So-net無料ブログ作成
検索選択

第314話 「至強」決す~中華最強~

媧偃は汗明と蒙武の戦いの場を目指して進む。蒙恬も後を追いかけるが、媧偃は迂回しながらも楚兵の中を進んでいるのに対し、蒙恬は最短距離ながらも混戦の中を通っているため、時間がかかっていた。
函谷関攻防の戦局を左右するこの一騎打ちに楚軍も秦軍も固唾を飲んでいたが、もはや汗明も蒙武も頭の中には戦のことなどすでに消えていた。あるのはただ目の前の相手を叩き潰すのみ。そして、お互い渾身の一撃を振り下ろす。互いの武器がぶつかり合う。度重なる攻防にそれぞれの武器は限界の来ていたが、汗明の武器だけが先に砕け散る。汗明はすかさず背中の剣を取ろうと手をかける。蒙武が最後の一撃を汗明に振り下ろそうとした瞬間、媧偃が蒙武の後ろから襲いかかる。その気配を感じ、蒙武の動きが止まる。だが、武人としての心が働いたのか、媧偃は攻撃を躊躇してしまう。そこに遅れて辿り着いた蒙恬が媧偃に襲いかかる。媧偃は蒙恬に反応し、攻撃を仕掛けるが、蒙恬はそれをかわし、首元に剣先を突き刺す。だだし、それは浅く、蒙恬は媧偃の反撃を喰らい、飛ばされ、汗明と蒙武の間に入ってしまう。そのことに蒙恬は汗明の怒りを買ってしまい、右肩から左脇腹にかけて致命的な一刀を喰らう。目の前で息子を切られた蒙武は怒り震え、汗明に最後の一撃を振り下ろし、汗明の頭は潰される。ついに至強が決したのだ。


ついに汗明と蒙武の戦いに決着がついた。しかし、その代償として蒙恬を失う。蒙恬の生死は不明だが、少なくとも合従軍との戦いに復帰することはできないであろう。蒙恬は秦軍の中で誰よりも広く、戦局を見ることができ、今後の秦にも必要な存在であるため、絶対に生きていて欲しい。
しかし、蒙武の一撃は凄かった。汗明の顔が削り取られてた。龐煖がいるので、何とも言えないところはあるが、とりあえず中華最強を名乗っても過言ではないだろう。ぜひ次は蒙武対龐煖を期待したい。
来週からは合従軍がどう撤退していくかになっていくだろう。攻城戦も決定的ではなく、燕は撃退され、楚は二人も将軍を失った。趙との戦いはわからないが、膠着状態であれば、もはや合従軍は確実に勝てるとは言えなくなる。そこに斉の存在があれば、各国撤退するに違いない。


以前よりこの「1001人目の飛信隊」ブログに応援メッセージを頂きまして、本当にありがとうございます。皆様の声援がブログを書き続ける原動力となっております。
中村勘九郎氏との対談にて原先生はキングダムを書き上げるには60〜70巻までかかるとおっしゃっており、私もキングダムが続く限り、毎週ブログを書いていこうと思っております。
ちなみに私がブログを始めたきっかけは戦国の世といえども李牧の合従軍という卑劣なやり方に納得がいかなく、様々な人に訴えたかったというのが始まりです。
今後も朝の通勤電車の中で、皆様に読んでいただける文章を一生懸命書いていきますので、宜しくお願いします。
nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 12

らられお

毎週オツカレサマデス!
今後ともYorosikuonegaisimasu!
楽しみにしていますq(^-^q)
by らられお (2012-09-27 09:05) 

りんみ

初めてコメントします。いつも記事楽しみにしてます(^o^)

蒙武、見事でした!強さ、漢らしさ、まさに中華一の漢の中の漢!今週のキングダムは最高でしたね! 
蒙武対龐煖も是非見たいところですが、それはおそらく成長した信が王騎の仇をとる形で討ち取ってくれることを期待しています(^o^) 

汗明軍に勝った秦軍として当初の計画としてはこのまま楚軍を押し込んで、魏と韓の横腹をえぐって欲しいところですが、蒙武も重症、蒙武軍も全軍突撃で崩れ、騰軍も動けず難航しそうですね(>_<) 

合唱軍にはこのまま勝つはずでしょうが、どうやって撤退させるのか楽しみです。
しかし、各国の大将達に任せ、具体的な策はまだ出していない李牧が怖いですね。
by りんみ (2012-09-27 10:20) 

たか

いつも楽しみに読んでます。

頑張って下さい!!
by たか (2012-09-27 12:08) 

チャリ▽

はじめまして!

僕も楽しく読ませていただいてます。
頑張ってください!
by チャリ▽ (2012-09-27 21:34) 

かず

初コメントです。
海外でキングダム見れず、毎週楽しみにしています!!是非続けて下さい(^^)いつも感謝しております!
by かず (2012-09-27 22:08) 

不韋

おいおい、蒙恬も蒙武も史実でずっと死なないの確定してるだろ?

2chレベルでも、そんなのデフォで楽しんでるんだぞ。

こんなレベルの低いブログに、肯定的な読者なんているわけない。

誰得かわからんが、自演だな。

内容はヤンジャンでてから粗筋かいてるだけだし、ところどころ文もおかしいし、もぅ辞めた方がいいと思うよ。
いや、マジで。
by 不韋 (2012-09-27 22:54) 

たか

馬鹿なコメントを書いてる輩がいますが、これからも更新宜しくお願いします。海外生活の為、ヤンジャンが読めず毎週楽しみにしています。
by たか (2012-09-28 01:55) 

オギコ

ちょくちょく見てます。

これからも頑張ってくださいo(`ω´ )o

by オギコ (2012-09-28 06:53) 

ひろ

はじめまして

確かにあの斬られっぷりじゃ、普通は助かんないんだろうけど、信も似たような斬られ方が何度もあって、未だにピンピンしてるから(^^)

蒙恬には、将来、信と一緒に楚と戦って、調子に乗って惨敗するという大役(?)が将来待ってるしね(^^)
by ひろ (2012-09-29 05:12) 

こっとん

いつもありがとうございます。海外に住んでいるために最新話でいつもお世話になっています。今後とも頑張ってください!
by こっとん (2012-09-30 05:13) 

コルト

はじめまして。

蒙恬の生死が気になる所ですが、史実によれば後に秦の将軍になっているようなので恐らく死ぬ事は無いでしょう。
by コルト (2012-10-01 19:45) 

還暦感激

5年遅れてのコメントになりますね。

最近キングダムを読み始めました
確か、最初の買いを読んだときに、予想とあまりにずれた内容だったので、その後読んでいませんでした。
最近キングダムが置いてある温泉で読み始めました。
なかなか物語が面白いですね。

面白くて面白くて、何か関連したものはないかと、ネットで調べたら、このブログに行き当たりました。

いや、1001人目の飛信隊、このブログも大したものです。

遅れながら応援させていただきます。このブログを読むのも私の最大の楽しみの一つとなりました。ありがとうございます。

応援します。沢山応援します。頑張って、続けてください。お願いします。
by 還暦感激 (2017-07-29 12:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0