So-net無料ブログ作成
検索選択

第448話 戦場の匂い

黒羊丘の攻防戦が激化。序盤に飛信隊が趙軍の奇襲を受け、秦軍は劣勢に陥っていた。
飛信隊は相対する馬呈、劉冬の巧みなゲリラ戦術に苦戦し、前線を押し戻せずにいた。そして、趙軍の本軍の先鋒隊は早くも中央の丘にわずかなところまで進軍していた。
慶舎は自身らのいる本陣はまだ登らないとした。金毛は軍が丘上に展開する間が最も無防備であり、本陣を上げるのは先鋒隊が砦の基礎を築いてからでも遅くないと慶舎の意見を支持した。紀彗も岳嬰同様に慶舎は用心深い人間だと感じていた。しかし、慶舎は用心深いのではなく、まだ下で桓騎の匂いを嗅いでないからだと否定する。
慶舎のいる本陣から程ない場所で歓声が沸いた。そこではゼノウ一家と雷土の部隊が趙軍を蹴散らしていた。二列目の尾平も後に続いて参戦するために走っていた。その脇に中央の丘を確認する。その大きさは山に近く、それを砦化したら手も足も出なくなってしまう状況であったため、桓騎は奥の手のゼノウ一家を序盤で使ったのであった。

趙軍本陣に右翼前線が決壊した伝令が入る。紀彗は樹海地で敵を抜けるのは相当な力の差があり、桓騎が最強部隊を投入したことを察知する。そこに中央先鋒隊より丘に登る準備ができた報告が入る。紀彗は慶舎に対し、丘を登ろうとする隊の横腹を狙われる可能性を示唆し、先鋒隊の丘への移動の取りやめを進言する。
しかし、慶舎は紀彗に対し、無用な口出しであり、今は慶舎と桓騎の間に割って入るなと紀彗の意見を退け、先鋒隊の丘への砦化を命令する。

丘を登る趙軍を雷土は確認する。雷土は麓で登り待ちをしている軍の横腹を食い破るべく、ゼノウを率いて軍を展開する。しかし、その行動は慶舎はすでに読んでおり、岳嬰隊に木をなぎ倒させることにより、道を塞いだのであった。

また、慶舎は自ら出陣し、桓騎軍と刃を交える。そこには尾平がいたのであった。




いきなり尾平大ピンチになりましたね。九死に一生の状況ですが、運はとても強いでしょうから、何とか生き残るとは思いますが…
しかし、慶舎が桓騎軍と交戦した理由は何でしょうか…本能型の人間として、桓騎を一度見ておく必要があったから…とかかな?
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 8

クリリン

あの慶舎が大胆にも尾平の列に乗り込むとは意外ですね(「まだ下で桓騎の匂いを嗅いでいないからだ」と言った直後に総大将自ら桓騎を見極めようとするとはどういう真意なんだろう…)
にしてもあんな広大な中央丘の砦化など桓騎軍を寄せ付けないまま迅速に完成出来るんだろうか・・・桓騎も雷土・ゼノウを使った猛撃を岳嬰に足止めされるし…(地の利は趙軍にある分、未だ飛信隊をゲリラ戦術で寄せ付けない上に↑の展開か…このままじゃ中央丘が近いのに遠い存在のまま両軍膠着状態に陥る可能性がありますね。)
今回の桓騎は如何な奇策を用いるのか?過去の戦を省みるに、敵兵偽装による奇襲・本陣を捨て行方を眩ましてからの奇襲等々あったと思いますが、中央丘が砦化されるまでに敵主力を分散させてまた度肝を抜く様な奇策・奇襲を見てみたいです。
後々紀彗の進言を無下にすべきではなかった展開に桓騎らが持っていければ、勝機が見えてくるんだろうが・・・次号も楽しみです(ゼノウの親分おっかなかったなぁ…得物の鉄球の威力、軽く蒙武を超えてた様な・・敵兵だけじゃなく馬の眼球まで飛ばすとはグロい)
by クリリン (2015-10-08 08:00) 

オギコ無双

慶舎は本能型の武将といってもヒョウ公将軍のような戦場をかき回して、炎の中心に突撃するタイプではなく、自ら網を張って獲物を捕まえるタイプ。どんな意図があるのか現状では図りかねますね。

個人的には今回の戦いは、黒羊の住民と伝令以降登場していないオギコがキーポイントになると思ってます。(願望(笑))
by オギコ無双 (2015-10-08 08:50) 

N村

黒羊の住民には、キョウカイが向かってましたね!
キョウカイがやはり重要なカギを握るのでしょうか?

 信、キョウカイに将軍昇進を越されるぞ!(笑)
by N村 (2015-10-08 12:26) 

ひで☆りん

う~ん… 武力低そうな慶舎(尾平でも勝てそうっ!?(笑))が先頭きって突入… まさかの無双とか~? なんか無理とゆぅか、不自然さを感じるのですが~^_^; 
by ひで☆りん (2015-10-08 19:27) 

とある羌瘣

慶舎は桓騎の力を早目に知りたいはずでしょうね、そのためにこんな早い段階で直接前へ出てきたのかと
直感型は前線でなお発揮力が増しますからね
騰との戦で呉鳳明が言っていた
「これからは同世代である李牧や私が舵を・・・
秦では桓騎が宿敵であると・・・」
とか言っていたので、秦国の同世代で合従軍、廉頗戦でも名を上げているし
尚更秦国の名のある将軍は同世代では桓騎しかいないから
興味があるのは当然なのかなと思うし
桓騎の戦略は今までの常識では通じないと考えててもおかしくないので打って出たのかと
by とある羌瘣 (2015-10-09 09:08) 

沸騰

慶舎の出陣は明らかに火の付け所を見つけに動いた印象ですね。
二列目ということはいきなり恒騎と鉢合わせになることも予想されますね。
慶舎の描写が毎回かなり大きくインパクトがあるので、武将としての格はかなり高く奥深さを感じます、
慶舎の部下の能力もまだまだ計り知れませんので、この先も恒騎は苦戦を強いられそうですね。やはり飛信隊の活躍から目が離せません!(が、この戦場において信・貂が活躍している絵があまり浮かばないのも寂しい、、頼みの綱はキョウカイの働きですね、、)
by 沸騰 (2015-10-09 10:41) 

オギコ隊副官

砂鬼一家はいずこに?
後列からこのまま慶舎軍とぶつかるのか?
はたまた別働していて飛信隊を援護するのか?
それともやはり村を襲うのか?
不気味だ!
by オギコ隊副官 (2015-10-09 14:46) 

なんでだろぉ~?

臭い嗅ぎかなんかわからんが、敵陣まっただ中を大将が俳諧… なんで取り囲まれないんだろう~?? 砂鬼君たち、刈ってあげなさいっ!!
by なんでだろぉ~? (2015-10-14 16:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: