So-net無料ブログ作成
検索選択

第478話 殴り込みの末

秦軍内の対立の中、リン玉に連れられ、尾平が信達の前へと急ぐ。

桓騎は信に対して、中華統一すれば戦がなくなる平和な世が来ると言いたいだろうが、それは極悪人の所業であり、敵国が抵抗できなくなるまで殺戮、略奪をし尽くすことで、それを喜ぶのは秦人だけだと断言する。さらに狂気じみた正義を振りかざすのが一番タチが悪いと続ける。
信は違うと否定するが、羌瘣は信にもういい、こんな連中に話をしても無駄と切り捨て、無意味な村焼きを止めさせることに話を向ける。桓騎は無意味だと決めつけるなと言うが、羌瘣は敵将慶舎の首は信が昨日討ち取っており、無意味だと豪語する。
羌瘣の発言に桓騎軍は騒めき出した。その言葉に桓騎は昨日の戦い方が変わったのはそれのためかと理解する。羌瘣は討った飛信隊を裏へ追いやったことをいいことに趙は隠して戦い続けており、敵は丘の砦化を進めている、村焼きなんかやってる場合ではないと言い、今すぐ慶舎の死を両軍に知らしめて士気を反転させ、一気に丘攻めに出るべきと桓騎兵に向かって発言する。
しかし、桓騎は村焼きを続行し、黒羊中の人間を皆殺しにすると考えを変えなかった。
羌瘣は桓騎に斬られないと思っているのか、相応の覚悟できていると返すと桓騎は自身を殺して、飛信隊が皆殺しにあう覚悟だよなと確認し、部下に田有の首を今すぐかき斬れと命令する。
羌瘣は桓騎の首を刎ねるぞと大声で叫ぶが、桓騎は羌瘣は絶対に殺せないと言い、部下に田有を殺せと再度命令する。その命令を受け、桓騎兵は剣を田有の首に押し付け、それにより、首から血が噴き出す。

そこに尾平が現れ、どっちも止めろと叫ぶ。尾平は焼かれた村は武器や兵糧の保管場所で秦軍の動静を趙軍に教える物見の役割もしており、一般人への陵辱とは異なるため、謝罪して隊の元へ戻るんだと説得する。
信は村人が趙軍だって見たのかと問うと尾平は見てないが桓騎兵がそう言ったからとだけ返した。信は曖昧な返事に尾平に詰め寄り、趙軍が関係していれば女や子供まで皆殺しにしていいのかと問い質す。尾平は状況が飲み込めず、しどろもどろになりつつも、小声でそんなことよりも桓騎軍が森の中で飛信隊を討つために戦闘体勢に入ろうとしていると警告する。しかし、信はそんなことじゃねえだろ、自分で何言ってるのかわかっているのかと尾平を締め上げる。
その時、尾平の懐から紫水晶が落ちる。雷土がそれを拾い上げ、これは上物であり、大事に取っておけと尾平に渡す。
信は尾平にまさか死人から剥ぎ取ったのかと問い詰める。尾平は違う、桓騎兵にもらったんだと必死に否定するが、信に焼かれた村の人間のものとは考えなかったのかと聞くと、尾平はそれはと言葉に詰まる。信はその尾平の姿に涙を流し、渾身の力を込めて、尾平の顔面を殴る。尾平はその勢いに体ごと吹っ飛んだ。
そして、信は二度と飛信隊に戻ってくるなと尾平を追放した。




信にとって、信頼していた尾平が飛信隊の最もやってはいけないこととして禁止していることをして、非常に悲しかったと思います。
尾平は飛信隊追放になり、このまま桓騎兵になるというわけにはいかないでしょうから、一度城戸村に帰るのかな…

信と桓騎の対立はこのまま信が引き下がることにより、桓騎暴挙が続き、趙軍が丘を降りてきたところを狙って叩くという作戦が功を奏し、桓騎軍の勝ちとなるでしょう。
信は慶舎をとったことにより、将軍に昇格すると思いますが、自分の戦いを展開するには将軍になるしかないと思うんでしょうね

nice!(1)  コメント(20)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 20

かずお

お帰りなさい。帰国最初にYJ確認?読者の鑑でございます。
あたしゃ斬首予測のかずお、尾平を殴って除隊にされましたが、桓騎軍は既に飛信隊…羌カイ…に斬られてます。当然割に合わないけど、桓騎将軍がそこを突いてきたら怖い展開に。什長の首なら一般兵10人に相当するなら…あぁ悪い方向にしか頭が回らん。頼む外れてくれ斬るじゃなくて切るで終わってくれぇ〜と願うばかりです。
by かずお (2016-06-18 20:26) 

