So-net無料ブログ作成
検索選択

第452話 強襲の成否

初日の激戦から一転、静寂に包まれる黒羊の夜。趙の陣営は誰も破ること能わぬ堅牢なる陣であった。陣には幾人もの見張りがおり、近く者は例外なくその監視の網に引っかかるのであった。
しかし、羌瘣はその網を抜け、陣の中心の高台にある劉冬まで辿り着く。劉冬は偶像を額に付け、祈りを捧げていた。劉冬は羌瘣の気配を察知し、誰だと問う。羌瘣は劉冬の姿を見て、偶像崇拝か、軍の将にしては珍しいなと言う。そして、命を貰うぞ趙将と剣先を劉冬に向けた。
劉冬は妖の類か呟き、この陣に忍び込み、寝所まで来れる者がいると思えない、しかも女でと驚きを隠せないでいた。羌瘣はここにいるとだけ返す。劉冬はそうだなというものの、火に照らされた羌瘣は人ならざる者に見えたと話す。羌瘣は偶像にすがっているから、そう見えるのだと言い捨てる。劉冬は偶像はすがるものではなく、奮わせるものだとし、羌瘣に自らの命を賭して守るべきものを持っているかと尋ねる。羌瘣はむかし唯一のものを失くしたが、今は別のものを持っていると言い切る。
劉冬はそれを聞き、腰を折って悪かった飛信隊副長羌瘣と言い、事前に持っていた情報から羌瘣の正体を突き止める。さらに、副長自らの無謀を決意の深さの表れとし、敬意を払うが劉冬も倒れられぬ理由がある、秦軍を黒羊の先へ行かすわけにはいかんとし、剣を抜く。そしてその剣で、かがり火を払い落とす。それを下にいた兵士が見て、異変に気付く。
羌瘣は劉冬のその行動を元に突撃を開始する。羌瘣の足の速さは増していき、一気に最高速度まで上がる。しかし、劉冬と羌瘣の間に、ちょうど首の辺りの位置に糸が仕掛けられていることに気づく。速度の上がった羌瘣は直前で首を上げ、皮一枚切るものの、何とかかわす。しかし、体勢は大きく崩れ、劉冬の一振りを剣で防ぐものの、肩に喰らう。劉冬のさらもう一振りするが、それは舞い上がり、逆に左肩に一撃を喰らわせる。
しかし、羌瘣は体勢が崩れたまま、舞い上がったため、体を偶像を置いてあった棚に強くぶつけ、体が宙に浮いた。劉冬はその好機を逃さず、羌瘣の胸をめがけて一刀を振り下ろす。それを喰らった羌瘣は高台から落ちていった。




まさか羌瘣が隠密行動で返り討ちを喰らうとは…信じられない気持ちでいっぱいです。しかも、劉冬の一撃を喰らって、落ちていったことと、敵陣のど真ん中ということを考えるとまさに絶体絶命といえる状況でしょう。
しかし、劉冬が糸を仕掛けていたというのは何でなのでしょうかね…あれだけ万全な陣営なのに羌瘣の情報を元に暗殺があるかもしれないという推測で罠を仕掛けていたとも思えず、、、、偶像のお告げの方がまだリアリティがある気がしますが
nice!(1)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 13

クリリン

羌瘣の武技は言うまでもなく凄いが、劉冬もかなりの手練れですね。
あの「奮わせる」三つの偶像は何を意味しているのか気になります。
そして「黒羊の先」には何が待ち受けているのか?
双方すぐに決着がつかず羌瘣が外に投げ出されましたが、おそらく大丈夫でしょう。
次号予告の「新たなる戦い」に期待大です。
by クリリン (2015-11-05 08:21) 

う~ん…

う~ん 糸…

用心して張ってたんだろうけど、小柄なキョウカイの首元にぴったりの高さとは… 

普通、男を想定してもうちょっと高い位置に張るとおもうが…

キョウカイ見つけてから張ったわけでもなかろうに…

この高さだと小柄な信であっても、胸の甲冑あたりで防げてるとおもう。

無理ありすぎでしょ!?

しかも、無双のキョウカイがこんなトラップで~(T^T)

なんか昔、押忍!空〇部で、IQめっちゃ高い奴が、ビルで仕掛けてたような気もするし~(>_<)



by う~ん… (2015-11-05 10:40) 

かずお

用心深く、誰も近づけたく無かった糸罠。羌様が油断した訳ではないでしょうが相当癖の強い相手でしたね。

先週の話で思った…次回予告ではなく…んですが、羌様は相手を想っても、相手から想われる事に疎いですかな?と。将軍が仲間から想われるのは当然ですが、ソレを理解してなければ、今回の羌様の侵入は蛮勇になってしまいます。羌様が何とか帰還されると思いますが信はどう受け止めるか。無茶しなきゃいいが?と羌の行動を心配&不安視してました。まさかと思いますが信の甘えというテーマが羌の処遇でしたら厳しい話になりそうです。今までなら羌!大丈夫か!で熱い話になってましたが、今回は…と少し重い話かなと、間違った邪推してしまいました。
by かずお (2015-11-05 14:22) 

しゅうしゅう

暗殺者は何も語らずズパっていくべきなんでしょうね。
絵的にはおもろくないんでしょうけど。

長く語った分、相手に思考を整理して落ち着く時間を与えてしまいました。
by しゅうしゅう (2015-11-05 16:23) 

とまと

今回の戦は秦側をはっきりと侵略者として描いていくつもりですね、今回の羌瘣の件でわかりました。
敵側にも背負う者がいて、そういった者は強いのだと。
ただbyうーんさんの言うとおり、糸一本で劣勢になるのは少し無理がある気がしましたが…(苦笑)
羌瘣はいかにして帰還するのかという予想ですがここで例の黒羊の民がかかわってくる気がします。
羌瘣の単独潜入は孤立してしまった故出で来た策ということもあるし、思慮深い彼女のこと一応色々考えて勝算あってのことでしょう、現にすんなりと潜入できている。
しかし相手が悪かった、まさか彼女と罠があったといはいえ対等にわたりあう武将がいるとは本人も読者も思ってなかったでしょう(笑)そこは少々慢心があったと言えばそうでしょうが。
信はまた羌瘣を怒鳴り散らすんでしょうかね(汗)今回は心配から来る怒りだとしても、それなら貂が拉致された時こそちゃんと叱らねばならなかったってなるしな、そこらへんもどうすんだろうか。何だかんだわりとアッサリ帰還しそうな気もするけど。
とりあえずここで戦線離脱は悲しいので第2ラウンド期待します。傷が深くないといいけどな。
by とまと (2015-11-05 16:36) 

糸に注意

失敗さてここからどうやって逃げるのか。
自力でなんとかするのか。
黒洋の民が抜け道案内してくれるとか?撤退したはずの兵が命がけで助けてくれるか。
次週緊迫ですね。
by 糸に注意 (2015-11-05 20:51) 

贔屓

う~ん……さん、デビッドですね!
by 贔屓 (2015-11-05 23:52) 

皆様寒い中熱く語られているので私も参戦だ!

つらつらと箇条書きで失礼します。

・キョウカイは飛信隊という組織が彼女の離脱で弱体化するリスクを考えてくれ!
・彼女はもはや一兵卒ではな幹部候補、暗殺者の出でなら、暗殺者を養成するのが幹部だろ!
・趙将には正直暗殺されてほしくなかった。数人で背後を取ったのが好機なら、そんなこといつでもできちゃうようなことじゃないか…!
・無双は頼むからホウケンだけにしてくれ!これはドラゴンボールじゃない、中国史なんだ…!
・リュウトウの偶像崇拝はどうでもいい!笑(無念のうちに死んだ家族がどうたらこうたら…)
・でもキョウカイと信との関係が気になるな(他の方の指摘に納得)!
・リュウトウの髪型もそうだけど新キャラの容姿がなんだかモダン…何人も描き分けるのは難しそうね…
・キングダム好きです!
by 皆様寒い中熱く語られているので私も参戦だ! (2015-11-06 00:46) 

う~ん…

贔屓さん そうそう、デビッドっ!(笑)

むかし、あ〇ち充先生が自身の戒めとして「盗〇は、天知る・地知る・読者知る。」

とおっしゃってたような…

原先生に限って、そんなことは絶対にないと思いますが~(>_<)ゞ

(ちなみに先週の群青戦記の見開きページで、上の階を目指して光成(だったと思う…)の頭に手を乗っけて気合い入れるシーンがあったんですが、悔し涙の花道&慰める赤城キャップにしかみえませんでした…(T^T))

あっ、なんか苦言っぽくなってしまいましたが、

キングダム、大好きですっ!
今後の展開に期待っ!!
by う~ん… (2015-11-06 07:35) 

とまと

貂は策、協会は暗殺とそれそれの得意分屋で失敗していますね。
つまりこれまでの飛信隊のやり方は通じないと。
さて両腕が不能な今、信はどう打開していくのか。
それと否応なく巻き込まれていく罪なき民。
これらを絡ませて、大人への成長をどう描くのか気になります。
今回の協会の判断と失敗は彼女自身にも問題があったでしょうが、そもそも信と貂が判断ミスで策に嵌りで孤立してしまっているということをお忘れなく。
つまりすべての判断ミスが回りまわって悪循環となってしまっているのが今の飛信隊、さてここからどう打開していくのかと言ったところ。
それはちょっとと思うか方もいるし理由もわかるけど、やっぱどうせ暗殺ネタもってくるならスヒンと一閃でよかったな~と個人的には思いますがね。
飛信隊の成長のため、ならば致し方ないか。
by とまと (2015-11-06 10:24) 

お名前(必須)

項燕はどんな風貌かな?早く見たいな!
by お名前(必須) (2015-11-06 12:40) 

なかひと

今回はスヒンまでいかなかったですね(゚〇゚;)キョウカイが心配です。しかし、夜の場面だからか、コマ割が大きくて、映像でいうとカメラワーク?がじっくり練られている印象で、美しく感じました。糸にはムリがありますが、キョウカイを警戒して策を講じたのなら、身長など調べ尽くしたでしょうから、有り得るのかな~と。早く木曜にならないかな。
by なかひと (2015-11-08 18:17) 

名無し

別にきょうかいの首狙って糸張ってた訳じゃなくて、欄干に糸を固定してきょうかいが前傾姿勢で走ってきたから糸が首の位置になっただけでしょ。
別に糸自体で殺さなくても突っ込んで来た人が想定外の場所で引っかかって隙が出来ればいいだけだし。
by 名無し (2015-11-11 14:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0