So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

第444話 城無き占領

信達の眼前には見渡す限りの密林が広がっていた。羌瘣は密林の中では作戦が立てにくいため、迂回すべきと意見するが、貂はここが今回の戦場の黒羊だと話す。そこに桓騎からの召集がかかる。
信は貂と羌瘣を連れて、桓騎の幕に訪れる。そこで、桓騎の側近である摩論から作戦の詳細が説明される。黒羊は広大な樹海であり、落とすべき城はないと説明する。貂は代わりに五つの丘があると呟き、摩論はその通りと言い、五つの丘全てを占拠すれば我々の勝ちだと語る。摩論はこの樹海に道を作るべく、二つの矢を放つとし、左は雷土、右は飛信隊が担当することとなった。散らしている哨兵によれば慶舎軍も黒羊の反対の淵に着いたようであり、二隊はいち早く樹海を進軍し、できるだけ奥深く敵と交戦することで、序盤から労せずに三つの丘を手に入れるとした。貂はそれを聞き、直ぐに出発しようとする。
桓騎は信に重要な役目の片方を与えてやったから、しっかり期待に応えろよと言う。信は安心して飛信隊の後ろを進めばいいと言い、慶舎の首は俺が取ると宣言する。

飛信隊は進軍を進める。貂は羌瘣に斥候を依頼する。羌瘣は似たところで育っており、問題ないと言うが、ここはきっと丘の取り合いだけの単純な地ではないと言い残し、先を急いだ。

馬呈は舟を使い、敵陣左奥の丘近くに辿り着く。そこに物見から飛信隊が直進してくるとの報告が入る。そこで、馬呈は劉冬と上陸し、飛信隊を急襲する準備に入った。




早速飛信隊はピンチとなりましたね…馬呈、劉冬の実力は不明ですが、不意を突かれれば誰でも弱いところがあるので、壊滅的な被害とならなければいいですが…
しかし、羌瘣の言った一言は気になりますね
nice!(3)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

第443話 化物達の出陣

桓騎軍本陣から戻ってきた尾平は他の飛信隊の隊員から、桓騎将軍はどうだったかと聞かれる。尾平は怖そうで冷たそうだったが、男でもドキっとするくらいかっこよかったと答える。そこに桓騎軍の兵が訪れ、桓騎将軍が飛信隊を気に入って、隊員と話がしたいことを話し、古参は誰かと尋ねる。尾平が自分だと答えると桓騎兵は部下を連れて来るように言い、女付きで接待すると話す。昂は信に一言言わないとまずいと尾平に注意するが、尾平は女がいるということと急かされたこともあり、そのまま桓騎兵に連れられていった。

翌日、その桓騎兵が信に訪れ、隊の入替を提案する。桓騎兵は桓騎軍ではいつもやっているやり方であり、互いの軍を理解し合わないとうまく戦えないからだと説明する。桓騎の戦いは早く、変化するため、飛信隊本陣に意図の分かる者が入らないと連携が取れないと理由を話す。桓騎兵は千人将の那貴と名乗り、端で静かにしているから心配ないと語る。羌瘣は入替であればこちらからも桓騎軍に送るのかと問うと那貴は昨夜、尾平が桓騎軍に入ったことを告げる。
そして、その後桓騎軍五万、飛信隊八千の合計五万八千は趙国黒羊丘攻略に向けて出発した。

黒羊地帯まで80km離れた趙の離眼城では城主の紀彗が出陣のため城内を進んでいた。城民達は紀彗に桓騎軍の残虐さを訴え、恐れ慄いていた。紀彗は残虐されないために黒羊に戦いにいくと告げる。紀彗の部下は桓騎も化物であれば紀彗も化物であり、さらにもう一人傑物が来ると話す。そして、その軍が到着した鐘の音が響き渡る。
紀彗が城外に出ると慶舎が待ち構えていた。慶舎は今回の戦の総大将であった。慶舎は紀彗と会い、李牧に離眼とともに戦えと言われた意味がわかったと言う、慶舎と同じ匂いがすると紀彗の印象を語る。
副将を紀彗に任せ、慶舎軍四万、紀彗軍三万の合計七万の趙軍も黒羊へ向け出陣した。



趙の総大将は慶舎でしたね。慶舎対桓騎となるとお互い変則的な戦いをするので、面白いと思います。特に慶舎は合従軍の時は初日以降あまり出番がなかったので、まだまだ実力が未知数なところがあり、期待できると思います。
しかし、尾平を桓騎軍の下に置いたのはどんな意図があるのであろうか…普通に考えると人質かな…信が桓騎の言うことを聞かなかった時の…本当にそうなら桓騎は残酷だが、やはり先々まで見えている化物としか言いようがない。
nice!(5)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

第442話 似た者同士

信は飛信隊を引き連れて、桓騎軍との合流地である拡ミンに到着した。そこにはすでに桓騎軍が到着しており、野営の陣を張っていた。貂は信に桓騎軍に援軍に来た隊がいくつか消失している噂があると言い、友軍ではあるものの、警戒するように促す。
飛信隊の隊員は桓騎軍の中を歩くが、そこには住人から略奪したものを身につけている歩兵や娼婦がいたり、捕虜を斬首したりとその雰囲気は飛信隊とは大きく異なっていた。

信達一同は桓騎軍の本営に到着する。信は桓騎の姿が見えないことから将軍はどこかと問うと背後から桓騎に捕まれる。信は桓騎のその不気味さに反射的に剣を抜こうとする。しかし、雷土の大声で信は我に返り、手を止めた。
桓騎は涼しい顔をして、おれは味方だぞと信を真っ直ぐ見据える。信は桓騎の目に一瞬吸い込まれそうになるが、強烈な拒絶を感じていた。
桓騎は元下僕、元野盗の似た者同士仲良くやろうと言い、飛信隊の援軍に感謝の意を示すものの、飛信隊の青臭いやり方には残念だと言い、桓騎軍に来たからには桓騎軍のやり方に従ってもらうと言う。それは勝つために略奪、虐殺などやりたいことは全てやることであった。そして、いい機会だから大人の戦いを覚えていけと信に言う。



水と油くらい考え方もやり方も違う桓騎と信。果たして軍として機能するのかどうかも危ぶまれる気がします。同士討ちにならなきゃいいですが…
今回のこの桓騎と信を一緒に戦わせるというのは昌平君も知っているだろうから、ぜひその真意を知りたいと思います。


先日、1000万アクセスの記事を記載いたしましたが、皆さんの温かい応援を頂き、本当に感謝しております。これからもしっかり続けて参りますので、何卒宜しくお願い致します。
nice!(2)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

1000万アクセス達成のご報告

1001人目の飛信隊のブログですが、皆様のおかげをもちまして、1000万アクセスを達成することができました。これも応援して下さっている方々の支えがあってこそです。本当にありがとうございます。

このブログは2011年8月に開設し、ちょうど4年の月日が経過しました。始めたきっかけは李牧が合従軍を発足させ、これからまさに秦に攻め入ろうとしていた時、今まで信達が築き上げて来たのものが、跡形もなく壊されてしまうという危機に何か意見を発したかったということでした。
それから毎週欠かさず書き続けた結果、本当にありがたいことに毎週のようにコメントを頂けるようになり、さらにはキングダムファンの人達と飲み会を開催することもできました。趣味で繋がる仲間というのは本当に気が合い、楽しい時間を過ごすことができ、ブログをやっていて本当に良かったと思います。飲み会は東京のみでしたが、私が京都に転勤したことに伴い、これからは大阪で開催していきたいと思います。
これからも皆様の応援、コメントを何卒宜しくお願い致します。

飲み会参加希望の方は下記メールアドレスまで、ご連絡下さい
hishintai1001@gmail.com
nice!(1)  コメント(54)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

第441話 宰相の席

媧燐は李園と場所を変えて、話の続きをしていた。そこには廉頗は同席せず、ふたりだけであった。媧燐は李園に春申君の暗殺の理由を尋ねる。李園は考烈王には子が生まれなく、このままの流れでいけば王弟が次の玉座に着くのであるが、王弟の異常性は王宮の大きな悩みであり、このままでは楚は暗君の船に乗ることになる、その時、李園の妹が春申君の子を身篭ったため、その子を王の子とするのは国の行く末を思った考烈王と春申君と李園の苦肉の策であったと語る。媧燐は王家の血脈を変えてまでもかと問うと李園は変えてまでもだと断言する。媧燐はではなぜ春申君を凶刃にかけたのかと聞くと春申君は考烈王の死後、突然、暗君を出すより裏で血脈を途絶えさす方が罪深いと王位は王弟に継がせると言い出したのであった。李園としてはその申し出を受けることは偽りの子を産まされた妹含め、死を意味することであり、賛同できなかったと話す。媧燐は身内愛のために春申君を殺したのかと言うと李園は半分はそうであり、たった一人の妹であるからだと返す。媧燐は爆笑と呟くと李園はなぜ笑う、君も少女の時、唯一人の身内の弟を探して荒野をさまよっているのではないかと言うと媧燐は怒りを露わにし、死にてえのかお前と睨みつける。李園は許せ、他意はないと言い、必死であったことを理解してほしいと話す。刺客を送ったのは李園だけでなく、春申君も同様であり、その結果、李園が生き残ったのであった。李園は事の重大さは誰よりも深く理解しているつもりであると言い、列国の牙が向かってくる前に背骨を失ったこの国を立て直さなければならぬと決意を口にする。媧燐はだったら、一人でやれよと言うが、李園はそれでは普通の国として復活するだけであり、項燕から以前、中華最大規模を誇る楚軍はまだその力を最大限活かしきれていないと聞いており、加熱する戦乱期に対し、この大国をどう再構築すべきか戦いの天才である媧燐に導いてほしいと熱く語った。

咸陽では昌平君と介億が話をしていた。介億は楚の新宰相の席に媧燐が座ったことを報告する。介億は李園は変令を用いて臨時の二宰相制にし、すでに宮廷内は一つにまとまっているとのことであった。李園は想像以上にやり手であり、さらに媧燐という軍略の天才が宰相の座についているため、楚急襲作戦は一度破棄し、様子を見ることとした。

前線にいる飛信隊に伝令が届く。楚攻めはなくなり、趙攻めに変更となる。向かう先は黒羊丘であり、そこは趙でも主要の地であった。指示は飛信隊は本軍五万に合流せよとのことであった。そこにオギコが別の伝令として、飛信隊の前に現れる。



媧燐が宰相についたとなると、楚も今まで以上に厄介な存在になるのでしょうね。
次の飛信隊の戦いは桓騎軍に入ってですね〜
桓騎のやり方に信が反発するのは目に見えてますから、なかなか面白い展開になると思います。何となくですが、趙将は慶舎っぽい気がしますね。
この戦いで信が活躍して、将軍になるのでしょうかね!
nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

第440話 暗殺の首謀者

春申君の死は楚に激震を走らせた。春申君の葬儀の参列者の数は先日執り行われた孝烈王の葬儀以上であった。前線からは項翼、白麗も戻ってきて、死の理由を知りたがり、騒ぎ立てた。
紀元前238年、秦では嬴政が嫪毐反乱を鎮め、遂に実権を手にしたこの年、隣の大国楚でも驚天動地の出来事が起こったのであった。豪腕で大国楚を支配していた孝烈王が突然崩御し、春申君が暗殺されたのであった。
その原因は少々複雑であった。それは孝烈王の嫡子が実は春申君の子供であったのだ。孝烈王は長年子供ができなく、周囲も心配していたが、二年前にやっと一人生まれたのであったが、実は王子を生んだ女は元々春申君の女であり、密かに身篭った状態で王に妾として献上され、そのまま出産し、その二歳の子供が次の楚王になるという話になっていた。そのため、次の王で楚の王家の血は途切れてしまうのであった。つまりここから楚は春申君の家と王子を生んだ女の家のものになるはずであったが、女の実兄の李園が春申君を暗殺したのであった。そのため、楚は李園一人のものになってしまう危険があった。しかし、それが簡単にまかり通るはずもないため、これからの楚をどうするか珍しい男から媧燐は声をかけられた。媧燐から項翼と白麗はそれに同席することを許されたが、場合によっては相手の男を殺せと指示された。

その男は廉頗であった。そこには介子坊と羌燕もいた。媧燐は見合う話を用意していなかったらただではおかないと廉頗に喰ってかかる。
廉頗は孝烈王と春申君、この大国を仕切ってきた二人を同時に失うとは正に楚は船長を失った大船であり、下手をすると転覆する危険があると言い、これを機会に列国が大軍で攻めてきて、大いに領土を削りとるだろうと危惧する。媧燐は最初に来るのは秦であろうと考えた。そこに同席した男からそうなる前に早々に楚の朝廷を再構築せねはわならんと言い、ただの再構築ではなく、楚が孝烈王、春申君の治世よりさらに強固となるための再構築だと意見する。媧燐はその男に対し、まずお前は誰だと啖呵を切る。媧燐と廉頗と同じ席に着くのは良い度胸だが、意味はわかってるのかと問い質す。廉頗はその男は風雲急を告げる宮廷からの密使であり、今回媧燐に話があるのはこの男だと言う。媧燐はその男を睨みつける。しかし、その男は真っ直ぐ媧燐の目を見据えた。媧燐は宮廷の使いっ走りが自分の目を見返すことを評価するが、宮廷の連中が大嫌いであり、失せろと吐き捨てる。その男は同じく私も武将の類の人間が心底嫌いであるが、国家瓦解の危機にあるこの時、南部の支城を合わせて三十万の軍を掌握する媧燐の力が必要であり、私と共に宰相の席に座り、新しい大国楚の土台を築いてくれと頭を下げる。
媧燐はその意図を汲み取り、てめえかよと呟く。その男は媧燐の意見を認め、自分が春申君を殺した李園だと言う。



急な展開になかなかついていけない感じではありますが、楚が大きく生まれ変わろうとしている時、武官である媧燐が宰相に据えるという考えには大変驚きました。普通は文官だと思うので、その意図は汲みきれませんが、何か考えがあるのでしょう。
しかし、媧燐の鋭さは相変わらずですね…李園と見抜くとは流石です。
nice!(4)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

第439話 六将の行方

総司令昌平君の指示があり、飛信隊、玉鳳隊、楽華隊の三部隊が秦と趙の国境の地曹州に合流し、攻略戦を繰り広げていた。しかし、趙軍も内地より軍を派遣し、曹州はしばし膠着状態となっていた。
信と蒙恬と王賁は高台に登っていた。そこで、信は政が六将を復活させようと考えていることを話す。信は蒙恬に現段階での候補者は誰かと問う。蒙恬はまず確定的な二人がいると言い、それは秦国大将軍の蒙武と騰であった。信は残り四席は誰かと尋ねると蒙恬はそこに近いのも二人おり、六将級と噂される王翦と桓騎と言い、順当にいけばその二人も確実であり、残るは二席と話す。蒙恬は信と王賁に殺し合いでもするかと冗談を言うが、信はその二席を狙っているのは自分達だけでなく、他にもおり、六将復活が来年か五年後かわからないが、その時に大将軍級の武将になってないと候補にも入れないと意気込む。
王賁は一言、自分と蒙恬だろうと呟き、信の怒りを買った。

信は六将の情報の代わりに蒙恬より曹州攻めは囮であり、本命は魏の衍氏城であることを教わる。それを貂に話すと、貂は衍氏城は曹州の南に位置する魏の要所の一つであり、現在は一帯の意識が曹州に集まっており、魏軍も国境付近に軍を集中させているため、隙は生じているものの、巨城で有名な衍氏城を攻め落とす軍がいないと話す。蒙恬も同じことを心配しており、王翦あたりが南下して来るのかと思ったが、その気配もなかったのであった。

咸陽では昌文君と政が相対し、昌平君の作戦について語っていた。昌文君はあの軍を頼りに衍氏城攻略を謀るとは予想にしていなかったと話す。それは政も同意見であり、だからこそ敵国もわかるはずもないと言う。これは秦国の軍容に変化をみせることであり、列国に手札をみせることになるのであった。

五日後、曹州にいる飛信隊に衍氏城陥落の報せが入り、信を驚かせる。そして、魏の反攻を懸念し、飛信隊に衍氏城防衛の指令が出る。そして、信は衍氏城を陥落させた張本人と出会う。それは楊端和であった。信は秦軍に楊端和がいることを不思議に思うが、貂は楊端和は三年前の蕞の救出の功で大将軍の位である大上造の爵位をもらっており、不思議なことではないと話した。

楊端和による衍氏城攻略も列国を驚かせたが、楚ではさらに驚くべき事件が起こっていた。それは春申君が暗殺されたことであった。



楊端和が衍氏城攻略の張本人だとは全く予想にしておりませんでした。列国どころか読者まで気付かせないとは昌平君の思慮の深さに感服致しました!まさに李牧級だと思います。
しかし、また魏は巨城を取られてしまいましたね。あと何個城を持っているのだろうか?

また春申君の暗殺がこれからどう影響してくるのか気になります。
nice!(1)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

1001会関西支部発足のお知らせ

皆様にご報告がございます。
私事で恐縮ではございますが、7月より東京から京都へ転勤となり、来週から赴任いたします。そこで、今まで東京のみ開催しておりました飲み会を関西地区でも開催しようと思います。場所は大阪を考えております。
つきましては今まで参加できなかった方もぜひご参加頂きたいと思います。
東京では20歳〜40歳くらいの男性も女性も参加されており、年齢、性別を超えてキングダムへの想いを語り合い、大いに盛り上がりました。関西でも楽しくキングダムトークをしたいと思いますので、皆様ぜひ、お気軽にご参加下さい。

連絡先 hishintai1001@gmail.com
【注意事項】
迷惑メールの設定等でGmailを受取拒否にされている方は大変恐縮ではございますが、受取できるよう何卒設定変更頂きますようお願いします。
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

第438話 雄飛の刻

政は太后が幽閉されている塔を遠くから眺め、想いに耽っていた。そして、政は戻ろうと歩き始めるとそこには信がいた。政は余りの驚きに目を丸くする。信は思ったより深手を負っていたので、咸陽に残って休んでいたと話す。
信は太后との一件を心配するが、政はもう大丈夫だと返す。信はそれにしても呂不韋がまだ生きているとはと呟く。その理由は後処理にてまどっていたからであった。国の有力者の半分は呂不韋派であり、それらをどう扱うか精査しなくてはならなく、李斯ら四柱を始め、有能な者達はしっかり取り入れねば国力が半減する恐れがあったのだ。さらに太后という長を失った後宮勢力も加わってくるため、課題は山積であるため、呂不韋本人を裁くのは半年以上先になるかもしれないと政は話す。信はそれを聞き、打ち倒した相手はそれだけでかかったって話だと言う。

信は漂が政の替え玉として命を落として七年になるなと呟く。その後、黒卑村のボロ小屋で政と出会い、最初はずっと逃げ回っていた。貂とくたびれた昌文君だけが味方で今思えば絶望的な旅団だった。それなのに山の民に捕まった時、政は中華を統一する最初の王になると宣言し、信はあの状況下で言うなんて信は自分より大馬鹿がいやがると感じていた。しかし、成蟜の反乱を鎮め、度重なる窮地を真正面からぶつかり乗り越え、普通の王ではないことを周りに示した。蕞での政の言動には何度も鳥肌が立ち、その時、初めて会った時に王は誰でもいいと言ったが、王こそ大事であり、政しかいない、中華を統一して戦国を終わらせられる王は政だけだと熱く語る。
政は皆の働きのおかけでようやくその船出の時を迎えることができる、しかし、国内統一でも数え切れぬ程の犠牲と苦痛を伴ったが、中華となればその比ではないと思っていた。信はだが、秦国内の争いはなくなった、そういうことだろ政と語りかける。
政は昌平君達と中華制覇の絵図作りに着手していることを話す。昌平君が練りに練って算出した十五年という数字があった。それは敵国を討ち滅ぼすには秦国も国家総動員でぶつからなくてはならなく、合従軍襲来の時のような高い士気と集中力、折れぬ心を敵が滅するまで持ち続けて戦わなくてはならないため、その極限状態を秦国が持続できる限界の年数であった。政はここから十五年で六国全てを滅ぼし、中華を統一すると宣言する。政は今のままでは無理であるため、秦軍強化のため、人材登用を積極的に行い、国庫を大きく開き、兵、軍馬を増強し、秦軍を倍の規模にする。そして、ゆくゆくは秦の六大将軍を復活させる、信、お前はそこに割って入り、必ず六将の一席を掴み取れと語った。



おーなんとついに六将復活があり得るのですね!!心が熱くなりました!!
ここで六将予想をしようかと思います。確実なのは蒙武と騰でしょう。すでに大将軍でありますし、信頼もおけると思います。有望なのは桓騎、王翦ですかね…二人とも一癖ありますが、実力的には問題ないかと思います。信頼がおけるかどうかは悩みどころではありますが…
あと若手の台頭としては信、王賁、蒙恬というところでしょうか。うーん、そうすると7人になってしまいますね、、、今までの功績を考えると蒙恬は厳しいか?と思いますが、蒙恬ファンとしてはそんなことは断固として受け入れられないので、七大将軍に変更を要望します!多い方がいいからね
羌瘣はやっぱり飛信隊の一部ということで
nice!(1)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

第437話 親子の繋がり

反乱の傷は癒え、飛信隊は再び最前線の地へ戻っていった。
史記秦始皇本紀にはこう記されていた。紀元前238年四月秦王政は雍にて帯剣、加冠した。その時嫪毐の反乱が発覚した。嫪毐は王と太后の玉璽の複製で各県の兵、戎翟公らを挑発して雍に攻め入ろうとした。王は気付き、昌平君、昌文君が毐軍迎撃に出た。咸陽で戦い反乱を鎮めた。その後数百人を斬首とし、武功者は爵を得た。嫪毐ら首謀者は車裂きとなり、首はさらされその一族も皆死罪となった。また関係した四千余家の人間が蜀の地へと島流しにされた。
こうして嫪毐による秦国史上最大のクーデターは失敗に終わったのである。
蔡沢と呂不韋は城壁の上で語り合っていた。まず蔡沢は呂不韋に対し、まだ斬首となっていないのかと尋ねると呂不韋はご冗談を、私の方はまだ審議中ですと返す。蔡沢はそうであったな言い、その後に生まれ変わった秦国はこれからどうなると思うと尋ねる。呂不韋は正直それがわかる人間は誰一人としていない、なぜならこの五百年誰も踏み入れなかった領域に大王が焦点を当てているからですと答え、さらに心の隅でどこか高揚しているのも事実ですと続ける。蔡沢はそれを聞き、呂不韋をも感化させるとはやはり大王様は傑物の類であったなと微笑んだ。それを聞き、呂不韋はさすが私の息子ですと発言する。太后は元恋人であり、彼女と別れ、荘襄王にあてがったところ、すぐに妊娠が発覚した、親子二代で秦を牛耳られると我ながら何というツキの強さと思ったが、蓋を開けてみれば出産した日がどうやっても計算が合わなかったと言い、息子というのは冗談ではあるが、実はごくたまに思う時もあったと話す。それほどに、大王、太后、呂不韋の関係は解き目がないほど絡み合っていて、今回三者が同時に力づくでケリをつけたため、新しい時代への航路が開けたと続ける。蔡沢は生みの苦しみかと呟き、呂不韋はさすがに勝った大王にも笑顔はありませんなと言う。蔡沢はこの戦いの爪跡が最も深く刻まれてしまったのは大王と太后の二人の間だと語る。呂不韋は最後まで二人の遺児の命を助けようと粘ったのは大王本人らしいですと話す。

太后はある塔に幽閉されていた。そこに政が訪れる。政は衛兵に太后の様子を聞く。衛兵はたまに泣き叫ばれるが今は眠っている、しかし、食事も水もほとんど口にしていないと返答する。それを聞いた政は衛兵に少し外すことを依頼する。
政は部屋に入ると死人のように横になっている太后の側に腰を下ろす。政はその背中を見て、子供の頃、熱でうなされた時に太后に看病してもらったことを思い出す。政はその時と同じように太后の背中に手を当てる。そして、語り出す。政はお互いによく生きてここまでこれたものです。あなたは全てを失ってしまったが、どういう形であれ、旅が終わったのです、裸足で棘だらけの道を歩まされたあなたの旅がようやく…と言い、政は頭を太后の背中に付ける。そして、太后にしか聞こえない微かな声で話し始める。二人の遺児は密かに城外へ出し、匿っております、露見すればすぐ命を絶たねばならぬ故、知っているのはごく僅かであり、何年先になるかわからないが、国内が完全に落ち着いたら必ず二人と引き合わせます、ですからどうか健やかでいてくださいと。それを聞き、太后の手は微かに震えてた。



政の二人の遺児を匿ったというところは本当に涙が出そうになるくらい感動しました。匿うという苦肉の策とは言え、兄弟の命を救った政は素晴らしいと思います。
呂不韋の政は自分の息子という発言にはやはりか!とも思いましたが、違ってよかったです。さすがに自分が王になるためとは言え、息子を手にかけるようなことはあり得ないと思っていたので…
nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | -