So-net無料ブログ作成

第426話 人の本質

問い詰められた政の周囲に満ちる謎の声と光、中華の行く末を決める対談は佳境へと進む。
呂不韋は言葉を発しない政に対し、己の描く道が誤りであるとようやく気づかれましたかなと尋ねる。しかし、政の目にはしっかりとした意志が宿っていた。瑠衣は政に寄り添うように漂う光が呂不韋や李斯達には見えていないことに気づく。
政は口を開く。呂不韋が口にした為政は所詮文官の発想の域を出ないものだと一蹴する。戦いに向き合わぬ為政はいかに耳に響きのいい言葉を並べようとも今の世の延長にしかならなく、一時和平協定の下、富で他国と繋がろうと各国が力を付けきったところで、再びより大きな戦争期間へと突入する。五百年続いた戦争時代が結局のところそのまま続いていく。手前勝手な現実という言葉で問題に蓋をするのではなく、人の世をよりよい方向へ進めるのが君主の役目であり、それが戦国時代を終わらすことであると断言する。呂不韋は政の言葉を妄想の道だと切り捨て、戦争は人の本質の表れ、人の世の営みの一部で、その否定は人の否定であり、現実を受け入れて為政に挑まねば世は前進しないと言い切るが、政は違うと叫び、呂不韋は人の本質を大きく見誤っていると豪語する。その言葉に場は静まり返る。
再び政が口を開く。確かに人は欲望におぼれ、あざむき、憎悪して殺す凶暴性も人の持つ側面であるが、本質ではない。その見誤りから争いがなくならぬと思い込み、その中で最善を尽くそうとしているが、それは前進ではなく、人への諦めである、そこに気付かぬが故にこの中華は五百年も戦争時代を続けていると言う。
呂不韋はそれでは大王の言う人の本質は一体何なのか、邯鄲で正に人の闇に当てられた悲惨な経験を踏まえた言葉でお聞かせ願おうと言うと政は冠を外し、無論だ、おれの歩みはあそこから始まっていると言う。
政は趙にいた時代、国外に逃亡する際、全くの赤の他人の政のために命を張って守った紫夏を心に思い出していた。

そして、政は人の持つ本質は光だと口にする。



さすが政です。呂不韋の完璧と思われた持論を否定し、政の持論を展開する。呂不韋の持論を人への諦めというのはその通りであり、確かに諦めた時点でそこで発展は終了だと思います。
しかし、正直呂不韋の言っていることもまだ私の中では正しいと思うところもあります。
光が人の本質であれば、またその闇も人の本質ではないかと思います。
世の中に性善説と性悪説があるように両方本質であるが故に世の中が成り立っているのでないかと思ってます。
何れにせよ、来週が楽しみです。
nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 6

クリリン

今回、王の説得力と最高文官との説得力の違いが明らかでしたね。
やはり五百年の長きに渡る争乱の世を正すには政の言う様に戦国時代を終結させる事が非常に重要なんだと思いました。(呂不韋の言い分にも納得する部分はあったが、現実的に乱世が終わるとは思えない思想だった)
それと「人へのあきらめ」故に戦争時代が加速する理屈も理解できます(蔡沢もその意味の深さを知っているだけに胸が痛んだのでしょう)
最後の「人の持つ本質はー光だ」は素晴らしいですね…この乱世においても一縷の望み、人の可能性を政はあきらめてないんですね。
by クリリン (2015-04-02 07:00) 

NO NAME

少し論点がずれてきたなあという感想です。
リョフイが語っていたのは、
戦争で統一するよりましという観点でした。
今回の政の発言は武力統一なので、
再度それに対するそれよりましという反論もできますがね。




by NO NAME (2015-04-02 18:11) 

N村

 呂不韋と政のやりとりで、万極と信のやりとり(合従軍で万極が信に斬られるシーン)を思い出した人は私だけでしょうか?
 
 今の歴史に残っている始皇帝の話は、相当に漢の時代に漢の都合のいいように脚色されているであろうから、真実の始皇帝はこのように理想に燃えていたかもしれない・・と思わせるいいシーンではないでしょうか。

 
by N村 (2015-04-03 18:55) 

不良胃

始皇帝は李牧もそうだったように、即位後も蒙恬を北方に張り付け、各国が作った長城を拡張する事に国力を傾けました。北方騎馬民族に対抗するためには中華内で争っている場合ではないと思っていたのではないでしょうか?
通貨については中国はローマと違って貴金属の産出量も少なく銅銭しか造られなかった事もあり、貨幣経済で国を動かす事など出来ませんでした。従って生産の原資としての土地の取り合いが起こり、戦争による解決しかできなかった様です。
by 不良胃 (2015-04-04 00:59) 

堯

遂に政の反撃が始まりましたね。でも、まだ呂不韋の言っている事も正しいと思います。
早く続きが見たいです!!
by (2015-04-06 14:44) 

ひろ

初めまして、3ヶ月ほど前から読ませて頂いてます。このシーンは性善説対性悪説の様に感じました。
今の平和な世の中では様々な物事が性悪説に基づいて律されていますが…だからこそ政の言葉に(正直に言えば少し違和感を感じつつも)魅力を感じるのかもしれません(^-^;
by ひろ (2015-10-02 15:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0