So-net無料ブログ作成
検索選択

第449話 蜘蛛の罠

自ら出陣する数刻前、慶舎はゼノウの快進撃を見つめ、不敵な笑みをこぼす。
岳嬰とゼノウ、雷土が相見える。岳嬰は戦で最も恐ろしいことは優位に立っていると思っていた状況が知らずに己の死地へと変わっていることだ、言っている意味がわかるかと勝ち誇って問うと雷土はわかるぜ、てめえがマヌケって意味だろと吐き捨て、両軍がぶつかり合う。
その歓声が趙軍本陣に届く。それを紀彗と金毛は耳にする。紀彗は岳嬰を心配するが、金毛は問題ないとし、紀彗の賭けより万倍安心できると返した。さらに慶舎自ら討って出たので、ゼノウ、雷土は終わりだと切り捨てた。紀彗はそれを聞き、慶舎は聞いていた以上に恐ろしい方だと感じた。慶舎が自ら出陣するときに紀彗に桓騎の片腕が砕ける音を聞かせてやると言い残していた。

尾平は慶舎の振り下ろした刃を槍で何とか受けるも、その重さに槍はへし折れた。その後、尾平は馬に轢かれ、弾き飛ばされる。
桓騎軍は慶舎の奇襲を止められずにいた。慶舎は後続も徹底的に叩くことにより、頭と分断させようとした。
精鋭部隊を率いた慶舎は中央丘の裾を斜めに走り、一気に樹海の地を飛び越えた。そして、雷土隊を追っていた尾平達二列目を真横から奇襲。この奇襲により、二列目は完全に足止めされ、前方の雷土、ゼノウ隊は後続を失い孤立する。さらに慶舎軍右翼の各隊は続々とその雷土隊の方へ行軍しており、雷土、ゼノウ隊は気付かぬ内に孤立、包囲の窮地に陥っていたのだ。

金毛は遠くからその様子を見て、李牧が本能型の蜘蛛であると例えていたことを話す。見えない糸で巣を張っている恐ろしい蜘蛛であり、敵は好機と思い近づくと知らぬうちに絡め取られて骸になる。その結果、初日から桓騎は片腕を喰い潰される羽目になったとつぶやいた。

雷土は後続が来ないことに焦りを感じていた。後続を呼びに行った伝令は二列目が来るはずの道で敵と遭遇したことを報告する。雷土はゼノウ一家の暴れっぷりを見ても岳嬰が余裕ヅラをしている理由を理解する。雷土はこんなに綺麗に桓騎が嵌められたのは初めてだと感じていた。
雷土の言葉通り、この分断、包囲の危機は桓騎の予測を大きく越えた事態であった。だが、慶舎も一つだけ気づいていない部分があった。包囲を受ける雷土、ゼノウの面々は元大野盗団ならではの知恵を持っていたのである。




雷土、ゼノウ一家がどうこの状況を切り抜けるか気になりますね。大野盗団ならではの知恵というのは何なのか。何か地形を利用することによって、敵の目を欺き、危機的状況から抜け出すとかですかね〜
しかし、桓騎軍は今のところやられっぱなしなので、逆転の一手がほしいですね。桓騎も実際どこにいるかよくわかりませんし。実は中央丘の上にすでにいるとかかな…?
nice!(2)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 14

クリリン

敵を踊らせるはずの桓騎が逆に踊らされるとは珍しい展開ですね(雷土も歯ぎしりする程の嵌められっぷりだし、慶舎個人の武も意外と強い…)
このままだと金毛の言う通り見えぬ糸(罠)で絡め取られる羽目に複数隊陥りそうですね(飛信隊も包囲分断されなきゃいいが・・・)
元大野盗団ならではの〝知恵〟って一体何なんだろう…その知恵でこの劣勢が覆るんだろうか不安です(桓騎軍にしか解らない目印による合図の連携か、危機を他軍に知らせる独自の方法か、この苦境をいかにして打開するのか楽しみ。)
桓騎も平静を見せるも内心焦ってるかもしれませんね。雷土らが遠くにいる桓騎に何らかのメッセージを伝えて、反撃に移れば僅かではあるが逆転の目が出るかも。
にしても慶舎の〝本能型〟には改めて恐怖を感じます(岳嬰・金毛の言う様に戦場全体が蜘蛛の巣におおわれて知らぬ間に死地に陥り、最後は骸となる。もし黒羊丘の開戦当初から自領の地の利を活かしてあちこちにまだ巣を張り巡らしていたとすると、この戦、末恐ろしい…)
by クリリン (2015-10-15 07:42) 

お名前(必須)

金目の物でもばらまいて混乱させるのではないかな。あるいは煙幕とか。
by お名前(必須) (2015-10-15 09:47) 

お名前(必須)

盗賊は夜の暗闇で本領発揮か!?
by お名前(必須) (2015-10-15 12:33) 

オギコ改めてゼノウ

桓騎は慶舎がそうくるのが分かっていてゼノウを行かせたと思います。罠にはまったのは慶舎では?
さすが桓騎
by オギコ改めてゼノウ (2015-10-15 12:55) 

とう

2列隊潰しても強い3列隊4列隊が次々来るから逆にケイシャ挟まれるんじゃないの
by とう (2015-10-15 13:14) 

高橋紹雲

雷土とゼノウが前進するのか後退するのかで変わってきますね(^^)
前進なら野戦築城からのゲリラ
重火器とも思いましたが、密林では、、いや一帯を焼き付くすのもアリ?

それとも撤退戦に圧勝してケイシャを逆包囲!?

1つ言えるのは、来週が楽しみだということ(^○^)
by 高橋紹雲 (2015-10-15 19:08) 

N村

 雷土さんは、廉頗四天王の介士坊から逃れた前歴がありますね。今回は、どうやって逃れるか、それとも逆に叩き潰すのか、興味がつきませんね。

 
by N村 (2015-10-15 23:08) 

キングダムファン

>元大野盗団ならではの知恵。。。

まず考えられるのは森に放火で相手を混乱させる事かな。その混乱の中で、趙兵又は現地住民に化けて包囲を脱出するとか、現地住民を人質にするとか、普通の正規軍では出来ない様な禁じ手を使ってくると思う。
by キングダムファン (2015-10-16 01:07) 

カイネン

夜盗の知恵で驚かされるかと思いきや,元々北方の異民族と戦っている趙軍が・・・って展開のような気がします。
by カイネン (2015-10-16 14:58) 

しゅうしゅう

さすが多くの戦で生き残ってきた尾平。

隠れ方も様になっておりました。

趙は長平の戦いと、その後の秦との戦いで将の多くを失っている(信に多くの武功をたてさせたのも趙)ので、カンキを凌ぐまたは匹敵するほどの人材が李牧以外にそんなにいるとは思えないのですが、、、
by しゅうしゅう (2015-10-16 15:01) 

とある羌瘣

非道さを盾か武器にするのかな
死体や生体を使用して相手の士気を下げまくるとかさ
あの廉頗四天王を入れ替えさせた戦略もそれだし
戦闘中に人間をグロテスクに扱える程の非道さを使えば形勢は翻りそう
生きてる人間を使えばなおさら相手はうかつに飛び込む気力すらなくなるし
桓騎軍だからこそのそういうの希望
by とある羌瘣 (2015-10-16 18:24) 

汚物は消毒だ!!

僕の予想ではやはり放火かなと。合従軍でも下から放火して上の奴らを焼いてたんで中央の丘を焼くんではないかと思ってます。

また、今後の展開として原住民と何かしらつながりがあるのかも知れないと思っています。大盗賊団ともなると強さや凶悪さだけではなく、仲間以外にも裏で色々な人物とのつながりがないとやっていけないと思いますし。
by 汚物は消毒だ!! (2015-10-18 18:52) 

かずお

月曜日は40巻発売日。また一から読み直す笑

雷土も腕力馬鹿ではなく周辺に目配せ判断して状況打開計る盗賊策士。慶舎を慌てさせてくれ!介子坊の猛攻を凌いだ実力の片鱗を。

尾平って実は将軍級の打撃を受けてるにも関わらず生き残っている実力者?かしら。
by かずお (2015-10-18 23:31) 

なかひと

今日は40巻発売ですね~!
休憩中に職場の書店で購入し、震えながら読みたいと思います(笑)リアルタイムで読み始める直前なので楽しみこの上なし!!

尾平が簡単にやられはしないと思っていたものの、ドキドキしました。慶舎の計り知れなさもあり、来週が気になる…
慶舎から同じ髪型を強制される夢を見てうなされた初心者でした。
by なかひと (2015-10-19 02:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: