So-net無料ブログ作成

キングダム2015年三大ニュース

今年もブログをお読み頂き誠にありがとうございました。
キングダム本編は先週の「離眼の御印」で今年は終了いたしましたが、せっかくですので、ブログは去年同様三大ニュースで締め括りたいと思います。
ちなみに今年は信が毐国反乱の討伐に向かうところからスタートしました。



〜キングダム三大ニュース2015〜

第三位 渕さんの責任感

飛信隊では羌瘣、河了貂、我呂などが台頭してきており、もはや渕さんの活躍する場面はもうないと高を括っておりましたが、あの命懸けの激流越えには本当に感動いたしました。渕さん以外の誰も成し遂げることのできない偉業だったと思います。いろんな隊の組み合わせでできている飛信隊はある意味このような武力、知力が突出しているわけではない渕さんが副長の一人だからこそ、纏まっているところもあるんでしょうね。



第二位 昌平君出陣

昌平君が包雷を仕掛け、圧倒的な武力の差で戎翟の首を刎ねたことも衝撃ではございましたが、やはり一番しびれたのは呂不韋側を捨てて、大王側についた瞬間かなと思います。呂不韋に対し一言、世話になったと吐き捨てたあの瞬間は男を感じました。今後も秦国の頭脳としてさらに飛躍的に活躍が期待されますね。
いきなり楊端和を使うところも何か考えがあるに思えます。




第一位 政と呂不韋の戦いに決着

ついに長かった政と呂不韋の争いですが、大王側の完全勝利で幕を閉じました。思い起こせば本当に綱渡りの九年だったと思います。成蟜の反乱、政暗殺未遂を乗り切り、呂不韋が三大宮家を味方につけた時も成蟜を大王側に率いれ、力の差を埋めた。
そして、力が拮抗してきたところで、合従軍が発生し、秦国の滅亡の危機にさらされる。合従軍では各武将が奮迅の働きにより、函谷関を守るが、李牧に裏をかかれ、南道より敵の侵入を許してしまう。そこを政が蕞で迎え撃ち、山の民の力を借りて、撃退する。
毐国の反乱の際も、昌平君から事前情報を入手し、紙一重のところで、鎮圧する。
一つ何かが間違っていたら、政の国内統一はできなかったと思いますが、それを可能にしたのは政と政を支える仲間であることは言うまでもないですね。これからの秦国の飛躍を期待したいです。




番外編

今年は何と言ってもアメトークでの「キングダム芸人」によって、キングダムが一躍有名になったことが、ストーリー以外の一番のニュースでしょう。一気に人気が爆発し、書店からキングダムがなくなったり、アマゾンのコミックランキングの上位を独占したりと世間の認知度は今までの比にはならなかったと思います。きっと、このブログをご覧いただいている方もアメトークから入られた方も多いのではないかと思います。




私個人としても東京から京都に転勤したりと変化の大きい一年でした。来年は信は将軍になり、韓あたりは消滅しているだろうと邪推しますが、ブログは例年通りしっかり続けてまいりますので、ぜひ応援頂きますよう宜しくお願い申し上げます。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 6

クリリン

僕も天才・昌平君の抜群の活躍にはただただ圧倒されっぱなしでした。(合従軍でその力をふるえる立場にあるならば、また違った面白い展開になってただろうと思います)
呂不韋との9年に及ぶ長き戦いの決着も感慨深いものがありますね(個人的には信が昌文君にふって、昌文君が涙ながらにその9年間を振り返り、家臣一同号泣するシーンは印象的でした。心の底から報われたんだなぁと強く感じましたし。)…後は呂不韋との〝完全決着〟に向けて油断なく昌文君・昌平君らが目を光らせていれば万全でしょう(ただ呂不韋という男、タダでは転ばないからどうなるか目が離せない・・・)
来年は「黒羊丘決着」「韓国の陣容」「列国の動向」辺りを見れればありがたいですね。
管理人さん、今年もお疲れ様でした!来年もお身体に気を付けてこのブログを継続して下さい!微力ですが応援してます!
by クリリン (2015-12-30 13:36) 

謄

管理人様一年間更新お疲れ様でした!
来年も体に気をつけて
仕事とブログ更新続けてください!
来年もよろしくお願いしますw
by (2015-12-31 00:31) 

もち

管理人様、お疲れ様です(°_°)
ブログ続けてくださるんですね!ありがとうございますm(__)m
良いお年を!!
by もち (2015-12-31 21:43) 

キングダムファン

管理人さん、お疲れ様です。

我々、海外在住者は毎週ヤングジャンプを
買えないので、この様な感想ブログで最新情報を
知るしかありません。
(コミックが出たら取り寄せて買っていますが)

でも、管理人さんの詳しい描写により
毎回の状況が手に取るように分かるので、
助かっています。

2016年も楽しみにしています。
by キングダムファン (2016-01-01 03:08) 

かずお

あけましておめでとうございます。アメトーークのキングダムデヴュー、かずおです。あと連載が10年あるとして、2年で1ヶ国ペースですかね。あと10年は楽しめる漫画に出逢えた事に感謝して管理人様の気持ちを綴らせている秦国の方々にも感謝。これからも更新宜しくお願い申し上げます。

今回の闘い、まだ慶舎が少し動いただけで本格化に策を巡らせてないですな。それだけに不気味っす。
by かずお (2016-01-03 02:37) 

なかひと

明けましておめでとうございますー
昨年途中からコメント欄に参加させて頂いているなかひとです。
管理人様、皆様、本年もよろしくお願いいたします。

2015年は、私が働く書店でも、アメトーーク以来爆発的な売れ行きを見せたキングダム。
他の漫画も取り上げられてドカンと売れたことはあっても、ここまでの反応はありませんでした。私自身は、コミック担当時代から「この漫画人気あるな~」と思って販売していたものの、読んでいませんでしたが、あまりの在庫瞬殺ぶりに読み始めたらハマるハマる。
はい、アメトーークデビューです(笑)

最愛の登場人物は不動で王騎です。多分ずっと変わらず大好きだと思います。強さ、リーダーシップ、洞察力、魅力は挙げたらきりがないですね。
キングダムには、これからも史実に基づきつつ想像を超える壮大な展開を期待しています。

こちらのブログは、あまりにキングダム熱が上がりすぎてググりまくっていた時期から拝見しています。昨年勇気を出してコメントしてみて、さらに楽しくなりました。
管理人様、お仕事多忙なかただと思いますが、可能な限り続けていただけると幸いです。

2016年もキングダムを目一杯楽しみましょうね~
by なかひと (2016-01-03 06:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0