So-net無料ブログ作成
検索選択

第469話 一瞬の出来事

ゼノウ一家について行こうとした尾平達はその速さについていけず、丘の途中に残っていた。そこには黒桜軍の兵がおり、黒桜の全軍突撃の命に血が湧き上がっいて、尾平達もその兵に加わって戦うように命令した。黒桜はこの半日で丘を奪取するつもりであった。
紀彗、馬呈、劉冬は丘で奮戦していた。しかし、そこに周邦の壊滅の報が入る。紀彗軍は周邦、黒公、連苛の三点が鍵であり、その三点が奪われれば丘は黒桜の手に落ちてしまうのであった。黒桜はそれを見抜き、周邦に続き、黒公にも猛火を浴びせていた。紀彗は黒公を救うべく、馬呈と最前線に立つとし、劉冬は後方に本陣を敷き、全戦局を操作するよう指示する。馬呈と劉冬は紀彗の体を心配し、後方に退がるよう依頼するが、紀彗は全てを出し尽くさねば止められぬ、だが三人が力を合わせれば必ず勝てる、離眼の力を侵略者共に叩きつけるぞと前線に向かったのであった。

三十分前、飛信隊では信の慶舎を討ちに行くという言葉に騒ついていた。怪我人が多い中で、自陣に戻った慶舎を討つのは不可能と反対の声が多かったが、河了貂は起死回生の一手となるかもしれないと考えたのだ。慶舎という武将は独特の陣からおびき出してからしか討ち取れない型の武将であり、桓騎はそれを狙うもギリギリで逃げられてしまったため、慶舎としては二度と同じ手を食らわないだろうと思われた。そのため、慶舎を討つためには慶舎が陣を再生させる前の今しかなく、それができるのは敵の視界から消えている飛信隊だけであった。しかし、慶舎を守る本陣の兵はいるため、無謀であることは変わりなく、現在の飛信隊の戦力で切り崩せるかはやってみないとわからない状況であった。敵のど真ん中に単騎駆けをかけるような戦法であり、成否に関わらず、一瞬の出来事でなくてはならなく、まさに一撃必殺であった。

最初に飛信隊の動きに気付いたのは後方の見晴らしの良い高台に登った劉冬でおった。それはあまりの近さに慶舎本陣への伝令部隊と誤認したほどであった。
飛信隊は慶舎軍を切り裂いて突き進む。すでに信の目は慶舎本陣の旗を捉えていた。河了貂は士気は高いが、思った以上に敵に引っかかっていると感じていた。そこに左上より矢の雨を食らう。劉冬が反応し、飛信隊を止めに来たのであった。劉冬兵は河了貂に向かって突撃する。河了貂が趙兵に狙われ、刃が振り下ろされるその瞬間、羌瘣が趙兵を両断した。




まずは来週は休載です。せっかく羌瘣が戻ってきて、盛り上がるところなのに残念です。
飛信隊の一撃必殺は慶舎まで届くのか気になりますが、何とか成功し、将軍への道を拓いてほしいと思います。
しかし、慶舎が討ち取られたらこの戦いはもう終わってしまいますね。紀彗を将として立て直すにも前線にいては指揮がとれないですからね…

nice!(4)  コメント(21)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 21

JOFUCK

盛り上がってきましたね!!

信も活躍して欲しい!
by JOFUCK (2016-03-31 09:18) 

范増

良いタイミングで羌瘣が現れた。これなら劉冬の抑えとしては十分だろうが、抑えきれるかどうか。

最悪今ここで慶舎の首一点を狙わない事には慶舎・劉冬の挟撃に遭いかねないだろう。

にしても黒桜があそこまで戦局を読めるとは流石だ。もはや五千将の器にあらず。

離眼城の状況も気になる。別働隊として砂鬼一家を気取られずにゆっくり進軍させている絵が浮かぶ。

その場合は紀彗の性質上、丘を放棄してでも救援に向かうだろう。だがこれはあくまで他の方々の意見と個人の推測に過ぎないのでどうなる事か。
by 范増 (2016-03-31 09:46) 

お名前(必須)

久し振りの、スヒン!
羌カイの復帰は喜ばしいですが、河了貂は捕虜になったり、殺されかけたりと、まだまだですね。
今回もなぜ信と行動を共にしてるのかよく分かりません。バラバラになった飛信隊の立て直しをしなくてもいいのでしょうかね。
by お名前(必須) (2016-03-31 12:07) 

昭王

黒桜。確かに実力はある。あるからこそ、ゼノウが慶舎に襲いかかった際に、紀彗を制しておくべきだった。

飛信隊は何度となく同じような局面を戦ってきたはず、この好機をモノにして欲しい。

だが、すでに慶舎は蜘蛛の巣を張り巡らせているかもしれない。
by 昭王 (2016-03-31 12:35) 

N村

祝!キョウカイ復帰!

 この展開、慶舎を打ち取るか、丘の右半分の奪取に成功しないと、信の昇進は今回もおあずけになるのでは?

 あと、ここで、桓騎本軍が、黒桜の後押しか、信部隊の代わりに丘のふもとから紀彗軍を突けば、
 右半分奪取→慶舎本隊を追撃→中央丘全体の奪取
→黒羊の占領完了

 と戦の勝敗を決定づけると思うのですが、
 何か桓騎には思惑があるのでしょうかね?

 やっぱり、別働隊による離眼城の陥落を待っているのでしょうかね?
by N村 (2016-03-31 12:43) 

お名前(必須)

コメント
by お名前(必須) (2016-03-31 17:15) 

先読みのシャア

盛り上がって来ましたね。
信にこのまま、慶舎を討って欲しいですね。
そして、秦軍の勝利と・・・
紀彗は降伏する様な気がします。桓騎の虐殺を避ける意味でね。その時に、信も立ちはだかって、阻止するのでは。
今回、飛信隊が派遣されたのも、桓騎の暴走を食い止める為じゃないかな?
天下統一には、奪った土地の領民を自国民と同様に愛する必要がある。

桓騎はのちに、慶舎に見抜かれた弱点を李牧に突かれて負ける・・・
そんな展開になるように思えます。
by 先読みのシャア (2016-03-31 20:19) 

ゲスイ

30分間の間に何が起こったのか?
慶舎は信に討ち取られて、キスイがかわりに総大将になって黒桜と戦っているのかも。
そうでなければ、慶舎がまた逃げる展開になってしまいますが。
実は汚名返上で、キョウカイが慶舎をスヒンかも。
by ゲスイ (2016-03-31 22:13) 

ヒグマ

慶舎を討ちに行く相談をしていたのが30分前で、その後キスイ達がそれぞれ布陣。
たまたま劉冬に見つかってしまった流れでは?
三人力を合わせては三人のうち誰かが欠けてしまうフラグのようにも感じますがどうでしょう。
キョウカイ久々の登場!久々の一閃カッコよかった!でも怪我の具合が心配です。
by ヒグマ (2016-03-31 22:49) 

ナニユエ

祝!キョウカイ復帰 x2
 キョウカイの背中は 以前の単なる丘の取り合いではないから続くものを予想させるような図と思います。 ケイシャは作者のなかでは 雑魚キャラのように思われますので 遠方ではなく 近場で話が動く? キョウカイ復帰は素直に嬉しいです
by ナニユエ (2016-04-01 11:18) 

しゅうしゅう

キョウカイの復帰はあと1日後だと思っていましたが、意外に早かった。

キョウカイがテンを守っていれば、信も安心して大将首を狙いに行けるでしょう。

最近出てきてないけど、モウテンらに先んじて将軍となれるのか。
by しゅうしゅう (2016-04-01 20:54) 

ゆきんこ

キョウカイ復活はうれしいのですが、信とテンををはじめ飛信隊を背に対するは数で勝る因縁の劉冬軍。
飛信隊を守るため確実に無茶しそうな予感、傷の回復度はいかほどなのか。
信は知らないから普通に慶舎討ちに行くんだろうし、いや行かねばならぬのだけど。
でも古参をはじめとする飛信隊の皆さんも大なり小なり頑張ってくれるはず、顔バレしたテンはとりあえず質にとられぬよう何とか身を隠してくれ。
次週緊迫!しかし休載!待ち遠しい〜
by ゆきんこ (2016-04-01 23:10) 

お名前(必須)

キョウカイは一体どこからワープして来たのだろうか?村は右翼よりはるか右だから、丘の中腹まで来るにはどこかで敵と遭遇しているはずだし、飛信隊の隊員も途中で気づいているはず。
なんかワープ合戦になってきたなw
by お名前(必須) (2016-04-02 01:15) 

お名前(必須)

クリリンさん、なんでお名前変えちゃったんですかっ!?♡
by お名前(必須) (2016-04-05 21:17) 

范増もといクリリン

↑名無しさん、特に深い意味はないですよ笑

ただ、おこがましいですが、范増の様に鋭い意見に習いたいと思い変えました。
by 范増もといクリリン (2016-04-07 10:15) 

伊世

お疲れ様です。休載なので、お喋りtime(^O^)

王賁と蒙恬は、今は出番はないけれど飛信隊と同じようにどこかの戦地で頑張っていると思いますよ。

…あの、皆さん、もしかして蒙恬って女の子?って思った事ありますか?
by 伊世 (2016-04-08 18:23) 

papirio

この流れ、対合従軍戦の終盤の麃公vs李牧に似ているような気がしませんか。流動発動⇒テンが見破る。ただ、劉冬が身代わりとなってケイシャは命拾いしそうな予感
by papirio (2016-04-09 09:18) 

かずお

休みでしたな。副長復活は単なる戦力でなく、活かし切れなかった3000人の兵を使える様にするキッカケになりますな。丘の麓に戦況報告で集まった時も彼女の隊だけ勝利報告がありませんでしたから。一番近い敵将は前暗殺候補。この時に彼は副長相手に化物と評価してます。私個人的には??と同じであり、彼女に目指して貰いたいのは姉が目指した領域です。仇をうつ以外では数回しか発動してませんが、発動条件は仲間を思うが故に限界を遥かに超えた動きをする時です。副長が人間くさい感情を露わにする時こそ本領発揮、離眼兵軍師にはあの夜の化物発言を引っ込めてもらいたいのです。

仲間を死なせたく無いから暗殺と言う手段は、仲間を信用しきれてない裏返し。死なせたくは無いでしょうが、生きるも死ぬも共に闘う覚悟を副長に示してもらいたいなぁ…紀彗将軍も背後からの指示が期待できるからこそ前に向かえましたが、背後を失えば救援ところか孤立の恐れ。背後を守る為に馬呈が回るでしょうが、指揮効果無い彼に信は止められないでしょう。となれば金毛がマロン、紀彗が黒桜対峙、慶舎はゼノウ一家…おや?岳エイの相手いないぞ?

オギコ様だーー??

先週号、1コマだけ不安要素。作戦会議に那貴が。今まで絡み無かった…な・ん・で・だーは絡まれたが…奴が遂に動くのかな。この瞬間を待ってたみたいだし。
by かずお (2016-04-10 02:41) 

お名前(必須)

コメント
by お名前(必須) (2016-04-12 12:49) 

りんこ

キョウカイの趙軍単独夜襲は本陣に簡単には戻れない状況でどうせなら隊のために(信のために)いっちょ無茶しますかってことだと思う。
普通はただの無茶だけど彼女にとっては実現可能な無茶であったはず、でも劉冬がクセモノで成功はしなかったけど、成功してたら一気に秦軍の戦況は有利になったよね。
まぁそれではお話しが簡単すぎる訳だけど、紀彗軍の軍師役ともいえる彼を一時退けただけでも功績はあるよ。
飛信隊でもキョウカイの戦力ダウンはもちろん痛いけど、紀彗軍にとっての劉冬不在の方がやや大きい打撃だったようだ、それだけ彼は今回の戦で何気にキーマンだと思う。
仲間を死なせたくないのは皆同じ、ただ彼女の能力的に他の者よりできることが大きいだけであり、決して仲間を信頼していない訳ではないと思う。
生きるも死ぬも飛信隊と共に戦う覚悟は多分、仇討をして帰ってきたときに、いや幽連を倒すために極限を超えた瞬間にすでにできているはず。
とはいえ、強きものの、彼女の宿命ではあるがいつも身をていして守り戦う姿は時折せつなくなる。
でもそれこそが彼女の幸せなんだろうなと思う。
信くらいはその想いをわかっていてほしいと切に願う。

by りんこ (2016-04-12 18:01) 

なかひと

ご無沙汰しております。
遅ればせながら…
キョウカイの久々スヒン、鮮やかでしたね(゚∀゚*)!

しかしながら、
りんこさんのコメントに、色々思いを巡らせました。
確かにキョウカイは身を呈して仲間を守って、守りきれないときも何らかの手をうって(相手の軍師を捕まえるとか)きましたね。
信は、彼女がいなければ、今の立場には至っていないとも言えますよね。
どんな形であれ、いつかキョウカイが報われるといいなと思います。
ああ、あと2日、待ちきれないなぁヽ(´Д`;)ノ
by なかひと (2016-04-12 20:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: