参の尾平の気持ちをこういう形で語らせることにより、隊の結束をより強くさせるのかなぁと。

私も、黒羊が長すぎる(-_-;)と思っていたんですが、信が将軍になる前に、隊としての矜持をしっかりと確認する戦いになっているなら、史実にはない(と、どこかで聞いた)戦いでこれだけじっくりと描くのも、納得できます。
慶舎討ち取りを遥か遠く感じる部分は、まあそれはそれとして(笑)
論功行賞前後で多少はまた熱く語られたらいいかなあと、勝手に思っております。

略奪・虐殺に対する考え方を当然ながら変えることはなかった桓騎ですが、
これらを止めろと斬首覚悟で信が訴え、
かつキョウカイが桓騎兵スヒン・総大将である桓騎に刃を向けるという、若さと熱さ溢れる無礼を、尾平の件で一応お咎め無しにしてくれてますよね。
どう収まりをつけるかハラハラしてましたが、尾平登場は大きかった。信が面子丸つぶれはちょっとよろしくないままですが、
桓騎側も何だかんだ、助かったのでは。秦軍内で戦うなんて、当然危険なわけですし。
混バァの死など悲しいこともありましたし、まだ飛信隊に戻れるのかはっきりしないですが、尾平&腕輪の伏線の回収はほぼできているのでは。
ドラマチックでなくても、読ませてくれますね、原先生(T▽T)

来週休載シュンですが、きっと来月に出るコミックス新刊の作業もあるはずだし!と前向きに?考えて大人しく待ちます。

by なかひと (2016-06-24 04:52) 

お名前(必須)

いちいち人のコメントに噛みついてる奴めんどくさいからよそでやれ 前回も似たようなことしてた奴いたな…同じ奴か‥
by お名前(必須) (2016-06-24 07:00) 

ななはちてん

初めて書かせてさせて頂きます。

尾平は戻らせないほうがいいと感じます、古参の尾平だからこそ泣いてバショクを切るではありませんがここで規律を破っても戻るようであれば今後も規律を守れません。

相手は大将はじめとしてドンドン死んでいくのに、飛信隊だけが誰も死なないのはどうも都合が良過ぎます、死なないまでも追放でいいからもう少しメンバーの交代があってもいいのではないでしょうか。
by ななはちてん (2016-06-24 07:01) 

お名前(必須)

丘の上に陣取る敵は補給を絶って、包囲するだけで自滅するというのはよくありますね。まさに馬謖がそれで司馬懿にやられます。
史実でなくても丘の後方を掃討して丘を孤立化させるカンキの戦略は正しいと思いますね。
by お名前(必須) (2016-06-24 07:57) 

お名前(必須)

集落と趙軍がつながっていたのであれば、桓騎の今回の作戦は、補給線を断つという意味で正解かもしれませんね。

ただ黒羊各所で上がる煙に困惑している紀彗の姿を見ると、集落と趙軍のつながりどころか、紀彗が集落の存在を知っているのかも何か微妙な感じ。

先が気になるし、早く決着を見たいところですが、次週はお休みという事で残念です。
by お名前(必須) (2016-06-24 10:52) 

お名前(必須)

キャラクターの生死などはファンがそれぞれいることから結構デリケートな問題かと思うので、発言には気をつけないと、噛み付くというかクレームが多少入っても仕方がないかと思いますよ、個人的な見解であればわかりました
by お名前(必須) (2016-06-24 11:15) 

お名前(必須)

飛信隊に戻って来たら処断やむ無しな尾平を戻ってくるまえに除籍した信は無意識に尾平の命を救う結果になったか、これも一種の本能型かな。
ロバーズキラーを達成するのは李牧か信か、それは楽しみにしておこう。
ハンオキを別に用意した以上奴は李牧が討っても良いわけだし、信がやった方がおいしいが。
by お名前(必須) (2016-06-24 12:32) 

馬鹿なりにまじめに書いてみる!

キョウカイちゃんには頑張ってほしいけど、信がヒーローなら、ヒロインはどっちになるのやら…

信とキョウカイコンビは二人とも将軍を目指す身、どちらかというと僕には同僚みたいなイメージになりますね。方向性が違えば疎遠になったり(一時の)対立もあり得る気がします、お似合いだけど、二人とも背負うものが多すぎて、疲れそう…

信とテンは将軍と軍師、お互いに補完しあっているような気がします。それと、テンと信がごはん食べるシーンとかあった気がするから、家庭が想像しやすいです。

あ~、難しい!
by 馬鹿なりにまじめに書いてみる! (2016-06-24 20:59) 

お名前(必須)

なんとなく信とカンキの興覚め解散してっけどててててていうかーっ上玉の女の子たちは解放されたのか!!!?
by お名前(必須) (2016-06-24 21:04) 

お名前(必須)

作品としてのヒロインはどちらかと言えばキョウカイだと思いますよ
最近の実写、スイッチ、コスプレグラビアなんか見ても、後は多分キョウに被せてますしね
作者はキョウカイは信を助けたいのが本音と言っていたので将軍も信のためになるのでしょう
補完、という意味ではテンキョウカイどちらでも大丈夫だし、どちらが嫁になっても大丈夫でしょう
ともに魅力があり、どちらでも信にとってはいい嫁出来過ぎた嫁です(笑)
なのでそれは作者に委ねるべきです、それぞれに贔屓がいて論争になるだけですしね
by お名前(必須) (2016-06-24 21:39) 

お名前(必須)

貂は軍師だからこそ結婚せず、最期まで軍師として添い遂げる気がします。あくまで超個人的な予想ですが(^^;;
作者次第ですね、どっちかを可哀想にしたり、死なせるのだけはやめてほしいところです。
by お名前(必須) (2016-06-24 21:44) 

昭王

信は桓騎に完全に負けた。

未だに信と桓騎の間には大きな決定的な差がある。

飛信隊、信。
武将として大いなる成長を遂げている。

今回の戦いでは、隊が壊滅の危機の中、敵総大将を追い。背中で隊員を奮いたたせ、遂に慶舎を討ち取った。

これは、信自身の武力の成長と、軍の先頭に立ち、背中で仲間を奮い立たせる武将としての成長の賜物だろう。

しかし、軍として大勢の仲間、部下を束ねる将軍としての成長が出来ていない。

今回、飛信隊は壊滅の危機に陥り多くの犠牲を出した。さらに、総大将桓騎に刃を向け隊を危険にさらした。

だが桓騎は、速攻で敵総大将を討ちに行き、戦いを止め全軍を退却させ、次なる作戦で勝ちに行こうとしている。そして、桓騎独特のやり方で軍は1つにまとまっている。

ここに飛信隊、信と桓騎の決定的な違いがあり、人の上に立つ者としての難しさがある。

100人の隊員から始まった飛信隊。
今までは、信自信の武将としての武力と魅力、そして、それを支える仲間の力でここまで来れた。

ここから先、信自信が武将として、将軍になる立場として更に成長しなければならない。

桓騎はとても良い手本を示してくれている。
by 昭王 (2016-06-25 00:45) 

お名前(必須)

一応ダブルヒロインだと作者さんがガイドブックで公言していたので、作品としてのヒロインはキョウカイというのはちょっと違和感ありますね・・・
二人とも軍の中での役割は全然違うものになっていますが、これまでも両方とも活躍させる方向で話が進んできましたし、これからもそうあり続けてほしいなぁと思っています。
by お名前(必須) (2016-06-25 01:11) 

ギャラクティカファントム

本命は陽ちゃんだと思います。

咸陽で信が助けた時、「ドキュン」としてました。

以前にもどなたかがコメントしてた気がしますが、李信の子孫もその後の歴史に出て来ます。

陽ちゃんが名家の出身というのも李信一族が長きに渡って歴史に登場する為にもキーポイントになると思います。
by ギャラクティカファントム (2016-06-25 07:09) 

お名前(必須)

最初の構想ではキョウカイがヒロインであり、編集の案でテンが軍師となり今はダブルヒロインみたくなってますというニュアンスだったはず、テンはメディア戦略を見るとマスコット的役割が強いような気がします
ただし、どちらも重要でどちらも今後大活躍するでしょう、一度も戦場で信と離れない分、今までもそうでしたがテンの露出のほうが多いとも予想されます
陽ちゃんはどうでしょう、コミックナタリーのインタビューでそのへんに触れているので気になる方は読んでみては
まぁその変は作者次第でしょうねぇ、それより飛信隊が今どうなるか、、、麦わら一味が一時解散したみたくならないでいただきたい、、、、、
by お名前(必須) (2016-06-25 10:32) 

まり

昭王さんのおっしゃることはすごく良くわかりますが、その手本がカンキである必要はちょっと分からないんですよね、将としてカンキの方が上であるのは年齢と経験値から当たり前であり、恐らく他の将軍だってそうした手本は示せるでしょう
しかしカンキのこのやり方は…カンキとキスイ、この両極の将軍がぶつかることにより、何かが得られる寸断でしょうか
飛信隊を少々援護するならば、総大将に刃を向けたのは彼方さんが先に攻撃を仕掛けているところもあるのでそれは仕方ないかと
囮にされ、総大将を討って帰れば丘は明け渡されていて作戦も聞かされておらず、蚊帳の外というか潰れてて構わないって感じでしたし
友軍としての講義はやり方は過激だったと思いますが、致し方ないところもあると思いますよ
by まり (2016-06-25 10:43) 

お名前(必須)

飛信隊が壊滅の危機にあったのはお頭のせいでは…
まぁ今回はカンキの大勝利で終わるでしょう
しかし、悪い面の手本も示すでしょう
多分そこらへんが弱点であり後に李牧に敗退する原因となると見ています
勝つためには今回カンキのやり方は正しかった、しかし本当の意味で中華統一(あくまでキングダムの)はこのやり方で正しいのか?大きなアンチテーゼも残してして行くかと思われます
by お名前(必須) (2016-06-25 10:52) 

お名前(必須)

やっぱりカンキが全然上手でしたねぇ。
まぁここでカンキに食ってかからないのは、信ではないわな。
千人将と万極の時に言ってたことが嘘になってしまう。
立場の弱いもの、敵には偉そうに言えるだろうが、本当の意味でそうしたことと戦う気がないのだとなってしまうからね。
作者のやりたいことは、まだぼんやりとしていて見えてこないが、信の将軍としての成長とするならば、まず貂まかせもそろそろ何とかした方がいいと思う、個人的には。
by お名前(必須) (2016-06-25 11:34) 

お名前(必須)

まあ飛信隊は信貂キョウカイを中心として皆で力を合わせながら戦果を挙げてきた隊ですし、個人的にはいったん仕切り直してから桓騎をぎゃふん(古い)と言わせる展開になってくれることを期待したいですね
by お名前(必須) (2016-06-25 12:34) 

お名前(必須)

さっき池波正太郎の真田騒動読んだ。読者の斜め上をいく展開を求めるキングダムファンにオススメします。1週お休みの間に読んでみては。脱線したコメントごめんなさい。
by お名前(必須) (2016-06-25 12:38) 

キングダムだけを楽しむ人

初コメントですが。
史実がどうこう書かれんのは
やめてくれません?

どうなるんだろ〜
って調べないで読んでる僕にとっては
ツマラナイ発言ですわ
by キングダムだけを楽しむ人 (2016-06-26 13:36) 

史実?

このブログは、キングダムが好きな方々が読んだ感想を述べ合う事が出来る場所を、管理人さんの好意で提供してもらってます。
皆さんは、あからさまなネタバレにはならないよう、コメントされています。
多少、史実に触れる会話になるのは、仕方がないと思います。しかし、その史実自身、事実の事を書いてない場合が多いし、ホントの事実は誰も知らないのです。
この作品自身、史実を変えて描かれている所もあります。そこは作者も公にしてコメントされています。
それを踏まえても、史実の情報に触れたくないならば、皆さんのコメントを読まない事を、お薦めします。
by 史実? (2016-06-27 07:52) 

沖縄

カンキ、ど正論ですよぬ。
で、最小限の犠牲で半要塞化したこくようを
取る。秦国にしたらメリットしかないです。

それを目の当たりにした信が
どう成長するのか楽しみです。
by 沖縄 (2016-06-28 08:23) 

リアル中2

ビヘイは、手柄をたて戻って来そう。

ビヘイ物語がこれくらいで本編を進めて欲しい。趙は寝てるか?

by リアル中2 (2016-06-28 12:21) 

pug

多分今回のカンキの作戦にはメリットとともにデメリットも描かれるでしょう、もしかしたそれが示されるのはもう少し先かもわかりませんが
これをメリットしかない、としてしまうとキングダムという作品のテーマ上色々おかしくなってしまうと思うので
by pug (2016-06-28 17:32) 

お名前(必須)

今週休みかと思っていたら、まいんちゃんのキョウカイコスプレをみてコジルリのと違う味があり素晴らしいと思いました。
作品のキョウカイの個人的想像では色の白い方がイメージに合っています。
史実では髭面の強面の男だったようですが、この時代に女性武将っていたんですかね?
by お名前(必須) (2016-06-30 10:05) 

お名前(必須)

羌瘣のコスプレはミニスカ風なのが残念でした。
私的にはもっと原作に近い感じにして欲しかったです。
でもヤンジャンを読む層にはミニスカ風の方が受け入れられるのかなぁ?
by お名前(必須) (2016-07-01 22:06) 

伊世

お疲れ様です。後れ馳せながらコメント送ります。
今回は尾平と一緒に泣いてしまいました。著雍の戦いで、貂ちゃんが拐われた時、信が羌カイに詰め寄った場面を思い出しました。勿論状況は違うけれど、こういった危機を何度も乗り越えてきて、今の飛信隊があるんじゃないかな。羌カイ、尾平は君が女の子だと知られた時、皆で守ってやらなきゃって言ってくれたんだよ。でも信と羌カイの怒りと悔しさも分かるから、どちらがどうとも言えず、今は見守るだけですね…。黒羊丘の戦いが終わったら、飛信隊はまた大きく強くなっているかな。
まだ先は見えないけれど、離眼の人々を飛信隊に守って欲しいですね。
by 伊世 (2016-07-05 09:50) 

お名前(必須)

信はあくまで飛信隊隊長としてキョウカイは同じ最古参として喝を入れただけだと思いますよ。描写が漫画らしくオーバーなので、何だかボロカスな尾平が可哀そうな気もしますが、逆に言えば信とキョウカイの尾平に対しての信頼と期待が大きいことの現れ、この三人と澤さんは一番長く戦場を共にしてきたのですからね。そしてシュチュエーションで連想してしまうのでしょうが、テンの時のただの八つ当たりと今回の隊の方針を問うイベントとは全然別物だと思いますよ。
多分これは決裂のためではなくもう一度お互い飛信隊とは?という初心に立ち返り、結束を強化するイベントだと思われます。
by お名前(必須) (2016-07-05 11:00) 

お名前(必須)

そうだった尾平はキョウカイ守ってやんなきゃって言ってたね、でも泣かせちゃったね。
しかし大事なことを改めて思い出した尾平はきっとやってくれる筈。武では守るの無理だけど…。
by お名前(必須) (2016-07-05 11:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0