So-net無料ブログ作成
検索選択

第465話 掌上の戦場

秦軍最大の好機演出から一転、飛信隊は消滅の危機へ堕つ。慶舎は飛信隊を殲滅させるべく、突撃をかける。慶舎は飛信隊の中央を切り裂いていく。河了貂は飛信隊を分断し、後方の楚水、渕さん達のところまで貫き、崩壊させる意図を察知する。河了貂は信に対して、何としてでも止めろと指示を出す。信はわかってると返し、岳雷と我呂と共に止めに入るが、長くは持たない可能性があった。
信の前に怒りに満ちた慶舎が現れる。慶舎は李牧が桓騎と並べて名指しであげた標的であるため、確実に首を狩り取れと命令を出す。それは李牧がついに信を脅威と認識した証拠であった。
河了貂は後方へ下り、退却の指揮をとるとした。
劉冬は慶舎の動きをみて、飛信隊を屠る気であると理解し、飛信隊の包囲にかかる。

紀彗は自陣からその様子を見て、飛信隊が一溜まりもなく、殲滅されるだろうと推測した。しかし、それでも紀彗の心はざわつき始めていた。
実はこの時、慶舎の出陣に胸騒ぎを覚えたものが紀彗の他にもう一人いた。それは長年側近を務める金毛であった。桓騎が動いた気配はなかったのにもかかわらず慶舎が動いたのは明らかに焦れであり、最大の好機ですら、動かず気配を消し続けた桓騎に苛立っていたのだろうと感じていた。そして、金毛はこの慶舎の出陣を見て桓騎が笑っているとしたら、恐ろしいことだと感じていた。

そして、その想定は当たっていたのだ。
桓騎はリン玉と共に並んでいた。リン玉は捕まえた敵兵が吐くには慶舎は沈黙の狩人であり、待ちの達人で敵は張り巡らされた罠に気付かず先に動いて絡めとられる、結局いつも慶舎の手の平の上で踊らされて敗れるということを話す。しかし、桓騎はそういう奴に限って最後は桓騎の手の平の上で踊らされて殺されると笑いながら、答える。さらに沈黙の狩人だと、あっさり血相を変えて動きやがってザコがと続けた。

黒桜の陣にゼノウが現れ、通過しようとする。




完全に桓騎のペースとなってきたみたいですね。しかし、それは飛信隊という大きな囮の上で成り立っているように思えるので、殲滅されないかちょっと心配ですね〜ま、大丈夫だとは思いますが

キングダムはビジネス書が発行されたり、期間限定ではありますが、キングダム酒家が出来たりと色々なイベントが出来てきて、社会的な認知度も相当上がったなと感じました。常設のキングダムバーができればいいなと思います。
nice!(6)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 6

コメント 19

モヒカン

桓騎の策を予想するとは金毛は結構やりますね。長年慶舎の側近だったというのをあるでしょうが考え方によっては嫌な予感がしてるだけの紀彗より、上かも知れませんこれでビジュアルがイケてれば(笑)後の趙三大天の一人になるかも知れませんね(笑)
by モヒカン (2016-03-03 09:10) 

お名前(必須)

拷問部隊は今だ出てきませんね。どのタイミングで活躍するのか…
by お名前(必須) (2016-03-03 09:50) 

乱美迫

頑張れ!飛信隊!!!!
by 乱美迫 (2016-03-03 09:52) 

しゅうしゅう

やはり、飛信隊にはピンチがやってきましたか。

でも、再来週くらいまで持てば(持つんだけど)達人の副長がもどってくるでな。

慶舎はあれで待ちの人なんて、ちょっと信じられませんね。冷静沈着さが大分ないように思われます。
by しゅうしゅう (2016-03-03 10:50) 

范増

・・・考えられる策としては、まずゼノウ隊が慶舎隊の側面ないし背後を攻撃する形で猛攻を加える。
その後それを見た飛信隊がゼノウ隊と呼応して慶舎を一網打尽にし、有言通り信が慶舎の首を取れれば万事良しかと(ただし、これを成すには飛麃との連携も必須で、かつ後方の楚水・渕隊の負担は増すばかりなので、「速さ」も命である)
これが成れば一挙反転してゼノウ・飛麃が後方・楚水・渕を助ける形で一息に馬呈・劉冬を駆逐するものと愚考するが・・・果たして桓騎の考えや如何にと言ったところか(ここは是非とも反計(つまりは今飛信隊が陥る危機を桓騎がそのまま再現)の形で逆に趙軍が窮地に陥ってもらいたい所)
by 范増 (2016-03-03 12:28) 

お名前(必須)

↑キスイの存在、忘れてませんか?
by お名前(必須) (2016-03-03 14:39) 

お名前(必須)

コクオウと対峙しているとはいえ、飛信隊への備えの部隊も相当数いるし…
by お名前(必須) (2016-03-03 14:44) 

エディフ

 もしキングダムバーができたら是非行ってみたいですなぁ。お店で出会うファン同士で飲めたら楽しそうです(^^)

 さて今週号ですが、私もカンキ将軍は純粋に飛信隊を助けるための援軍は送らないと思います。
趙将ケイシャよりもキスイの指揮能力の方が脅威と考えまずキスイを狙い、
飛信隊を囮にゼノウ一家など他の隊がキスイ軍と戦い 『飛信隊も生き残りたかったら必死に敵を打ち破ってこっちに来い』というスタイルではないかと予想します。

 ケイシャの精鋭部隊相手に飛信隊は相当は窮地に陥ると思いますが隊が個別に分かれても粘りを見せれるのが飛信隊の強みの一つなのでそれを活かせないでしょうか。( ̄ー ̄)ヽ
     

by エディフ (2016-03-03 15:48) 

范増

・・・・・・不覚!よもや戦場全体を見誤るとは!情けない…名無しの方、もっともな指摘ありがとうございます。
(そりゃそうだ…全体的に考えても桓騎が「本当に邪魔な存在」と捉えているのは、雑魚扱いされている慶舎ではなく紀彗であろうし。)
by 范増 (2016-03-03 16:07) 

お名前(必須)

クリリンさん(もとい、范僧さん)、神対応の返信いただきましてありがとうございますっ( ^o^)ノ さすがですっ♪ このたびは生意気言いましたが、いつもコメント楽しみに拝見しておりますっ(*^o^*)♪
by お名前(必須) (2016-03-03 20:17) 

NO NAME

序盤,左翼で雷土隊と一緒に戦った時に岳嬰隊に苦戦し逃げ笛でとりあえず難を逃れたゼノウ隊がそれ程の脅威になるとは思えないですが・・・。漫画の展開上必要なこととは思いますが,この右翼で黑桜隊を押し込めるほどの紀彗隊を横切って慶舎隊に攻撃かける展開はちと無理があるのではないかと思います。
キョウカイ早く戻って来てくれ!

by NO NAME (2016-03-03 20:18) 

う~ん…

范僧さん、名前入力忘れてました…(>_<)
貴殿へのコメは、最近参加させていただいてる「う~ん…」です♪ キングダム、いよいよ盛り上がってきましたよねっ( ^o^)ノ
by う~ん… (2016-03-03 20:32) 

范増

お〜これはこれはお二方、身にあまるお言葉痛み入ります!!
恥ずべき駄文ではありますがこれからもよろしくお願い致します!
正直な所、現段階で桓騎が何を考え、そして彼自身いつ行動を起こすかも解らぬ今日の日のこの頃でして笑
兎にも角にも来週も楽しみですね(次はもっとよく考えてコメントしよう…笑)
by 范増 (2016-03-03 20:49) 

かずお

おぉ、つ、遂に!遂に!信が

漢字・慶(けい)と読んだ!

昔は字が読めず貂に任せていましたが、今や慶を読む。隆国将軍の教育が届いてますな〜ネチネチ嫌われてますが、必要な教育だったんだな!と。

さて今回、飛信隊が餌にされましたな。確かに3日目のチャンスを活かし優位に進めれたとしても土地勘ある部隊に致命傷与えれず逃げられて再編成されるだけ。慶舎も奥に引っ込むだけですからね。どちらかの将軍の首を取るなら…餌、必要っすね。離眼の民を人質にするか飛信隊を巻き餌にするか。

何もしないって実は凄い勇気ある決断。動けない!分からない!じゃなくて、動かない。普通出来ないよ〜目の前に勝利っぽい条件ちらつけば食い付いちゃうよ。
by かずお (2016-03-04 04:20) 

papirio

はじめまして いつも楽しく見させていただいております。

この戦、最後は慶舎が起死回生の流動を発動させ、以前に見たことがある飛信隊がそれを破るという展開になるような気がしますがどうでしょう
by papirio (2016-03-04 22:47) 

…

まあ普通に考えて、誘き出した慶舎をゼノウ隊が背後から攻撃し、それに呼応する形で飛信隊が挟み撃ちにするんでしょうね。
紀彗さんの存在も大きいですが、それよりもせっかく誘き出した総大将・慶舎を攻撃しなきゃ飛信隊を囮にした意味が無いですし、戦なんてものは基本的に総大将を打ち取れば勝ちですから。
紀彗隊は取りあえず黒桜さんにお任せっすね。
by … (2016-03-05 12:59) 

五百人将

いよいよ大詰めって感じですね。
これまでイマイチ目立ててない信ですが、本能型の素質があるのでその片鱗を見せてくれるのかも。
兵法に則らないお頭の詰めの動きに対して、貂が整理に手間取る中直感で動いて...って具合で。
紀彗がどんなタイプの本能型か(待ちでははなさそう)も気になるところです。
by 五百人将 (2016-03-05 18:36) 

チェキ

ゼノウさんビジュアル的に死亡キャラっぽく思います
もしかしてケイシャさんメチャ強でゼノウさん瞬殺?
by チェキ (2016-03-05 22:22) 

なかひと

こんばんはー。
金毛は、ビジュアルに反して(失礼)出来る男ですね!
個人的には、慶舎の白目&憎悪オーラ全開のコマが、往年の名作『日出処の天子』の厩戸皇子のようでした。
あの髪型のせいもありますが(^^;

ゼノウが慶舎にまさかの一閃!されてしまうようなら、怒りに任せて出陣したことも意味があるでしょうが…果たして。

キングダム酒家行きたいですね~
開催場所(渋谷じゃないのが残念)近くには住んでいますので、行けるんですが、そこまで一緒に行けるひとを探すのが困難を極めそうです( ノД`)…
管理人様のおっしゃるように、常設のキングダムbarも素敵!
勿論そこには王騎の矛が(涙)

いつかは、こちらのブログのオフ会にも、参加したいです。皆さんみたいに滔々と戦術は語れませんが、お話を聞くだけで楽しめそうですね。

by なかひと (2016-03-08 19:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: