So-net無料ブログ作成
検索選択

第463話 離眼の悲劇

老婆は羌瘣に離眼の悲劇を語り出した。それはまだ離眼一帯が治っていない頃の離眼城主が先代の紀昌の頃の出来事であった。
その頃はその一帯は離眼と暗何という城が地域の覇権をかけて争っていた。王都邯鄲はこれをよくある地方の小競り合いと思っていたが、実際は激しい戦争であった。力で圧政をひく暗何の唐寒とは対極に善政で民に慕われ、結束の固い離眼の紀昌。兵数で言えば暗何が倍以上であるが、戦上手の紀昌と猛者揃いの側近、練兵された兵団は暗何と互角に渡り合い、若き紀彗、劉冬、馬呈の台頭で戦局は離眼に傾きだしたのであった。紀昌はその戦いぶりを見て、親としての嬉しさを感じていた。紀昌は劉冬、馬呈の育ての親でもあったのだ。
日々勢いを増す離眼に対して暗何は決戦に出る。それは旦虎の戦いと呼ばれるものであり、離眼も全軍で挑むものの、財を叩いて周辺の兵を借り集めた暗何は五倍はいたのであった。凄まじい戦いで、奮戦した劉冬、馬呈も深手を負ったが、最後は五倍の敵をかいくぐった紀彗が自ら唐寒を討ち取り、離眼が見事に勝利したのであった。これで一帯は紀昌の善政が広がると喜んだが、長年の因縁はこれで終わりではなかった。
旦虎の戦いの後、唐寒の残軍を紀彗軍が負っている間に留守中の離眼城が落とされてしまったのである。襲ったのは唐寒の子、唐釣であった。臆病者で旦虎の戦いに出陣せずに暗何城に残っていた唐釣が城のわずかな衛兵を引き連れて急襲したのであった。離眼の城内には劉冬、馬呈もいたものの、ほとんどは旦虎から帰還した重傷兵のみであったため、離眼は落ちてしまい、城内にいた女、子供、老人全員が人質になったのであった。そして、唐釣はそれらの命と引き換えに紀昌と将校、兵の投降を迫ったのであった。紀彗は唐釣の卑劣な手に屈しないよう紀昌に迫るが、紀昌は自分は武将の前に離眼の城主であり、側近達は離眼の大人達だと言い、親が子供のために命をかけるのは当然であると紀彗の懇請を退けた。そして、その責を紀彗に受け継がせたのである。
そうして人質交換が行われた。人質交換の際、紀昌は劉冬と馬呈に会う。劉冬と馬呈は涙を流し、土下座し、離眼を守れなかったことを詫びた。しかし、紀昌は二人が生きていたことを天に感謝し、門出の意味も込めて、偶像を返した。

邯鄲からは善満という武将が派遣されてきており、この儀を見届けていた。そこには李牧もいたのであった。
紀昌達は縛り上げられる。そして、火が放たれた。紀昌は離眼の民に向かって叫ぶ。紀彗がこれより離眼の城主だ、若き父だ、皆で支えよと命令し、紀彗には離眼の子らを守り抜け、頼んだぞ倅よと最期の言葉を口にした。紀彗は怒りの余りに目から血を流していたが、紀昌の言葉をしっかり受け止め、必ずと返した。
それが紀彗の名が外に広まっていない理由であった。しかし、紀彗は火刑で主だった大人達を失ったものの、五年で離眼の力を復活させ、次の三年で暗何も屈服させ、一帯の盟主となった。
羌瘣はそれで人形は何だと問うと離眼の古くからある風習の守り子というものであり、子供達が戦場に出る父に贈るお守りみたいなものであった。
老婆は紀彗軍はさらに強く、黒羊の先に行かせないという士気も高いため、羌瘣に再度軍に戻るのを止めるが、羌瘣は強敵ならなおさら仲間の元に戻らなければと意志を固くもっていた。

黒羊三日目の夜は不気味なほど静かにふけた。そして、黒羊最大の激戦日となる四日目の朝焼けは血のように赤かった。その主戦場となるのは紀彗軍の陣地である。




この離眼の悲劇を聞くと桓騎という相手は最悪の巡り合わせに思えますね。政の夢実現のためにも勝たなければならない戦いではありますが、離眼の民には手を出さないでほしいですね。
そこは羌瘣から離眼の悲劇を聞いた信が止めてくれると思いますが…

nice!(5)  コメント(23)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 23

范増

いやぁ凄まじい離眼の過去でしたね…(現・劉冬がなぜあの髪型なのか解ったし、何より今号の回想でしか登場していない紀昌の死に際の笑み、これは個人的に麃公の散り際と重なりました)
李牧もチラッとだけ出てましたが、既にこの時から紀彗をその目で見て後々「然るべき戦」で秘密裏に使おうと考えていたのでしょうか。
次号で黒羊丘も激戦必至だろうが、はてさてどういう展開になる事やら(主戦場は紀彗軍の陣地か・・戦歴から考えても窮鼠猫を噛む働きはするだろうし、両軍如何に駒を動かすか楽しみですね・・・羌瘣も良いタイミングで戦線復帰、或いは味方に合流できればいいんだろうが)
by 范増 (2016-02-18 09:43) 

ジョン

離眼の過去を描写したということは、今回も同様な結末に近いことが起こりそうな気がします。離眼城を狙う為に、あえて丸一日を費やし、敵の目を自分に向けさせて時間をつくったのだと思います。さすがに次の日は戦をしなければ慶舎あたりに見破られとにらみ、がっつり戦うと思います。で、均衡した状態、もしくは苦戦の最中に離眼城を落として人質をとったと敵に降伏を促すのではないでしょうか。
by ジョン (2016-02-18 13:05) 

かずお

時系列的に言えば廉覇が趙を見捨てる辺りでしょうか。多分長平に目線が向いており内紛扱いの事に回す余裕が無かったとは言え、余りにも蔑ろにした結果、貴重な戦力を活かしきれなかった春平君を愛する王に呆れるだけです。李牧よく我慢してるよなぁ。

桓騎将軍が勝利の為には手段選ばなかったら歴史は繰り返すのかな?
by かずお (2016-02-18 13:57) 

ひで☆りん

もう正直、こわくてこわくて…(>_<)

秦軍には勝って欲しいですけど、離眼の民と村人たちだけはお救いください…

最近活躍の場がめっきりないですが、信とキョウカイちゃんがなんとかしてくれるはずと…(T^T)(T^T) 
by ひで☆りん (2016-02-18 19:38) 

唐釣軍残党

”黒羊の先”への文字の上に点がついてることは,黒羊の先,すなわち離眼城が急所であることを示唆しているんでしょう。紀彗軍を混戦に巻き込んでいるうちに砂鬼一家あたりに離眼を急襲させ,民を人質にとり,引き替えに降伏させた後,女・子供も惨殺するんじゃないかな。反対する信たちに戦に勝つためにはこれぐらいの非情さが必要だと言うことを教えるんでしょうね。今回のカンキ軍への参加は信たちの戦への甘さを戒めるための目的だったので,恐らく悲しい結果に終わる気がします。
ただ,ひょっとしたらキョウカイがなんとかしてくれるかもしれないと淡い期待を抱いています。

by 唐釣軍残党 (2016-02-18 22:35) 

ビキッ

キョウカイと村人とのシーンが長いのは、飛信隊がカンキの殺戮、蹂躙から村人を守るフラグであって欲しい。
そしてこの戦いで結果を出さないと、加冠の儀を済ませた政の最初の号令を受けられないから、信の活躍に期待!
by ビキッ (2016-02-18 23:16) 

シーズー

離眼の悲劇再び?嫌な予感がしますね。
紀彗が父親と同じように城の女子供の命と引き換えに投降することになると予想。でもお頭は約束破りそうですな。
ただ飛信隊が黙ってはないでしょう、ここで黙認しては地獄で見守ってる万獄さんに申し訳が立たない(汗)
でもどうするんだろう〜全く検討がつきません。
by シーズー (2016-02-18 23:19) 

昭王

離眼の悲劇でもなんでもない。
残党を追って、傷付いた兵だけを残した居城が落とされた。自軍の敗北が決定的な時、守りが弱い敵の城をわずかな兵で落とした唐釣の作戦は当然だろう。

奴隷になってしまった人たちを解放する代わりに、紀昌を含め大人にちは刑に服する。

これは、紀昌の責任であり悲劇ではない。

そして紀彗は同じ過ちをしてしまうのか。

李牧が見込んだ男、何か策はあるだろう。
by 昭王 (2016-02-18 23:20) 

お名前(必須)

城が手薄であったのは失敗で城主に責任はあるだろうけど、悲劇は悲劇でしょう。
結局は勝敗を決するためのものでなく復讐であったため見せしめとしてよりによって火刑だし。
戦は非情なものだけど、あまりにも常軌を逸するやり方は後に深い禍根を残す。
キングダムではそれを良しとはしていないと思うので、飛信隊がお頭のストッパーになると予想します。
昌平君もひょっとしてそれを狙ったかもわかりませんよ。
by お名前(必須) (2016-02-18 23:57) 

バルボッサ

自分とこの城を無防備にして残党狩りに興じていた間抜けを、悲劇の英雄的な扱いをするのは違和感があります。
それはそうと、お頭は敵が嫌がる事をするのが生き甲斐みないな感じなので、お頭の手によって再び離眼の悲劇(?)とやらが繰り返されるんでしょうね。
飛信隊が離眼に辿り着く頃には、時既に遅しといったところでしょう。

by バルボッサ (2016-02-19 00:23) 

シーズー

色んな見解がありますね!
城を手薄にしたためにこういう結果になったことは紀彗も悔やんでいて、だからこそ以後離眼を守ることに集中し、大きな戦にに参加しなかった。
紀彗はその後離眼を立て直し善政を行った故英雄(あくまで離眼の)なんでしょう。
今回は黒羊を抜かれたらマズイから出てきたけど、まさか黒羊戦を囮にして城を狙って来るとは思わなかったって感じになる?思えばキョウカイが迂回するべきと言ったのが伏線だったのかも。
紀彗含め皆殺しはないと思うけどなぁ、離眼の人々の明日はどっちでしょう ね。
全く城関係ない展開になる可能性も少なからずあるけども。
二度目の投降失礼しました。
by シーズー (2016-02-19 01:05) 

かずお

あたしも二度目の投稿失礼します。

今回の3人、消すには惜しいが趙の事情汲みすれば敵対は当然。が、可能性考えれば…
桓騎軍の人質作戦は極めて有効。しかも時間を3日使えたので往復には可能。結果人質使わない飛信隊と激突。突破を計る。
で、信と紀彗将軍の対決。羌カイの復帰により内情知り、討伐でなく降伏からの飛信隊加入。結果人質は価値が無くなり、怒る慶舎と呆れる桓騎。信は秦王の友達として離眼地を秦王・政の領地と宣言。これで侵略・略奪も出来なくなる。

キャラも飛信隊として使え桓騎軍の暴走抑えれて…そんな上手くいかないか。私の恒例ハズレ推測でした。この推測、信が紀彗を乗り越えて且つ降伏からの飛信隊加入を提案して離眼を護る実力と発想に辿り着けるか?それとも血の惨劇か。
by かずお (2016-02-19 03:44) 

お名前(必須)

投稿失礼致します。
できたら、紀彗、劉冬、馬呈の三名が
郭尾兵、ひょう公兵に次ぐ、飛信隊に
加入してくれないかなぁと思います。
できたら、離眼の悲劇再びが起きずに。
もしくは、離眼の悲劇が再び起きてしまい、
それに反対した信を見込んで、
飛信隊に加入とかしてくれないかなぁと。
甘いですよね・・・。
by お名前(必須) (2016-02-19 07:45) 

もす

投稿失礼します。離眼の悲劇に対して評価様々ですね。ただ掃討に興じた・・・っていうか制圧して平定する以上は必須かと。残敵残してまた問題になっても困りますから。
私も離眼の悲劇が再現されかけるのではないかな・・・と思います。ただ信たちが無用な虐殺をとめ、紀彗、劉冬、馬呈らをもしかしたらとりこんで、将軍へ進んでくれないかな・・・と。ただ一方で彼は副将格。止められないダークなストーリーなんて・・・ない・・・か。
by もす (2016-02-19 08:28) 

離目の民

桓騎が離眼まで来たら酷い目に遭ってしまう!
慶舎、紀彗がんばってくれ!秦を追い返してくれ!李牧も来てくれ!
by 離目の民 (2016-02-19 11:11) 

お名前(必須)

信が政の領地と宣言っ!?
………(T^T)
by お名前(必須) (2016-02-19 18:58) 

お名前(必須)

友達として…って……(T^T)
by お名前(必須) (2016-02-19 18:59) 

お名前(必須)

秦王の友達、信也っ!!!
by お名前(必須) (2016-02-19 19:09) 

ジョン

2度目の投稿失礼します。
他の方のコメにもありましたが、人材登用の可能性もあると思います。今回の戦で、劉冬、馬呈が生き残るならば、趙の新たなライバルとして位置づけられます。既に、フテイとカイネもいますし。どうなんでしょうか。
紀彗は人格的にとても飛信隊の下につくとは思えませんが、政と面会すれば秦に寝返る可能性もあるかも。過去の悲劇により、多少は趙を恨む気持ちもあるだろうし。
by ジョン (2016-02-19 20:44) 

NO NAME

離眼の悲劇への趙の対応を考えると、紀彗さんや離眼の人々が趙を恨んでいても不思議ではないですよね。
悲劇が繰り返される前に、早いとこ秦に寝返って欲しいものです。
まあ例え寝返ったとしても、お頭の場合は投降して来た相手でも、当然の様に殺してしまうだろうけど、それを信が上手く止められれば…。
by NO NAME (2016-02-19 22:01) 

なかひと

離眼の悲劇、かなりのものでしたね…
思い出す度に気持ちが沈みました
感情移入しすぎでしょうか[あせあせ(飛び散る汗)]

昌平君が桓騎軍に加えて飛信隊を黒羊に送ったのが、離眼の悲劇や、どんな武将がいるのかを把握している上でだとしたら…

他のかたがおっしゃる通り、ストッパーとしての飛信隊の役割と、紀彗らの人材登用も有り得るのかと。
当初からの、大人のやり方を覚える戦いとの位置づけには繋がらない気もしますが。
どうなるのでしょう……

悲劇の再来もなく、こう来るか!と、納得できる展開を期待したいです(*´∀`)♪


by なかひと (2016-02-21 16:21) 

しゅうしゅう

今回若かりし頃の李牧がでていましたけど、なんというのか扱いかが軽かったですね。
by しゅうしゅう (2016-02-23 00:29) 

ひで☆りん

離眼の民さん…
明日の朝まで、一緒に祈りましょう…

子供たちのために…(T^T)
by ひで☆りん (2016-02-24 21:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: