So-net無料ブログ作成

第462話 困惑の夜

黒羊丘攻防戦三日目、飛信隊の放った逆転の一撃。しかし、この好機を桓騎は無視した。その行為に将兵の胸に困惑の火が灯る。
この好機を演出した河了貂は怒りを那貴にぶつける。那貴はおれに詰め寄るなといなすが、貂の怒りは一向に収まらなかった。ただし那貴は桓騎は基本ふざけているが、無駄なことは好まない人物であり、今回のこの行動の方が得をすると思ってのこうどうだろうと推測する。貂はそれは何だと聞くものの、それは那貴もわからなかった。

黒桜は摩論の陣を訪れる。黒桜は桓騎からの連絡があるかと尋ねるものの、ないと返事される。黒桜と摩論は今回のこのような行動は時々あるもので、明らかに確信的であり、それは何かわからないものの、桓騎を信じて戦うまでとした。
黒桜は紀彗について尋ねる。現れただけで兵が倍強くなり、自ら乱戦に加わる武勇と兵法もあり、さらに兵の心の掴み方が尋常ではなかったと印象を語る。摩論はそれを聞き、まるで大将軍級と評した。黒桜はそれでも将軍と兵の関係ではないと感じていた。摩論は趙国の抱える危険な武将は一人と漏れず把握しているが、紀彗という名はないと断言する。しかし、黒桜はそれだからこそ、紀彗の底が見えなく、この戦いの鍵を握る人物であると感じていた。

羌瘣は集落の小屋で目を覚ます。起きようとするものの、老婆から寝てるように注意される。老婆は傷の様子から大人しくしていれば明日には仲間の元へ戻れるだろうとみていた。羌瘣は自分が忠告しに来た集落であること認識し、敵なのになぜ助けたのかと問う。老婆はこの集落は趙軍の領土になる前からあり、何人だから敵という認識はなかった。羌瘣はそれでも秦軍からみればここも趙であると言う。老婆はだからここを離れろというのか、行くあてのない旅に出て、一体どれだけもつと思ってる、老人子供もいるんだぞと怒りを滲ませて言い返した。
羌瘣はふと劉冬の持っていた作り物に目を遣る。老婆は羌瘣の懐から出てきたものであり、なぜ離眼の守り子を持っているのかと尋ねる。羌瘣は斬った敵が大切そうにしていたので、拾ったと語る。老婆はそれを聞き、この戦いには離眼の軍が来ているのか、馬呈、劉冬、紀彗様とつぶやく。老婆は紀彗の離眼軍は趙軍の中でも一位、二位を争う強さがあり、秦軍に勝ち目はないため、軍に戻るのはやめておきなと止める。羌瘣は紀彗も離眼もその武名は秦まで届いてないため、それはないと反論する。
老婆は離眼の悲劇の後、紀彗様は外で大きな戦いをしていないから知らないだけと語る。それは十五年前に紀彗達は前城主を含めた離眼の大人達のほとんどを眼前で焼き殺されたというものであった。
それがなければ紀彗は今頃、趙の大将軍になっていただろうと言われていた。



まずは残念ながら、来週はキングダム休載です。
紀彗と離眼兵の関係性が少し見えてきましたね。離眼兵の多くは離眼の悲劇で親を殺された孤児達であり、紀彗を親のように慕い、育ってきたのだと思います。
しかし、離眼の悲劇を見ると人を焼き殺すなんて、桓騎以外にやる人物がいるのかと思うような殺戮だと思います。もしや15年前の悲劇も桓騎がやったのではないかと思うくらいです。もし仮にそうだとしたら最悪の組み合わせですね

nice!(6)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 12

范増

これで解った事は、桓騎の真の狙いは広大な黒羊丘にあらず、その先の離眼城という事でしょうね(他の方々のコメントに近い展開になるかと…いやはや凄い)
となると、別働隊は誰かと考えた時にふと浮かんだのが、前号以前から姿の見えない桓騎腹心のリン玉(漢字が出ん!笑)そして未だその姿を見せない砂鬼一家一党。これらが如何なる方法かは解りかねるが、離眼城に何らかの細工をしに向かったのではないかと考える。
それで驚くべきは、桓騎・紀彗の両名、彼らは15年前に間違いなく面識がある様に思えてならない(よもや「首切り桓騎」の舞台が離眼にあったなどと想像するだけで鳥肌が立つ)
・・・とざっくり思い、考えたが果たして今後の展開や如何に…(そもそも黒羊丘に桓騎を派遣した昌平君自身も間違いなく何か「桓騎の血生臭い過去」・「離眼の悲劇」の片鱗を知ってる気がする)
by 范増 (2016-02-04 08:21) 

お名前(必須)

明かされつつある紀彗の過去、お頭と何かしら因縁があるのでしょうか?
離眼の孤児達の行方は…嫌な予感しかしませんね…
今回の戦は何かしら秦は侵略者であるという視点を強調するつくりになっていますね、どちらかというとヒール側
飛信隊はどうするのか、この組み合わせにした昌平君にも何か考えがあってのことでしょうけど…いやはや嫌な予感しかしない^^;
老婆の行くあてのない旅にでて〜のとこは怒りというより諦めもあるのかなと、何度か戦場になって来たようですから黒羊は
でも今回の総大将はやばいですから、それこそ普通じゃない
頼むから逃げてくれ〜と祈る気持ちです
次号休載ですか…お頭が何かしたのか?キョウカイの合流は?うーん色々待ち遠しい
by お名前(必須) (2016-02-04 09:19) 

かずお

3日目午後の闘いは睨み合いで終了。紀彗将軍の危機的状況も劉冬達の合流で打開策も万全になりました。そんな状況にしても桓騎将軍は翌日の成果を求める…場所は中央の丘、ほぼ全軍が集まれます。これって一網打尽出来る環境になりましたな。前回のコメントでファンファン様が指摘された展開が予測される気がしました。別の闘いでも丘や城の有利は描かれてきましたが、それを逆手にとり閉じ込める例もありました。

丘を取るのではなく、丘を取らせて閉じ込めた?

この後人質作戦なんかやられたら紀彗将軍と慶舎将軍の意見は衝突するのは必至。再来週以降の紀彗ヒストリーが黒羊の結び付きを強く描くほど、人質作戦は絶望的に効果的。で、人質を使わない飛信隊に向かい激突するしかないんですが、当然桓騎将軍の罠。もしかして桓騎将軍は慶舎将軍対策で匂いを嗅がせないで追い込むつもりなのかな?匂いを感じる頃には味方が分裂状況にするために。

離眼城まで黒羊地帯から80キロ、往復で160キロ。1日で往復は難しいけど3日あれば?

魔論、ナイスムッツリ。ボソッと…シリ…

叢雲様、泣く泣く断念しました。せめてカラーイラストを29センチくらいに拡大コピーしてダンボールに貼って仮フィギュアとして…痛々しいな、自分。
by かずお (2016-02-04 13:34) 

ブイジ

初めてコメントさせていただきます。

確か桓騎は秦南方を荒らし回っていた野盗でした。
趙は秦から見て北東なので、紀彗との因縁は無いように思いますが…。

黒羊の戦いは単なる丘争奪戦では済みそうもない様相を呈してきましたね。
後方に控える離眼こそこの戦いの鍵を握る地と言えそうです。
長丁場になりそうですが、ここまで趙にはたくさん痛い思いをさせられてきたので、
ここら辺でガツンと一発喰らわせてやって欲しいですね。
by ブイジ (2016-02-04 14:00) 

お名前(必須)

黒羊編、あと半年くらいかかるのかなぁ~(T^T) なんか疲れてきた…
by お名前(必須) (2016-02-04 18:37) 

しゅうしゅう

きょうかいがそろそろ復帰できそうですね。

それにしても、趙は長平で大量に兵士が死んで国力を大幅に低下させた(今の歴史では長平での大量殺戮は無かったかもという説もありますが、キングダムでは長平で大量に殺されたことになっているのでそれを使います)のにもかかわらず、別の城でも大量殺戮が行われていて、それでも強いってどういうこっちゃって考えてしまいます。

by しゅうしゅう (2016-02-04 18:46) 

NO NAME

離眼の悲劇と桓騎の関係ですが、離眼の悲劇に出て来る兵士の鎧が、秦軍の物には見えるものの、桓騎軍の物とは明らかに違うので、離眼の悲劇と桓騎は関係無い様に思えます。
by NO NAME (2016-02-05 18:18) 

范増

↑の方のおっしゃる通り、確かに甲冑で見れば違いは明らかでしょうが、その後ろの火炙りにされた離眼兵は疑問な所なんですよ未だ。
あんな殺戮方法を採るのは各国見渡してもまず桓騎しか浮かばなかったものでして・・・浅慮なら恥じ入るばかりですが…
by 范増 (2016-02-05 19:13) 

NO NAME

離眼の悲劇に桓騎が関係ないどころか、秦すらも関係ないかもしれません。

紀彗さんたちと相対している敵兵が身に着けている鎧ですが、趙兵も同じ様な鎧を身に着けています。
そしてその敵兵たちは兜も身に着けていますが、桓騎軍は基本的に兜は身に着けていませんし、その兜をよくよく見てみると、趙兵の兜に似ています。

そこで考えられるのが、趙の内戦です。
趙で内戦があり、紀彗さんはその内戦で負けた側に属していたから出世できなかったと考えると、辻褄が合うのではないでしょうか?
by NO NAME (2016-02-06 20:40) 

范増

↑の方、大変参考になりました。ありがとうございます。
桓騎に拘り過ぎた様です。
残虐な殺戮と見せしめをするのは何も桓騎だけに限った事じゃないですもんね(となると、どの様な趙将が相手だったのか尚気になる…)
by 范増 (2016-02-06 22:09) 

叢雲乃飜

おはよう御座います。


まぁ~桓騎が何かを企んでいるのは解るのですが、腹心達も計り知れない状態に陥ってますね。


さてさて、紀彗の過去編が始まる為………桓騎の思惑話は少し遠のくと思いますが。


此からの布石になるのかな?と思って来週まで気長待ちますか!!!


かずおさんドンマイです。


もしかしたら?Amazonにて破格の値段で販売する人達居てると思うんです[あせあせ(飛び散る汗)]


其れに乗っかってみますか?


春秋戦国時代を舞台にした漫画『達人伝』に続き月刊マガジンにて古代中国最高の軍師張良を主人公にした漫画『龍帥の翼 史記留候世家異伝』が連載されるとか。


秦滅亡のシナリオを描いた『帷幄の知者』をどぉ~描くのか楽しみです。


by 叢雲乃飜 (2016-02-09 08:52) 

お名前(必須)

サイコー
by お名前(必須) (2016-02-17 22:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0