So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

第521話 機動の妙

数の不利をものともせず、紀彗軍を楽華隊は翻弄する。狩場に引き込まれた紀彗兵は楽華隊にことごとく蹴散らされ、本陣まで退却する。蒙恬はそれを追いかけ、徹底的に背を叩いた。
その苦戦の様子は紀彗と馬呈に伝えられ、怒った馬呈は騎兵五百を引き連れて、楽華隊に襲いかかろうとする。
蒙恬はそれを見るとすかさず退却しようとするが、馬呈は逃すまいと追いかける。紀彗は今すぐ馬呈を呼び戻そうと伝令を走らせる。
蒙恬は黒羊戦の全容の情報から紀彗軍に関してほぼ丸裸にしていた。馬呈は紀彗の側近中の側近であり、圧倒的な武力で紀彗軍の攻を一手に担う男で、もう一人の片腕の劉冬亡き今、馬呈を討てば紀彗軍の力は半減すると分析していた。蒙恬は願ってもいない好機であるため、序盤で馬呈を仕留めようと考える。
馬呈が蒙恬達騎馬隊に追いついた瞬間、じい達が参上し、馬呈に襲いかかる。歩兵も来ており、蒙恬は再び旋回しら背後に回って、退路を断ち、馬呈の首を取ると宣言する。しかし、馬呈が振り下ろした斧に楽華隊は粉砕される。蒙恬は馬呈の力は報告以上だと認識する。

紀彗軍本陣に馬呈と楽華隊が乱戦に入ったことが伝えられる。紀彗は蒙恬の戦いぶりをみて、数多の戦い方を熟知していると感じていた。蒙恬は騎馬の機動力を駆使し、急襲と離脱を繰り返し、紀彗軍の戦力を削ぎ続ける戦術であり、放っておけば外側の歩兵がやられ、半端な数の騎馬で追えば奥に罠をはられ、それも討たれてしまうのであった。そこで紀彗は三万の全力で追い詰めて一撃で楽華隊を消滅させるべく、全軍右向きに陣形を変えさせる。紀彗軍は目を疑う程の早さで陣の形を変え、出陣した騎兵と歩兵は全速力で楽華隊に迫っていった。
しかし、結果これが完全に裏目にでる。紀彗軍全軍が右側に陣形を変えきった時、それまで正面だった左側より地平を埋め尽くす程の秦の騎馬隊が出現したのである。それは中央軍にいた王翦の片腕麻鉱軍五千であった。さらに出現した騎馬隊の奥にさらに五千の騎馬隊が紀彗軍に向かっており、さらにその奥に五千から一万の歩兵大軍勢が紀彗軍に向かっていた。



なんと序盤からすごい展開になって来ましたね。王翦のとんでもない作戦にいきなり紀彗軍はピンチに陥りましたね。しかし、そのきっかけを作った蒙恬はやはり非凡であり、その力は紀彗も認めるところでした。
ところで、麻鉱の奥の騎馬隊の五千とその奥の歩兵大軍勢はどの軍だろうか…やはり王翦軍のどこかの部隊なのでしょう。飛信隊を投入するには早い気がしますし…
ここで、天才李牧はどう巻き返しを図るのか、このまま右翼がもぎ取られるということは流石にないでしょう。

第520話 火蓋を切る

秦趙両大軍が対峙する。空気が張り詰める中、秦軍陣形の不可解さに一同に動揺が走っていた。信は飛信隊を中央軍に置くのであれば前かせめて横に並べろよと文句を言う。信がいる最後尾では戦場が全く見えなく、これでは飛信隊が李牧を恐れて隠れているみたいだと言う。貂はそれを聞き、王翦は飛信隊を敵から隠すために最後尾にしていると勘付く。羌瘣は左側に注意を払った方がいいと話す。この戦いは左側から動く、この布陣では左翼の方があまりに深刻な状況だと続ける。

趙本陣に秦の布陣が伝えられる。李牧はそれを聞き、開戦前から仕掛けて来るとは意外と大胆だと感じていた。
戦はそれぞれ戦いやすい局面から始めるのが常であり、そういう意味で秦軍左翼の五千という数字は極端に少なく、あからさまな挑発行為であった。それはさっさと左翼を攻めて来いという王翦から李牧へのメッセージである。李牧はここで二択を迫られる形となった。王翦の挑発通り秦軍左翼五千に紀彗軍で構成される趙右翼三万をぶつけにいくか、王翦の怪しい誘いに乗らずにそれ以外のところから始めるか、李牧の選択は前者であり、紀彗に秦軍左翼五千の殲滅の命令が下る。
これが王翦軍対李牧軍の開戦の号令であった。

