So-net無料ブログ作成
検索選択

第450話 野盗の意地

慶舎でも見落としていた絶体絶命の窮地における元野盗特有の知恵があった。雷土はゼノウに対し火兎と鳴らせと叫ぶ。ゼノウと雷土は笛を口にし、戦場に響き渡る大きな音を出した。
それを聞いた桓騎軍は脱兎の如く我先に逃げ去った。火兎の笛は彼らが野盗団であった頃から使われている代物であり、修羅場では何度も耳にした笛の音であった。その意味は絶体絶命、完全包囲てあり、もはや隊ごとの伝令、号令は不要、この音さえ聞けば野盗時代に戻り、逃げるだけであった。
その様が軍の退却の姿とはあまりにもかけ離れていたため、さすがの岳嬰も固まらずにはいられなかった。岳嬰は無様で無秩序であり、殿もないその姿は山猿であると嘲笑った。
火兎を桓騎とリン玉は遠くから聞いていた。リン玉は包囲が狭まる前の火兎であれば二隊が壊滅することはないと推測し、桓騎は趙には素人丸出しに逃げているかもしれないが、一番多く助かる方法であると話す。
野盗時代、山々にひそみ秦軍に追われながらも捕まらなかった桓騎兵は逃げのプロであり、そのプロ達の経験から最も生還率が高いと生み出された逃げ方が味方を気にせぬ個の、逃げ方である。集で追ってくる敵の的となればひとたまりもないが、その間、他の多くが逃げる時間となる。そして何より倒れた仲間をも踏みつけていくその走りは追撃してくる岳嬰兵が目を疑うほどの速さであった。そして、もう一つの利点としては殿がいなかったため、将がどこに逃げたのかわからないということであった。

夕暮れ時、雷土とゼノウは中央丘の麓で偶然落ち合った。そして、ゼノウは考えることは同じようだなとつぶやき、雷土はそれに同意する。
雷土とゼノウは建設中であった中央丘の趙軍を急襲し、焼き払ったのであった。雷土は元野盗団の桓騎軍はどんなに下手をうったとしても絶対に手ぶらでは帰らないと豪語する。
慶舎は燃え盛る趙軍をじっと見つめていた。



桓騎軍の秘策が全力で逃げることとは策で翻弄してきた軍としては単純な感じがしましたが、単純であるからこそ、現実的であり、最も効果があるのかもしれないと感じました。
物の見事に窮地を脱することができましたし、逆に趙軍を焼き払うことにも成功。これで雷土側の戦いは五分に戻ったのではないかと思います。
また桓騎自身はまだ動いていないので、そろそろ動き出してほしいと思います。
nice!(1)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 13

クリリン

〝火兎〟恐るべし…単なる急場凌ぎの一手かと思いきや、起死回生の逆転の一手とは(軍としての機能を完全に無視するばかりか、規律もメチャメチャなのに、時にああいう結果を生み出すとは流石は桓騎軍)
この電撃的ともいえる異常な速さで砦化を目論む趙軍の中央丘を火の海に変えるとは凄まじいとしか言いようが無い(これで解ったのはゼノウはただの脳筋ではないという事か・・元々野盗団の親玉だし)
これにより中央丘の利を得たのが秦軍となった訳ですが、次号予告文を見るに慶舎ならではの特殊な夜襲を繰り広げそうですね(今回、初ですね。慶舎がマジで怒る顔は笑・・・雷土の「ぜってェ手ぶらじゃ帰らねェんだよ!」は決めてくれますね〜)
by クリリン (2015-10-22 08:04) 

きんぐだむ

桓騎の言う大人の戦い方ってのはこーいうことでもあるのかな?常識に惑わされるなっていう。軍はこうあるべき、普通だったらこうするだろう、という常識が通用しないから手の内が読めないし、臨機応変に対応できる強みでもあるよね。予想外の事態に陥っても慌てない判断力と決断力はさすがですね。飛信隊、このままだとおしおきコースだけど大丈夫かしらん。
by きんぐだむ (2015-10-22 11:03) 

ひで☆りん

でも… どうしても、
楽しく遊んでた子供たちの今後が気になります…(>_<) 原先生(&キョウカイちゃん!)、お慈悲をっ!! 
助けてあげてください~(T^T)
by ひで☆りん (2015-10-22 23:06) 

キングダム

>殿がいなかったため

「との」って、武将の事かと思ったら、
「しんがり」(撤退時の防御役)の事だったんですね(笑)。
by キングダム (2015-10-22 23:25) 

残兵の一人

火兎とは,野盗らしい面白い作戦でした。ただ,かなり包囲されていたのにうまく抜けられるとは・・・。
趙軍の砦を襲う場面はあまりに無理があるんじゃないかな。慶舎将軍は3大天に匹敵するほどの将軍なのだから戦場の砦建設中に守備兵を置かないなんておかしいですよね。
今回最後の展開は今ひとつ無理があったと思います。
by 残兵の一人 (2015-10-23 01:53) 

かずお

戦術や武力の衝突…これは武人としての戦場の生き様の筈ですが、盗賊には関係ない。手に入れる、生き残る、自分の欲求に正直に動く彼等とは慶舎達と噛み合わないのは当然ですね。しかしそれを戦場で実行するとは。本能型と本性型でした。丘の部隊も可哀想に…慶舎本隊に叩かれてると思いきや自分達の所に来て虐殺開始。陣を引くのも命懸けですな。
by かずお (2015-10-23 14:38) 

しゅうしゅう

元野盗達、逃げおおせたのは良いものの、敵の砦に火を放った後、どうしたんでしょうか。

そのまま闇に消えないと、自分たちがどこにいるんだか主張しているようなものなんですけど。

あと、信が2週続けて出てこないのは久しぶりのことでは。
by しゅうしゅう (2015-10-23 16:06) 

否定的な意見だけ書く

残兵の一人さん

それは違うねー。

趙軍もカンキ軍の逃げ方は初めての体験だったわけですよ。
完全に我を失って逃げ帰った相手に対し、数時間後に奇襲をかけてくるなんて考えもしなかった。
そこへ思いもよらなかった奇襲がきたわけだから油断してたわけですね。

残兵さんは人生経験乏しすぎて笑うねー。

虚を突かれるってのはキングダムでも初歩でやった戦略ですよ?

バカは小学校の教科書から見直して学びましょうw
by 否定的な意見だけ書く (2015-10-27 22:52) 

wao

通常なら工兵に護衛兵を付けるところを、包囲に兵を回していたために護衛不在だったのでは。
by wao (2015-10-28 15:05) 

残兵の一人

否定的さん,ばかはおまえだよw
人生経験とか使い方間違ってるだろが,馬鹿かおまえは!
高卒のくせに偉そうに投稿するな。
虚をつくのは相手の動きを十分把握している側がすること。負けて逃げた側がすることじゃない。
おまえ,もっと勉強してから出直してこいよw
馬鹿なんだからw

by 残兵の一人 (2015-10-28 19:24) 

趙軍の検討を祈る。

にしても岳嬰が山猿と叫んだとき、彼の顔のディテールの薄さから、死亡フラグを見たのは私だけか、、!
by 趙軍の検討を祈る。 (2015-10-28 22:40) 

リンボウよ永久に

>残兵さん

僕も最初読んだ時、「あれ、慶舎、結構な大軍を丘の上に送ってなかったっけ? 趙兵少なくね?」って思いました。笑

でもよく考えると、慶舎は「丘に登るフリ」して、麓を経由、桓騎軍を急襲する作戦だったのかと。

慶舎:丘の確保よりも桓騎軍の分断・包囲に主力を投入。
雷土:最初は慶舎に翻弄されるも、手薄になった丘の上を奇襲。

…かなりハイレベルな応酬。

でもこれを実行したのが総大将の桓騎ではないところに、桓騎軍の層の厚さを感じます。
by リンボウよ永久に (2015-10-30 10:24) 

お名前(必須)

コメント
by お名前(必須) (2015-12-24 15:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: