So-net無料ブログ作成

第427話 決意の言葉

壮絶な過去を乗り越えてきた政が語る人の本質は光という思想。それは一堂に驚きを与えた。
政は九歳の時に紫夏が身を盾にして趙から救出してくれたことに触れ、その時に初めて人の優しさと強さと強烈な光を見たと話す。初めは紫夏だけの特別なものかと思っていたが、そうではなかったのだ。王騎、麃公、成蟜、ヒョウも形、立場が違えどみないちように自分の中心にある光を必死に輝かせて死んでいった、そしてその光を次の者が受け継ぎ、さらに力強く光輝かせる。そうやって人は繋がり、よりよい方向へ前進する。人が闇に落ちるのは己の光の有り様を見失うから、見つからず、もがき、苦しみ、悲劇が生まれる、その悲劇の最大が戦争であるため、この世から戦争をなくすと宣言する。
呂不韋は武力でですかと問うと政は武力でだと返す。政は戦国の王の一人として、戦争から離れられぬ運命にあるため、暴君と言われようと自分の代で中華を分け隔てなく統一し、戦争を終わらす、そうすれば政の次の代は人が人を殺さなくてすむ世界になると豪語する。
呂不韋は政の発言に言葉を失う。そして、大王の語る世と呂不韋が語る世では前提が違い過ぎるため、もはやこれ以上語り合っても平行線でしょうと話す。しかし、呂不韋はそれにしても大きゅうなられましたな大王と続ける。
そして、貨幣と光、相対する二人の野望の行方は激戦の渦に沸く咸陽に託されるのであった。



さすが政ですね。大きい理想をもとに何一つブレない考えがある。その理想に呂不韋でさえ、心が震えたと思います。しかし、呂不韋の考える世界も決して間違いではなく、このままだと平行線を辿るため、行く末を咸陽に任せることになりましたが、何もしてでも信に咸陽を守ってもらわねばならなくなりましたね。


皆様に報告がございます。皆様の応援をいただいたお陰で累計100niceを達成いたしました!ありがとうございます!!これからもしっかり続けていきますので、是非ともよろしくお願い申し上げます。

また、4月23日ですが、中国の出張が入ってしまったため、ブログの更新が遅れてしまいます。土曜日にアップしますので、何卒よろしくお願いします。
上海に行くのですが、当時で言うと斉になるのかな?
nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 7

コメント 8

クリリン

なるほど、政の言う「光」の解釈の深さに納得です。
旧世代における争乱の悲劇をこれまでの各国の王は、鎮めて自領にする事が当然で今まで時が流れてきたのでしょうが、戦争そのものを武力によって無くすという考えは後世の民の安寧の為にはやはり必要だと私も思いました。
今号の極め付けは「人が人を殺さなくてすむ世界となる」ですね。(完全にそれを言い切ってるのと、この政の発言により、蔡沢・李斯も後々政の元で才を発揮してもらいたいと願います)
にしても、呂不韋のあの仕草には驚きですね。(政の産まれた時から今まで陰日向で見守ってきてたのかな…)
兎にも角にも、咸陽攻防が早く決着して政の覇道の具体論を聞きたいです。


by クリリン (2015-04-09 07:59) 

お名前(必須)

はじめして、クリリンさんのコメに横槍入れる形になりますがコメントさせて下さい。

〉にしても、呂不韋のあの仕草には驚きですね。(政の産まれた時から今まで陰日向で見守ってきてたのかな…)

呂不韋と政の間には、『ある有名な説』がありまして…
私は連載開始当初から、原先生が『その説』をどうするのかが気になっていました。
非現実的と否定する見解も多い様なので盛り込まないのか。
やはり歴史浪漫という事で盛り込むのか。

既存作品の中でこれまで描かれてきた始皇帝像を、キングダムという作品の中で、良い意味でも悪い意味でも打ち破り続け、(我々一般人にとっては)新しい始皇帝像を打ち出してきた原先生の事ですから、どちらを採る事もあり得るなと思ってきました。
呂不韋との政争の決着が近付こうとする度に、どうなるのかが楽しみでありました。

しかし、413話「祖霊の声」で歴代秦王達の霊が政を『我が子』と祝福する場面があったので、原先生は『その説』は採らない(否定する立場)のかと思いました(天から見守ってきた祖霊達は全ての真実を知っていると思うので)。

が、今話の最後での呂不韋の仕草態度を見るに、やはり原先生は『その説』を採るのかとも思いました。

結構有名な説だけに、始皇帝を題材とする以上、『その説をどう扱うのか』は避けては通れない問題だろうと思います。
にも拘らず、これまで伏線らしき事が何も描かれて来なかった(二人の間柄はあくまでも政敵)のは、多分、原先生も盛り込むのか、盛り込まないのか、どうするのかについては 相当悩まれたんじゃないかなと、私は思います。

私としては、この後にもう少しそれらしいと窺わせる様な描写をしておいて、真実は「読者の皆さんの想像にお任せします」的な風にして欲しいなとも思います。
多少それくらいの謎が残った方がまた浪漫があって良いとは思いませんか?

管理人さんはどう思われます?

長文失礼いたしました。
by お名前(必須) (2015-04-09 15:57) 

クリリン

名無しさん、初めましてクリリンです
僕もその説は正直、中一の時に初めて知ったのですが、そういう謎を残す描き方はキングダムにおいてアリなんじゃないかなと思ってます。
しかしながら、今日に至って様々な歴史家が「否定説」を唱えています(やはり明確な証拠が不十分だからでしょうが…)
いずれにしてもこの問題の結末の描かれ方が楽しみですね!


※管理人さん、出しゃばってすいません


by クリリン (2015-04-09 17:03) 

堯

流石…苦境を潜り抜けてきた政だなと圧巻の一言でしたね。後々の事を考えるなら暴君と呼ばれようとも武力で戦争を無くす。その信念を曲げずに突き進む事は誰もが、出来る事ではないと思います。
今後の行く末を咸陽に委ねましたが、次回の展開も楽しみてます。
by (2015-04-09 22:19) 

城戸村の住人

管理人です。反応遅れてすいません。
正直、私は中華の歴史はあまり詳しくないのですが、噂には聞いております。
少なくともキングダムにおいては私は否定的です。理由としてはそれが本当であれば、さすがに命の取り合いまでやることはないと思うからです。
呂不韋ならありえるかもしれないですが、それだとホント政がかわいそう…
by 城戸村の住人 (2015-04-10 07:30) 

チェキ

その手の問題は女性側つまり太皇しか分からないと思いますね
もしそっちの話で行くとしても
知らないまま争っている可能性が
高いと思います
そう考えると切なくなりますが
話としてはベタな感じになるので
ひとひねり欲しいところでしょうか?
by チェキ (2015-04-10 14:38) 

徐福

ずばり太后が荘襄王にもらいうけられる前に呂不韋の
子を身ごもっていたとする説ですが、史記呂不韋伝
「呂不韋取邯鄲諸姬絕好善舞者與居,知有身。子楚從不韋飲,見而說之,因起為壽,請之。呂不韋怒,念業已破家為子楚,欲以釣奇,乃遂獻其姬。姬自匿有身,至大期時,生子政。子楚遂立姬為夫人。」
始皇帝の時代から噂になっていたとかで、秦を滅ぼした漢の時代では肯定、現在では否定的な見解が主流派とか。

まあ禅問答のような仲父と政の対話より問答無用
の信の戦いが気になります。

信はこの戦いの功績で将軍へ昇進できるのか?

政を日本の戦国ヒーロー信長の置き換えると
天下統一へ乗り出す前の領国支配の確立
編でしょうか?



by 徐福 (2015-04-10 23:32) 

N村

 上海なら、楚ですかね?
 お気をつけて!

  更新楽しみにしてます。
by N村 (2015-04-13 22:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0