ビキッ

こんばんは。
久々にコメントさせて頂きます。

今回の展開は、あらかた皆様の予想通りでさすがと思いました。
でも悲しいですね、、

尾平、信、羌カイ、テン、頭に血が上っている主役級の初期メンバーがそれぞれ何を思っているのか、そして相反して冷静なカンキの対応はどんなか、次回がきになりますー!
by ビキッ (2016-06-18 20:33) 

卍丸

 野盗団とはある意味戦争被害者でもあるわけなので カンキを説き伏せる熱い展開に期待!

by 卍丸 (2016-06-18 21:39) 

お名前(必須)

いやぁ今号の信の涙する顔は印象的だった。尾平とは同郷で今まで数々の修羅場をくぐり抜けてきたにもかかわらず、(…この程度の判断もできない奴だったのか!)という心の叫びが伝わったし。

こんな悪化の一途を辿る状況で収拾がつくのだろうかと心配でならない。このままでは趙軍に利が働くのでは?とも思う。そんな中でも桓騎は冷静に自らの作戦方針を曲げない点からも勝算はあるのだろう。でもまずはこの仲間内の問題をどうにかしない事には・・

桓騎の作戦としては徹底的に黒羊の住人を惨殺して紀彗の心に揺さぶりをかけるのだろう。必ず動揺する方法で。最後に悔しいが桓騎の言う事にも一理あると感じる。極悪人と言われても仕方のない修羅道を、進まなければならない現実からは逃れられないのだから。
by お名前(必須) (2016-06-18 21:53) 

昭王

中華統一を果たして、戦争を無くすという大義の下戦っているのならば、相手がだれであろうと、自分たちの義を貫き通さなければならない。

ここで桓騎に負けてはならない。

飛信隊に期待している。
by 昭王 (2016-06-18 22:07) 

伊世

管理人さん、お帰りなさい。

飛信隊と桓騎軍が一緒に戦う…という事は、こういう展開に…と予想していましたが、切ないですね…悔しいですね…尾平はこういう時の為に桓騎軍に連れていかれちゃったのかな。争っている場合ではないでしょうに…
by 伊世 (2016-06-19 01:30) 

しゅうしゅう

この日まで、カンキが敵総大将の首をはねられていたことを知らなかったのが意外でした。

びへいはじょうと村以来のごからの仲間ですが、今回は仕方がない措置なのかと。

ただ、どう収集させるのかが気になります。

大物武官が来ないかぎり、信とカンキは平行線を辿りそう。
by しゅうしゅう (2016-06-19 02:06) 

通りすがりのキングダム愛読者

確かにこの状況はシウョウヘイクンもしくはショウブンクンあたりが使者をよこし間に入らないと収まりがつきそうにないですね…いったいどんな収まりかたをするんでしょうか次週が楽しみです
by 通りすがりのキングダム愛読者 (2016-06-19 02:41) 

通りすがりのキングダム愛読者

これも将軍になるための最後の試練のつもりでシウョウヘイクン辺りがカンキ軍に信を組み込んだのかもしれないですね‥じゃないとこの結果になることをシウョウヘイクンが読めないわけがないですからね
by 通りすがりのキングダム愛読者 (2016-06-19 02:49) 

麃公が好き

管理人様 お帰りなさい。
初コメです。
毎週楽しく愛読させています。
ある意味 次週が気になる展開ですね、
ここから話がどう展開するか楽しみではあります。

来週も管理人様の考察楽しみにしてます。
by 麃公が好き (2016-06-19 04:41) 

先読みのシャア

管理人さん、お帰りなさい、ご苦労様でした。

桓騎軍と飛信隊、一触即発の状態に成りましたね。ある程度は、予測してましたが、それ以上です。
桓騎の肝の据わり方、ハンパじゃないので驚きです。でもこのまま、桓騎軍と飛信隊で戦闘はさすがに無いと思います。それこそ、収拾つかないし、趙軍に敗北してしまいますよね。
私もしゅうしゅうさんや、通りすがりさんと同じく第三者が仲裁に入って収めるしか無いと思います。
その第三者としては昌平君だと思うのですが、この場に現れるのは流石に無理がある。そこでキーなのが、那貴なのでは・・・この那貴は桓騎軍の臭いがしません、むしろ飛信隊の味方に近い感じです。
この那貴、本当は昌平君の桓騎に対する間者では無いかと・・・それは、桓騎も気付いてて、だから隊の入れ替えと称して遠ざけ、しかも、利用可能なちょっと無能的な古参の尾平と交換した。全て、桓騎の思惑の通り進んでいる。
この那貴が、昌平君の親書などをもって、身分を証、仲裁する。こうでもない限り桓騎と信、お互いにマイナスでしかないですから。
趙軍との駆引きは桓騎の戦略通り、進んで秦軍が勝利に・・・
尾平は、信に詫びを入れて戻って欲しいですね。
by 先読みのシャア (2016-06-19 10:56) 

先読みのシャア

後、もう一つ。
紀彗がこの場に現れるというのも、あり得ます。
桓騎の策略が進んでおり、投降してくる事です。
これには、信自身が納得せざるを得ないからです。

どちらになるか、それとも、又、他の方法があるのか、次号が楽しみです。
by 先読みのシャア (2016-06-19 11:06) 

無能な怠け者

管理人様、おかえりなさいませ。
また、いつもありがとうございます。

自分は、正直この戦で信に将軍に
昇格してほしくないかなぁと思います。
そこで、このまま飛信隊は黒羊から離脱、
軍令違反で処罰されそうになるも、
慶舎を討ち取った功績により不問。
次の戦で将軍に昇格がいいかなぁと勝手に思ってます。
by 無能な怠け者 (2016-06-19 22:04) 

贔屓

なんだか、悲しい展開になってるというのが、正直な感想です(涙。
言っても仕方ないですが、カンキ軍と飛信隊との、いざこざを、ここまで深く掘り下げてしまう必要があるのか?、、とまで感じてしまいました。。
面白い漫画は、この号から読んだ初めての読書でも、引き込まれてしまう内容だと個人的には思うのですが、キングダムの本筋から外れ過ぎてる感じがしまう(偉そうにそうません)展開的には、皆さんが言っているように、仲裁役の誰かが登場して、このいざこざを早く終わらせてほしいと願いつつ、木曜を待ちたいと思います。
by 贔屓 (2016-06-19 22:48) 

下っ端

こんばんわ、初投稿っす。
ビヘイは一時離脱という感じかな? まぁウソップみたいに離脱して一皮むけてからまた合流て感じだと嬉しいです。
今回のような、やり方に対する考えの相違は大事なテーマとは存じますが、信やキョウカイはもちろん、尾平などの主要メンバーも落としてほしくないですね...
那貴が間者というのは結構ある線かも。

てか、かんきと李牧ってこの黒洋編でぶつかるんですかね...?
by 下っ端 (2016-06-20 01:25) 

まり

重苦しい展開が続きますね。
盛り上がった慶舎戦の後だから余計に落差を感じますし、皆さんのお気持ちよく分かります。
でも私は心配していません、この黒羊戦、読み返してみれば随所に作者の気合いの入れようを改めて感じました。
作者は表現したいことはもう決まっているはず、ここからの展開で色々なことが繋がり見えて来るのでしょうね。
週間だとなかなか意図がつかめずもどかしいですが、原先生ならきっとやってくれると、信じて待つ他ありませんね、読者はf^_^;
by まり (2016-06-20 01:28) 

通りすがりのキングダム愛読者

史実がカンキ追放になってるのならここで突然あらわれたリボクに敗北しその責を問われってのもあるかもですね もともとこの話は完全に史実にそってるわけでもないとおもいますしね原先生の方向性次第なところもありますね 
by 通りすがりのキングダム愛読者 (2016-06-20 06:28) 

ぽん☆

信と恒騎がどう折り合いつけるのか気になっていましたが、この感じだと信が折れそうな感じですね。
自分の信念が一番の古参の尾平にすら伝わっていなかったとのことで。
by ぽん☆ (2016-06-20 11:32) 

リアル中2

ビヘイは、必ず飛信隊に戻ると思う。

今回は、ワンパターン化を防ぐ為か、趙との戦い意外の話しが長いそろそろ本線を進めて欲しいです。
by リアル中2 (2016-06-20 12:42) 

N村

 管理人さん、お帰りなさい!

 尾平と信のいったん途切れたかに見える信頼を再びつなぐのは、どうしたらいいでしょうか。

 今、同じくヤングジャンプで連載中の「銀河英雄伝説」では、戦いに固執するラインハルトに、死せる盟友のジークフリートが夢枕で忠告に表れて、宿敵との話し合いにつきました。
 
 はたして、死せる尾倒が、尾平と信との仲をとりもつのか、どうなんでしょうね?
by N村 (2016-06-20 13:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: