So-net無料ブログ作成

第453話 進軍の終着地

羌瘣の強襲は両者痛み分けとなったが、高台から落ちた羌瘣の傷は深かった。劉冬はすかさず部下に羌瘣を生け捕りするよう指示する。

信はうたた寝をしつつも、羌瘣の帰りを待っていた。そこに隊員から急いで天幕まで戻るよう伝令が来る。再び桓騎本軍からの使者が来ていたのだ。
信が天幕に戻るとそこには桓騎軍参謀の摩論がいた。摩論は二日目の作戦を伝えるために来ていた。内容は二日目から中央の丘取り合戦が始まるというものであった。黒羊の戦いは巨大な中央の丘を手にすれば十中八九勝ちを手に入れることができ、本日は双方の中央軍が進軍し、丘の斜面でぶつかり、覇をかけた領地合戦になると予想された。この戦いでカギを握るのは平地の左右の軍であり、中央軍が丘の前線の押し合いをしている最中に下から攻撃を受ければ挟み撃ちに合い、その部分は根こそぎ敵にとられてしまう可能性がある。しかし、逆もまた然りであった。
飛信隊と雷土隊が再び前線を押し上げ進軍し、丘の麓から槍をつきあげれば丘にいる趙軍は決定的な打撃を喰らうことになり、引いては桓騎軍勝利につながる。信はそれを聞き、約束通り持ち場の右をしっかり押し込めって話だなと確認すると、摩論は左様と言い、那貴より相対す敵手強しと言う報告があったものの、そこは自分で何とかせよと指示し、昨夜信が言い放った中央丘横まで軍を進めるというのは本日の最低限の約束だとした。そして、最後に桓騎からの今日飛信隊が失敗したら、砂鬼一家を信の元に送ると脅しをかけた。

黒羊の二日目の戦いが始まる。二日目、飛信隊は好調に軍を進めていた。しかし、河了貂は趙軍の力を軽いと感じており、違和感感じていた。
最前線の信が茂みを抜けるとそこには川を挟んで反対側の岸に万全の陣容で馬呈が待ち構えていた。岸辺の戦いでは陸地にいる方が十倍力を増すと言われており、飛信隊は早くも窮地に立たされていた。





まずは羌瘣が心配ですね…様子を見ると命には別状はないと思いますが、劉冬軍に捕まっていないか、傷の深さから黒羊の戦いに再び参戦できるか微妙だと思います。

信は再び馬呈と相見えることになりましたが、飛信隊はかなり不利な位置となっておりますね…川の深さはどれ位なのかによって、船が必要だったり、馬で渡れるなどあると思いますが、かなり苦しい状況には変わりないですね
河了貂の機転を期待するばかりです。
nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 12

クリリン

馬呈の敷く鉄壁の布陣。あれを破るには飛信隊どう動くんだろなぁ(川辺の陣の強さは通常の〝十倍〟って孫氏あたりの理論かな?)
この状況を突破して「中央丘横まで軍を進める」には、軍師河了貂の頭脳が必須ですね。
それで何とか雷土&ゼノウペアと飛信隊とで前線を押し上げて、挟撃の形を取れればいいだろうが・・馬呈であの布陣だったら(紀彗らはどうなるんだ?笑)と思わずにはいられないです。
次号、両者の繰り出す戦法が楽しみ。
by クリリン (2015-11-12 07:42) 

てつまろん

あの偶像は一体何なんでしょうか? ひょっとしたら黒羊丘に住んでる住民が作った、御守りみたいなものかな。
by てつまろん (2015-11-12 13:16) 

風

信の本能型の才はどこで開花するんですかね。
そろそろ飛信隊の見せ場が来ないと戦況も危うくなりますよ
by (2015-11-12 16:12) 

かずお

やはり侵略する側には地の不利を背負いますな。函谷関では守る強さを使えてましたが、今回は相手側に有利に働いてます。もし駄目で砂一家が来たら?

仲間に加えて翌日攻略しちゃえ?

羌様は傷が深そうです。尾平よ!居るなら救出せよ!多分桓騎軍と一緒に趙軍に紛れてそう…
by かずお (2015-11-12 18:25) 

ひで☆りん

 てつまろんさん、ほんと偶像のこと、気になります…(>_<)

「黒羊の先には行かせないっ!!」って劉冬がいってたので、離眼城に残してきた家族なのかと…

 信相手の会話ですが、砂鬼の名がこのタイミングででてきたのが気になります。まさか偶像絡みの民たちが…(T^T)

 以前どなたかがおっしゃってましたが、今回だけは趙軍にがんばってほしいです… 

桓騎軍の兵たちが強奪した金品身につけたりしてましたし、心配です(>_<)ゞ

 
by ひで☆りん (2015-11-12 18:59) 

きんぐだむ

キョウカイも一時戦線離脱、テンも後手後手、信は未だ本領発揮できず、、、
え?もしかして今回、尾平の成長ストーリー?それも有りな気がしてきた。
by きんぐだむ (2015-11-12 20:17) 

お名前(必須)

なるほどっ! これまでのテンのウザさ、キョウカイちゃんのあっけないやられっぷり、この後の信・挽回の軌跡だったんだっ!!

我々読者の鬱憤を晴らすべく、「ルアァァァッッ~~!」と
カマせっ! 信っ!!

みんな、期待してるんだっ!!!
by お名前(必須) (2015-11-12 20:43) 

離眼の民

桓騎に黒羊を取られたら離眼は酷い目に遭ってしまう。

紀彗、慶舎、趙軍のみんな頑張ってくれ!
by 離眼の民 (2015-11-12 23:29) 

しゅうしゅう

キョウカイはその後も史記に名前が出てくるので、問題ないのでしょう。

背水の陣ではなく、前面に水をふした相手に信がどう戦うのかが楽しみですね。
基本力攻めの武将なので、この辺で高松城を水攻めとか、鳥取城を兵糧攻めした頃の羽柴秀吉クラスの覚醒をしてもらいたいものです。


そろそろ挽回していかないと、カンキからのプレッシャーだけ増してきそうです。
by しゅうしゅう (2015-11-13 00:28) 

お名前(必須)

大将軍になった信と蒙恬率いる大を大撃破する項燕。統一目前の秦を逆に滅亡するやもしれない状況に持ち込む項燕。昌平君を担ぎ上げ、オーセン、モーブと戦う項燕。項羽の先祖、項燕。すげーよ。
by お名前(必須) (2015-11-14 23:34) 

毎回そうですが…

史実では滅ぼされてしまう趙。そんな趙軍に頑張ってほしいとは思わずにいられない!!信の活躍と趙の奮闘、この二つをなんとか両立してくれまいか…
by 毎回そうですが… (2015-11-15 22:57) 

言い忘れたが、

なんとか戦国七雄時代であることを自身に言い聞かせてマンガを読んでいますが、劉冬がギャル男にしかみえません。背景に109が出てきそうでなりません。なぜ彼は渋谷をでていってしまったのでしょうか…
by 言い忘れたが、 (2015-11-17 19:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0