So-net無料ブログ作成
検索選択

第464話 焦れの限界

四日目の早朝、桓騎からの伝令が信の元に訪れていた。伝令は飛信隊にその場に踏みとどまるようにと桓騎の指示を伝えた。信は飛信隊が作った好機を逃され、さらに馬呈軍に背後を取られ窮地に陥ってたため、感情を露わにしながら反論した。しかし、河了貂は飛信隊がこの地に留まっていれば依然桓騎軍は有利な局面であるため、そのつもりだと答えるが、それを黙って見ているほど相手は甘くないと言い切る。そこで、伝者は援軍を送ると桓騎からの言葉を伝える。貂は信用していいのかと問うが伝言にさあなとはぐらかされた。貂は飛信隊はギリギリまで粘るがそれでも昼までが限界であり、援軍を送るのであればそれまでにと伝えるよう依頼する。

そして、運命の黒羊丘攻防戦、四日目が開戦した。河了貂は昨日のうちに有利な地形は全て押さえていたため、主力はいつでも出られるように前線に置き、後方は楚水、渕さんに任せていた。
しかし、桓騎は相変わらず動かなかった。そのため再び戦場に戸惑いの空気が流れていた。飛信隊の後方は馬呈の攻撃に苦戦していたため、徐々に主力を後方に回していった。ここまで飛信隊のところ以外は前日と全く同じ膠着そのものであった。
だが、慶舎は怒りで目を血走っていた。慶舎は意地でも動きを捕捉させない桓騎に屈辱を感じていた。
慶舎の怒りは限界に達したため、動かなければ右翼の飛信隊を斬り落とすと飛信隊に対し、自ら先頭に立ち総攻撃をかけた。
その動きをみた桓騎は口元に笑みを浮かべた。



怒りで元々待ちのタイプである慶舎が我慢できなくなり、動き出させたというのは桓騎の作戦勝ちと思いますが、ここからどうやって、慶舎、紀彗を崩していくのか気になりますね
しかし、慶舎という人物の心理を桓騎はよくわかってますね…紀彗が総大将であったら、そのまま動かなかったでしょうから。ま、それなら桓騎は三日目に動いて趙軍側に大打撃を与えてたでしょうけど…

nice!(3)  コメント(21)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 21

范増

・・・・・・んー伝者の言う援軍ってどの部隊なんだろう(あの布陣なら馬呈・劉冬軍の背を狙う部隊が妥当だろうが、現状そういう部隊がいたものかな…)
桓騎も桓騎で王翦以上に動きが読めないし…ただ、三日目の有利な段階で紀彗・慶舎もろとも総攻めにしたとて、かえって慶舎の罠にかかると見越した桓騎が逆に慶舎を誘き出して殲滅するのは解る。
だけどそれをするにもこのタイミングじゃ正直(遅いのでは?と思わざるをえない)
とにかく桓騎の余裕ぶりと最後の笑みから勝算はあるんだろう(でもどういう駒の動かし方かは筆者も黒桜ら同様、見守るしかないし迂闊に動けないんだろう・・次号が気になる)
by 范増 (2016-02-25 07:49) 

土南

お頭の戦いは変化が速いからようやくナキさんが活躍か!?
by 土南 (2016-02-25 07:49) 

ジョン

飛信隊に援軍を送るといった桓騎。しかし、そんな気配はどこにもない。どこから現れたら敵も味方も一番度肝を抜かれるか。動き出した慶舎。その趙軍の中から突如、桓騎軍が現れたら。
って、勝手に予想。桓騎は敵に紛れるの好きだからな〜。
by ジョン (2016-02-25 09:53) 

う~ん…

このタイミング、配置での最大の援軍は…
やはり紀彗の寝返りではないかと。

目玉が届くとかの、離眼絡みの脅しで…

そして飛信隊とで慶舎を挟撃、馬呈らは何が起きたか解らず動けず。

あっ、でも慶舎もう突っ込んできてるからそんなヒマないか~

う~ん……。


by う~ん… (2016-02-25 11:31) 

しゅうしゅう

大軍に挟まれることになり、来週飛信隊は序盤大ピンチになりそうですね。

この辺をいかにしのぎ、膠着状態になったところをどうカンキが動くのかが楽しみです。


by しゅうしゅう (2016-02-25 15:50) 

ナニユエ

伏線からでは 飛信隊相当やばし。 羌瘣が活躍してくれるならokですが 
by ナニユエ (2016-02-25 17:24) 

もす

急展開ですね。これで慶舎も・・・。私も紀彗の寝返りないしは脅しによる停戦か何かだと思いますが・・・。次号が楽しみですね。
by もす (2016-02-25 17:35) 

黑羊の村民

慶舎が山を降りたところで雷土・黑桜軍両翼が攻撃開始し,真ん中を頂上までカンキ本隊が一気に制圧なんてストーリーだったら残念です。
by 黑羊の村民 (2016-02-25 19:16) 

盲点

慶舎と同じ匂いがする紀彗はおそらく本能型の武将。桓騎と慶舎が大将軍の一歩出前であるのに対し、紀彗は大将軍級の評価。
桓騎の行動を紀彗は感じているのか。その能力を見せてほしい。
by 盲点 (2016-02-25 20:06) 

謄

久々にコメします!
やっぱりこの展開の中で
何が引っ掛かるかと言えば
桓騎があえて何もしなかったこと
ですよね!
私個人としては
合従軍の時に
万極が撃ち取られた際
慶舎が李牧に謝罪してるシーンを
思い出すと、
万極=紀彗だと思うので
皆さんがおっしゃってる
桓騎によるなにかしらの紀彗の寝返り
あり得る話だと思います!w
by (2016-02-25 21:52) 

狼牙

久し振りすぎて前回のPN忘れてしまいましたが(;・∀・)

皆さんのカキコ見てて推測!
前回までの流れ見ると既に離眼城陥落、桓騎が待っていたのは別働隊による陥落では?
城内の住民全てを人質に・・・

桓騎の神出鬼没さを考えるにあり得ない話では???
by 狼牙 (2016-02-25 22:33) 

狼牙

すいません・・・

×あり得ない
 ↓
〇あり得なくない

です・・・(;'∀')
by 狼牙 (2016-02-25 22:35) 

ひで☆りん

離眼の民は危機一髪助かります。
だって、あの李牧が紀昌の悲劇を知ってるから…
なんとかしてくれるはずっ(>_<)
…ですよねっ!?
by ひで☆りん (2016-02-26 00:42) 

お名前(必須)

投稿失礼致します。
飛信隊の援軍ですがゼノウ一家ではないかと。
確か、ゼノウ一家が睨み合いで
後方に回ってたかと思います。
または、名前だけしか出てない砂鬼一家。
希望は尾平達が援軍で駆けつけることです。
来週も楽しみにしてます。
by お名前(必須) (2016-02-26 07:27) 

なかひと

皆さまこんばんは[わーい(嬉しい顔)]
私も、できれば尾平たちが援軍に来て、飛信隊が間一髪助かる…
あわよくばそこにキョウカイも戻ってきて、
信が慶舎を討ち取る…
みたいな展開があればいいなと思っております
都合よすぎですみません[がまん顔][あせあせ(飛び散る汗)][右斜め下]

毎回、コメントされる方々の先読みに、
はわ~と感心しているばかりです
あと今週のラストのコマ、桓騎の『魅惑の唇』にやられました(笑)
本家本元の王騎の唇には敵いませんが[るんるん]


by なかひと (2016-02-26 20:20) 

お名前(必須)

土南さん、確かにナキとビヘイの入れ替えの意味って気になりますよねぇ~☆
この先の展開にどう絡んでくるのかぁ~(≧∇≦)b

by お名前(必須) (2016-02-26 20:49) 

昭王

慶舎は火の付け所を逆に桓騎に与えてしまった。

飛信隊を囮にして、桓騎の狙いは始めから丘ではなく慶舎の首なのかもしれない。

しかし李牧が見込んだ男、紀彗が立ちはだかるだろう。
by 昭王 (2016-02-27 00:49) 

ヒョウコウ

管理人様、皆様 久々にコメントします。
飛信隊はいっそう窮地に陥りましたね〜。桓騎なら飛信隊を切り捨てる作戦も平気で実行しそうですし^^;
先週号から皆さんも予想している、 離眼城への奇襲は桓騎なら大いにある事だと思います。何と言っても 元野盗! たしか、廉頗四天王の玄峰を討ち取った時に、留守の家に入るのが得意だと言っていましたし。
離眼城の民を人質に紀彗に降伏を迫る、もしくは虐殺し心理的に追い詰める等、色々出来るのではないかとなと…超軍が離眼城を救援に行けば、背後を取れるますし。ほぼ詰みの様な状態にもおもえますね。
by ヒョウコウ (2016-02-27 22:02) 

NO NAME

今、気が付いた!

「援軍を送る」って意味。

「(飛信隊を助ける)援軍を送る」じゃなくて「(馬呈を助けに行く趙の)援軍を(飛信隊のトコに)送る(から覚悟しとけよ)」って意味じゃ・・・?

つまり飛信隊を囮に使うって作戦なのでわ???
by NO NAME (2016-02-28 15:44) 

NO NAME

460話からRSSが全然更新されてないけど直せませんか?
by NO NAME (2016-02-29 12:42) 

五百人将

援軍はゼノウ一家かなぁ、と推測してみます。
雷土さんが、ゼノウの力を使うときは勝つ時だって言ってたような気が...
離眼への細工等あるかも知れませんが、慶舎が動いたことで勝利条件が揃った形なのかも。
by 五百人将 (2016-03-02 12:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0