So-net無料ブログ作成

第460話 飛信隊の楔

戦争の苛烈さとは一線を画した静寂に包まれた集落。そこでは一人の老婆が羌瘣の馬に話し掛けていた。主人が心配だろうけど、お前もキズだらけだから早く休みなと。老婆は昼間に羌瘣と会ったことを思い出していた。羌瘣は秦と趙の戦争が始まるため、集落の長に皆をすぐに退避させるよう伝えろと命令した。老婆は自分がその長だと言い、口調から羌瘣が秦国兵だと判断した。そして、忠告しに来るくらいなら、最初から他人の土地に入ってくるな侵略者がと吐き捨てた。しかし、羌瘣はそれでも退避をと続けた。
昼間のやりとりを思い出した老婆は悪い娘ではないのはわかっており、最善を尽くすつもりと羌瘣の馬に約束する。そして、小屋の扉を開ける。するとそこに意識を朦朧とさせた羌瘣が立っていた。しかし、すぐに老婆に向かって倒れこんでしまったのだ。意識がはっきりしない中、羌瘣は飛信隊に戻らないと、呟いていた。

黒羊戦三日目。飛信隊と相対していた馬呈は飛信隊の攻めの巧さに翻弄されており、かなり押し込まれていた。そこに劉冬が現れる。劉冬は血の気が引いた顔色であったが、立て直しを図ろうとしていた。
飛信隊の陣営では部隊長を招集していた。そこでは各部隊の勝報の連続で沸き立っていた。しかし、河了貂は前線の押し込みはここまでとし、右の戦場の主導権を戦場全体に広げるため、飛信隊の九割を中央の丘の攻めに移動させると決断する。
馬呈、劉冬軍では飛信隊の移動を物見が確認していた。劉冬はその動きを見て、秦のキレものは桓騎だけではなく、飛信隊の軍師もまたキレものだと感じていた。
紀彗は足元に迫った飛信隊を確認する。劉冬、馬呈を後手に回すほどの実力を認め、紀彗は軍の三割を下方防線に回さざるを得なかった。この時、軍の力と注意が割かれ、つけ入る隙のなかった紀彗軍に歪みが生じたことは紀彗本人にも相対す黒桜にも分かった。そして、この場にいた指揮官全員が同じことを考えたのであった。この瞬間を桓騎が逃すはずがないと。



ついに次号は桓騎が登場しますね。趙軍が一番悶え苦しむのはやはり紀彗を倒すことだと思うので、この好機を逃さないと思われますね〜
しかし、飛信隊は劉冬が復帰したことに気づいてないだろうから、下手をすると紀彗と劉冬、馬呈軍の挟み討ちを食らう可能性もありますね…大丈夫かな?

nice!(5)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 14

馬呈

信隊長の本能型覚醒はまだ先かな!?

このまま秦軍押せ押せで行くわけないから更に二転三転して面白くなりそうですね。

飛信隊は劉冬をヘッドハントしてほしいわ。
by 馬呈 (2016-01-21 12:58) 

范増

初日・二日目とは打って変わって完全に飛信隊の優勢になりましたね(何より河了貂の軍師としての采配の的確さ、判断能力、この戦でますます磨かれている)
隊の一を担うのは誰の部隊かも気になります(個人的には我呂・岳雷辺りが馬呈・劉冬らの抑えとして適任かと)
後は紀彗軍が生みだした〝歪み〟を桓騎がいかに見極め、料理していくかも楽しみです(本当に河了貂の言う通り「うまくいけば三日目で丘の右半分を取れる(いや・・・それ以上かも知れない)という言葉が現実になれば、慶舎はどう判断して軍を動かすのかも見物ですね)
羌瘣も無事で何よりですが、またいつも以上に無茶をしないか心配です。
by 范増 (2016-01-21 13:24) 

エディフ

はじめまして!いきなりの長文失礼します。_(..)_
 いつもこちらのブログで管理人様、皆様のコメントを楽しませて頂いてます。

 今週は飛信隊の結束で押せ押せモードでしたね。飛信隊の正面から当たった時の今の強さには安心感すら覚えます。(^^)

 私は飛信隊が初任務の百人隊で趙将フウキを討ち取ったところをヤンジャンで読んでからのキングダムファンなのですが
その飛信隊がここまで成長してきたことがとても感慨深いです。

 そして次号から本格的に動き出すであろうカンキ将軍の“大人の戦い方”が飛信隊にどう影響するのか注目したいです。
by エディフ (2016-01-21 14:23) 

お名前(必須)

この勢いがかえって怖い…
中央丘占領後、実は丘全体が慶舎の巨大なクモの巣で、ガンジガラメに刈り取られるとか… な、ないよねっ!?(>_<)!?
by お名前(必須) (2016-01-21 17:01) 

とう

今回の戦はテンの巻きだったか〜^ ^

次の次くらいの戦から実力軍師テンの上を行く本能型信の覚醒かな^_^
by とう (2016-01-21 19:06) 

羽衣

前回お留守番、今回負傷離脱中(貢献はしたけど涙)のキョウカイも元気に活躍してる姿をそろそろ見せてください、原先生〜
by 羽衣 (2016-01-21 20:00) 

贔屓

来週楽しみですね!
余談ですが
キングダムとパセラのコラボレーション行きたいですね!
by 贔屓 (2016-01-21 23:16) 

三度の飯よりキングダム

管理人様

こんばんは!

今回は久々に鳥肌が立つというか身震いする回でしたね^ ^
次回が楽しみです!

冒頭のキョウカイが村に警告するシーンについてですが、コミックスの新巻を読むまでキョウカイが警告に行こうとする動きはすっかり忘れておりました(>_<)

新巻に警告に行くシーンが盛り込まれ、新巻発売後のヤンジャン冒頭で警告に行くとは、まさに抜群のスケジュール感ですね、、、

どうでもいいことに勝手に感心してしまいました

いずれにしても次週が楽しみです!!
by 三度の飯よりキングダム (2016-01-22 00:45) 

かずお

前のコメントにも有りましたが、慶舎将軍が初日以外動いておらず蜘蛛の巣がどう張り巡らせられたのかドキドキです。桓騎将軍も初日にゼノウ一家を動かしただけで大きな変更点はありません。いつもの桓騎将軍なら欺いている筈なんですが、今迄に比べて慎重な感じ。

信は羌カイ隊の勝利報告が無かった事を気にしてました。副長いなければ3000人の動きが悪い…辛いですね。因みに自分のお留守番部隊は郭備隊だと思ってます。800人程度で守るのでタフな人材と楚水副長も指揮は出来ます。目的は足止めでの時間稼ぎ。岳副長は攻めに強いので短期戦に持ち込みたい山攻めに回したいです。持久戦されたら背後がヤバくなります。郭備隊も限界がありますから。

あと管理人様、先日は失礼しました。
by かずお (2016-01-22 03:53) 

う~ん…(笑)

あれっ?
十周年記念グッズ特報の広告に、昌平君、呂布偉、漂がいないっ!!?
タジフって、隊長より立ち位置上っ??
将軍級の人たちは仕方ないにしても…
ま、まさか王騎と信に化けてるとかっ!?

あとオギコもいない(T^T)…(笑)(笑)
by う~ん…(笑) (2016-01-22 20:08) 

しゅうしゅう

老婆に羌瘣が話しかけたのは、飛信隊のもとに帰らなくてはといった日ではなく、敵の軍師を暗殺に行った時なのでは。

それと飛信隊は今のところ敵軍に軍師がいるのかいないのかよく分かってない状況ぽい。


by しゅうしゅう (2016-01-23 00:24) 

けな

こんにちは、管理人さま
いつも楽しく拝見しております。
飛信隊がついに戦局を動かしましたね!
でもこれって劉冬を今まで退けたキョウカイ副長の功績も何気に大きいのでは?
前半は劉冬にしてやられていましたが、不在になった途端テンの戦略戦術が活きはじめましたからね、劉冬が健在ならば大なり小なりもっと苦戦した筈
哀しいのは現状では誰もそれを知らないことですが^^;なんとか無事、もう無事ではすでにないのですが、帰還してほしいです。

さて、ついに動くお頭はここからどう出るのか?続きが待ち遠しいです。
by けな (2016-01-24 22:26) 

オギコ兵

今回の話は後に桓騎軍が村を襲う時にキョウカイ隊がそれを阻むという伏線かなと思ったりしています。
飛信隊が足元に来ただけであっさり紀彗将軍が討ち取られるようだと前回の鬼のような強さは何だったんだろうということになるので,もう少し頭脳戦を見たいですね。
by オギコ兵 (2016-01-25 13:49) 

けな

今回の飛信隊の活躍は表が貂、裏がキョウカイという構図なのかな、ちなみに隊長信にも頑張ってもらいたい所ですが、そろそろ魅せ場が来るか?
キョウカイ隊が鬼畜達から村を守るのはあり得そうだけど、今のキョウカイの状態を見たらキョウカイだけでは無理なはず
これは飛信隊自体がお頭のやり方に反発するフラグではないかと予想
キョウカイのことがなくても反発しそうだなとは思ってましたけど^^;
今回は大人の闘い=正攻法でない闘い方がテーマなのかも
キョウカイの夜襲、敵の奇襲に罠、渕さんの激流渡りと来て
満を持してお頭の登場というわけですね!
by けな (2016-01-25 17:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0