楽華隊に趙軍右翼三万が真っ直ぐ向かって来ることが伝えられる。蒙恬はであれば仕方ないと出陣する。じぃは老体では主力騎馬隊には追いつけぬとし、陸仙に蒙恬のことを頼む。じぃは陸仙の矛の実力や機転を認めての依頼であった。陸仙は三万の敵にこの楽華隊五千で挑む王翦の無茶振りにも全く動じない蒙恬は大将軍と同じ目線で戦がみえており、もう若君扱いを止めた方がいいと諭す。

紀彗は全軍停止し、しばらく様子を見るとした。そこに前線の物見より敵の左翼五千がいつの間にか半分になっているという報告が入る。消えた半分は蒙恬が率いて紀彗軍の右の横腹をえぐったであった。
紀彗は右軍を右向きに陣を敷き直させ、騎馬隊に蒙恬の背後に回らせようとする。それをみた蒙恬はその場から離脱する。しかし、紀彗軍の放った騎馬隊は蒙恬達を追いかける。ところが、その騎馬隊に別働隊の陸仙の矛が突き刺さる。蒙恬はようこそ狩り場へと語る。




ついに苛烈の戦いが始まりましたね。王翦の誘いに李牧は乗った形になりますが、機先を制した蒙恬は流石ですね。李牧でも測れなかった王翦の意図を理解して動いた蒙恬はやはり頭脳ではすでに大将軍級であることは間違いないと思います!!
ただ、左軍の戦いは蒙恬は善戦はするだろうけど、紀彗、馬呈が出てきたら、流石にきついと思うので、次の手がどうなのか気になるところですね。そこにきっと王翦の誘いの片鱗が出て来ると思います。

第519話 総大将の流儀

邯鄲よりおよそ西に五十里、鄴より北におよそ七十五里に広大な平野と時折進軍をさえぎる森林と山が混在する朱海平原があった。そこはこれから南下する李牧軍と北上する王翦軍が激突する場所であった。
そして、両大将は斥候と共にすでに現地に入り、見晴らしのよい丘に立ち、地形を頭に入れて、そこに軍を想像し、陣形を組み動かし、壮絶に戦わせていた。両者の戦いはすでに始まっていたのである。

鄴では趙の解放軍が桓騎軍と戦っていた。そこではリン玉の騎馬隊が大いに活躍をしていた。趙軍は鄴が見える分、否応なく意識が前に来るため、リン玉の旋回横撃によって大打撃を喰らっていた。そこに雷土からの伝令が入る。現在戦っている敵の他に新たに左右から二千ずつ近づいているとのことであった。さらに別のところから新手の二千の騎兵が迫っているとのことであった。実際は桓騎軍に余裕はなく、摩論はその対応に大きく苦心していた。

朱海平原では両全軍が到着する。それぞれ将校を呼び寄せる。そして、作戦を伝え、配置に着かせる。秦軍は中央に王翦、麻鉱を置き、その後ろに飛信隊を配置し、合計五万八千、右翼は亜光と王賁で合計二万五千、左翼は蒙恬の五千であった。一方、趙軍は中央に李牧、金毛、カイネ、傅抵、尭雲を置き、合計六万、趙軍左翼は趙峩龍、馬南慈、岳嬰の合計三万、右翼は紀彗、馬呈の合計三万であった。
信は左翼の蒙恬を見つめる。

蒙恬は部下たちに楽華隊が栄えある第一陣で始めるぞと言うと楽華隊は大いに湧き上がった。




ついに陣形も明確になりましたね。王翦と李牧の意図は判りかねますが、蒙恬の左翼五千は相対する紀彗の三万に比べて、六分の一と非常に少なく、下手をすれば一気に飲み込まれてしまう恐れがあり、心配です。
蒙恬が王翦から作戦を伝えられた際、じっくり盤面をみて、心得ましたと言ったことから、王翦の作戦を理解し、これでも戦えるという判断をしたのでしょうね。内容はわかりませんが…
合従軍以来の蒙恬の見せ場なので、ファンとしては期待大です!!

第518話 戦地橑陽

それぞれの知らせは両軍ほぼ同時に伝わった。公孫龍は伝令より秦軍が鄴に対して兵糧戦を仕掛けており、閼与または橑陽の軍で鄴を解放しなければならないと聞く。公孫龍はならば待ちはここまでで、眼前の山民族軍を撃破するこということだなと確認すると伝令は李牧より山民族は圧倒的攻撃力を有していること以外は謎に包まれていることが多く、数の差の勢いで始めると大損害を被る危険があるため慎重に動くようと指示されていることを伝える。伝令はさらにとにかく大将を引き継ぐ舜水樹が到着するまで待機せよ、場合によっては橑陽に巣食う主力部隊も引き込む必要があるかも知れないと李牧の言葉を伝える。
公孫龍は蕞の解放は一瞬の出来事であり、故に李牧は山民族の力を測りかねているのだと感じていた。公孫龍は伝令に舜水樹はあとどのくらいで到着するのか確認する。伝令は半日のうちに到着すると返事する。公孫龍は舜水樹到着後、すぐに始められるよう全軍攻撃の隊形に変えるよう指示を出す。

一方、楊端和のところには壁が十日分の兵糧を持ち、一万の軍勢で向かっていることが伝えられる。伝令は王翦からその六万で相対する橑陽九万を足止めし、鄴の食糧が尽きて陥落するまで日数を稼ぐようにと伝えた。楊端和は相分かったと返事する。
しかし、楊端和は全軍に対して始めるぞと叫ぶ。

そして、山の民と趙軍がぶつかり合う。
趙軍にとって予想外だったことが二つあった。一つ目は趙軍を鄴へ行かせないと守ってくると思われた楊端和軍が逆に攻めてきたこと、二つ目は山の民の持つ破壊力が予測の数倍上をいっていたことである。

そして、信たちの軍勢も決戦の地に近づきつつあった。




ついに秦軍と趙軍の戦いが始まりましたね。やっぱり楊端和は時間稼ぎなんてしないですよね…時間稼ぎするのと、敵を殲滅するのは同じだろうと言いそう…
これでは壁が到着するまでに終わってしまうかな?
しかし、そこは舜水樹が橑陽に巣食う主力部隊を率いることにより、互角まで持ってくるのかな??しかし、橑陽に巣食う主力部隊って何だろうか…響だけは何かとても怖いですね

第517話 削り合い

李牧は悼襄王に謁見する。そこで悼襄王は李牧に対して、言い訳だけは達者だなと吐き捨てる。
李牧は処罰はいかようにも、しかし、事態は急を要するため精鋭を誇る邯鄲軍の内、十万を出陣させる許可を願い出るが、悼襄王に拒否される。悼襄王は邯鄲軍がこの王都から一兵たりとも出ることはあり得ぬと断言する。
李牧は鄴が落ちれば数年のうちに邯鄲にも秦軍の刃が届くと説明する。悼襄王は構わんと返し、秦の刃が届いたところで邯鄲は落ちるわけではない、鄴とて難民さえ受け入れなければ不落の城であったと続ける。さらに悼襄王は邯鄲が包囲されても十年でも二十年でも籠城は可能だと話す。
李牧はそれでもいつかは落ちますと言うと病がちな自分はその頃とっくに寿命でいっている、国がどうとか民がどうとか後のことなど知ったことかと嘲笑う。
そして、李牧に対して、さっさと失せて職務を果たせ、鄴を失えば李牧とその一党諸共皆殺しだと命令する。

李牧が廊下を歩いているところに太子が現れる。太子は李牧に対して西より早く戻ってきたことに感謝する。また、この戦局に関わらず、邯鄲軍が動かぬこと、父の難儀を代わりに詫びさせてくれと言い、必要とあらば兵の士気を上げに前線にて矛を振るう心構えであり、遠慮なく声をかけよと話す。李牧は心得ましたが、その必要がないように努めますと言うと、太子は今が正念場だ、鄴を頼んだぞと力強く言う。李牧は今の暗闇を凌げば太子の時代に趙は真の光が差すと信じていた。

王翦は幹部を全員集めて、王都圏の戦いの全容を説明し始める。趙は鄴の食糧が尽きて城が陥落する前に王都圏の各軍が四方八方より鄴を解放せんと群がってくる。防ぎようのない敵に思えるが実際のところ鄴を一撃で解放する力を有する軍は閼与と撩陽の二つであり、これが鄴まで届けば鄴包囲網は間違いなく崩壊すると断言する。そこで、鄴はこのまま桓騎軍六万で包囲を続け、閼与と撩陽以外の趙軍襲来に関しては全てこの六万で対処してもらうと言う。撩陽軍は楊端和が今相対している相手であり、撩陽城から増援を送ればゆうに十万超えとなるため、壁が一万の軍勢を率いて援軍に迎えと命令する。そして、閼与へは王翦軍七万と玉鳳隊五千、楽華隊五千、飛信隊八千三隊を加え、八万八千で北上し、迎撃すると宣言する。貂は閼与に偏り過ぎじゃないかと危惧するが、王翦は閼与が本命であり、李牧が必ず閼与軍に入って攻めてくるからだと語る。

邯鄲では秦軍が撩陽と閼与の軍の迎撃に出てくるという情報が入ってきていた。
李牧は舜水樹に対して撩陽軍に入り、大将となり指揮を執ることを命じる。残りは全て李牧とともに南下中の閼与軍に入り、将校として戦ってもらいますと宣言する。傅抵がこっちに面子を固め過ぎてはと危惧するが、李牧は王翦も必ず閼与に向けて戦力を厚くしてくると言い、ここからはいよいよ力と力の勝負と言う。鄴の陥落か解放はどちからが相対する敵を討ち破るかどうかにかかることになりましたと語る。




ついに鄴攻略戦の戦いの構図が見えてきましたね。舜水樹と楊端和はたぶん互角の戦いで楊端和が撃破されることはないと思いますが、李牧対王翦はお互いにどちらかが撃破されるまで死闘を繰り広げられるのでしょう。駒としては紀彗等もいることからやや李牧側が有利な気もしますが、始まってみないとわからないですね。きっと武神もどこかで出てくるのではないかな?

しかし、悼襄王は生まれだけが恵まれていただけで、王たる資質は何一つないですね…その王からあの太子が生まれるとは…すごい…

第516話 陥落の武器

李牧が簡単に到着する。そこには李牧を待つ趙将が揃っていた。趙将は李牧に邯鄲軍の出陣は叶わなかったものの、私兵は許されたことと、北の炎城、文城から一万ずつ南下しており、もうすぐ邯鄲に到着することを報告する。
趙将は二万を鄴へ進めるか李牧に尋ねると李牧は鄴は中華でも最強の部類に入る城であり、秦軍に攻め落とされることはないため、逆に秦軍を鄴に集め、それを趙軍で囲って動かず兵糧攻めにするとした。
李牧は趙王との謁見を済まそうと王宮に向かおうとした時、胡周が現れる。李牧は胡周に鳥の伝令を行動に移したことを感謝する。胡周は王都圏内部から続々きており、その内容は秦の本軍はさらに三軍に別れ、途中の城を落としながら鄴に近づいており、途中の九つの城が落とされたということを報告する。李牧は公孫龍の九万はと尋ねると山民族の軍と睨み合いのまま、東へ移動しているため、王都圏南部に出た難民が北へ逃げきれずにいると報告する。
李牧は難民という言葉に引っかかりを感じる。胡周は秦は落とした城の民を全員外に追い出した模様と言うと傅抵は王都圏南部には難民が大勢彷徨っているのかと困惑する。李牧は彷徨っていないと否定する。秦軍は手分けして西から順に落として東進しており、北には前線の壁があるため、難民の大群は鄴に向かっていた。

鄴では難民で溢れかえっていた。鄴の城主趙季伯は西壁長の晋利間の城門を閉めるという進言に対し、民こそ国の礎であり、秦軍が来るギリギリまで門を開いて難民を助けよと退ける。

邯鄲の舜水樹は李牧に鄴へ今すぐ鳥を飛ばすべきにかとと進言するが、李牧はもう間に合わないでしょうと焦る。さらに王翦は列尾を落とした後、鄴を見に行き、実際に見て力技では落とせぬ城だと気付き、真っ直ぐ鄴へと向かわずにわざわざ九つもの城を落として回ったのであった。李牧も読めなかったその目的は鄴を落とすための武器を作るためであった。

鄴ではようやく難民の群れに切れ目が見えて来たが、その遠く後方には狼煙が上がっており、秦軍の侵攻を報せたのであった。
李牧は鄴が難民を受け入れた後、想定通りに籠城に入るのであろう、しかし、想定外なのは内部に九城もの民を抱えてしまったことであり、秦軍の兵糧が先に尽きるか九城の民が鄴の食糧を食べ尽くすかという兵糧攻め合戦となると語る。
そして、王翦は鄴を桓騎に任せて李牧が鄴を解放しに来る前にこちらから攻め上がらねばならぬと自ら出発する。





まずは来週残念ながら休載です。
敵地で兵糧攻め合戦とはなかなかすごい発想ですね。しかし、仮に鄴が先に力尽き、鄴を占領できたとしても兵糧がなければ秦軍もいずれ力尽きるような気がしますが、、、、
鄴への補給路の確保が必要になりますね。列尾を取り返された今、どこから誰が補給するかが重要な鍵になるかと思います。それが王翦が昌平君に頼んだ内容ではないかと推測しております。
今後は王翦が飛信隊、楽華隊、玉鳳隊を引き連れて、李牧軍と対峙するのでしょう。中華最強の頭脳同士の戦い楽しみです。

第515話 小城の流民

咸陽では連合軍が列尾を捨てたという報が届く。城に秦の旗は立ててあるものの、兵は残っていなく、王翦からは列尾はすぐに趙に奪還されるため、補給は送らなくてよいという伝言があった。
それを聞き、昌平君は自分達が授けた策を捨てて、連合軍は王翦の策で動いていると判断した。
昌文君は列尾を捨てて、なぜ先に進んだのだと怒りと共に焦りを隠せないでいた。ここまでは間違いなく上策であったが、現場の何らかの理由で捨てざるを得なかったのであれば、即座に全軍退却すべきだ、連合軍は今持っている兵糧が尽きる前に鄴を落とさねばならなくなったと力任せに机を叩いた。
昌平君は連合軍の動きを確認する。伝令は楊端和五万が分離し、趙軍九万と交戦に入り、本軍は鄴へ向かわずに吾多という小都市へ攻め入ったと報告する。政はそれを聞き、昌平君にその意図を確認するが、昌平君は首を振り、王翦が何を考えているのかわからないでいた。

前線では吾多と同様のことをしており、信は焦っていた。王翦は流れができつつあると確認するが、信はそこに一刻も早く鄴へ向かうべきであり、山の民はそのために盾となって戦っていると主張すると、王翦は信の目の前に立ちはだかり、睨みつける。
王翦は李牧が最初の位置から邯鄲に戻るには最短でもあと一日かかる、そこから王都圏の軍を統制し、動き出すのに一日、それらが鄴を守りに到着するのに一日、それまでにこちらの仕掛けを済ませておく必要があると語る。
さらにここから鄴までの間にあと七つ城があり、王翦軍、桓騎軍、そして、楽華と玉鳳と飛信隊の合同軍の三軍に分けて西から順に足並みを揃えて落としていく、やることは同じく兵糧を全て奪い民を東へと追いやることだと続ける。

そこに急報が入る。列尾が趙軍の手に落ちたというものであり、太行山脈に沿って南下してきて軍、およそ五万が占拠し、外にまで展開布陣し始めたとのことであった。ついに出口が塞がれたのである。王翦はそれを聞き、楊端和に本軍の動きと足並みを揃えよと伝令を出す。

公孫龍は、山の民と相対していた。山の民は趙軍が攻めなければ動いてはこなかった。公孫龍は山の民は趙軍を足止めしていると考えているだろうが、それは逆であり、兵糧に制限があるのは秦軍で、刻一刻と首が絞まっていると考えていた。そこに山の民が東へ少し陣を動かしているという報告が入る。公孫龍は何も状況は変わらないと距離を保ったままついていった。

王翦の細かい指示に従い三軍が展開し中小都市を落として回ったため、城を追われた難民の群れは増え続ける一方であった。
山旦城を落とした信たちは移動する難民を眺めていた。信は難民を作って落とした城は占拠せず軍は次へ動かすと何をやらされているんだと叫ぶが、羌瘣はイナゴだと呟く。それを聞き、王賁と蒙恬は王翦の真意に辿り着く。

そして、王都圏南部に難民の大行列が出現していたその時ついに李牧が王都邯鄲へ到着した。





羌瘣がイナゴだと言ったことから、鄴に難民を向かわせ、難民に鄴の兵糧を干上がらせるということでしょうか。そうした場合、鄴を占拠しても結局補給が望めない秦連合軍も干上がってしまうでしょう。しかも仕掛けと言っていたからにはやはり難民に兵を紛れ込ませて、鄴を攻めると同時に中から瓦解させるということになりそうですね。
そして、李牧は逆に自ら作り上げた完璧に近い守りの鄴を奪還すべく王翦軍との戦いになるのかと思います。

合併号なので、来週発刊がないのはちょっと寂しいですね…

第514話 愚策の極み

秦連合軍と同時期に趙へ侵攻していた燕軍。戦況を見つめるオルドは次々と燕兵をなぎ倒す司馬尚軍を視界に捉えていた。オルドは燕国境側に大虎が眠っているなら、先に言え李牧と毒づきながら、面白いと前に出ようとする。
しかし、そこに急報が入る。趙の東本軍が東に進み、燕領土に侵攻し、現在貍城を攻撃中というものであった。さらに急報が入り、貍城はすでに陥落し、趙軍はそのまま陽城に攻め込んだため、陽城から援軍要請が来ていた。趙は燕軍の退路を断つ気であった。
オルドはこの策は李牧が予め用意していた戦略であると断定する。しかし、その策は司馬尚軍五千でオルド本軍二万を食い止めるということが前提であり、気に食わぬと怒りを露わにする。オルドは自分の落ち度とし、陽と貍を奪還しに行くぞと号令をかけ、全軍退却する。
それを見た司馬尚は青歌に戻る。

乱城に到着した李牧は燕軍退却の報せを聞く。舜水樹はようやく秦軍だけに集中できると呟く。李牧は列尾を越えた秦軍はどこまで鄴に近づいたかと尋ねると乱城の文官は鳥達の報告では信じ難いことに秦軍は鄴に向かわずに途中の小城吾多に攻め入ったと報告する。
その言葉に李牧は衝撃を覚える。

信は時間がない状況下でわざわざ小さい城に寄り道して、普通に攻め落として何がしたいんだと焦っていた。中に入ると桓騎軍が民家の略奪をしていた。信はそれを見て、怒り阻止しようとするが、蒙恬は今回ばかりは桓騎軍の鼻が役に立っていると信を制する。摩論は城主の屋敷の地下、城外の地下に食糧庫を発見し、民家の隠し食含めて一粒残らず手に入れたと桓騎に報告する。桓騎はそれを王翦に言う。摩論は本当はしらみつぶしに探さなくても砂鬼の公開拷問をすれば一発なんだけど、王翦が民を傷つけた者は斬首に処すと厳命を出したため、大変であったと不満を口にする。

信は蒙恬から民を殺さずに食糧を奪っていることを蒙恬から聞く。河了貂は確かに兵糧の足しにはなるが、二十万いる軍からすれば微々たるものであり、吾多を落としに来たことで半日分の兵糧を使ったし、王都圏を守る趙軍にも同じく半日もの刻を与えてしまった、本当に兵糧を増やすために来たのであれば最低の愚策の極みだと吐き捨てる。
蒙恬は河了貂の意見に賛同するが、王翦がなぜ厳命まで出してこの都市の民を守ったのか疑問を感じていた。

吾多の民は広場に集められていた。王翦はその前に立ち、語り始める。怯えることはない、民間人であるお前達を傷つけることはこの軍の総大将王翦が一切許さぬ、だがこれは戦だ、心苦しいが我々はそなたらから食糧を奪うと共にこの城も取り上げねばならない、食糧のないそなたらには体力の尽きる前に何とかして隣の城まで移動してもらわねばならない、許せと話す。吾多の民は滅相も無い、命を助けてもらっただけでもありがたいと感謝する。王翦はならばすぐに発て、皆の道中の無事を祈ると言う。民はすぐに城外に出た。そこには解放された兵も混じっていた。
それを見た河了貂、蒙恬、王賁、桓騎は王翦の狙いは兵糧ではなく、外に出された民間人達だと理解するが、それが一体何なのかわからないでいた。
王翦は要領は得たか、次の城に行くぞと号令をかける。





王翦は衛星都市全てに同様のことをして、鄴の周りを大量の難民で溢れ返させ、受け入れざるを得ない状況にするのか。そこに兵を紛れ込ませて受け入れと同時に侵入し、中から門を開けるという作戦になるのか。
しかし、鄴が民間人の受入を拒絶したらこの策は敢え無く失敗に終わると思います。鄴に李牧がいなくとも鳥を飛ばして、絶対に民間人を受け入れるなという指示を出せばそれで終わりかと。
ここで、ポイントとなるのは王翦の民への対応になると思います。鄴に辿り着いた民間人達は鄴の門が開かないことに怒りを覚えることでしょう。「敵の王翦は寛大な対応をしてくれたのに味方に見捨てられる」と非難し、罵倒を浴びせ、下手をすれば門をこじ開けようとしたり、王翦軍が裏から手を回し、ハシゴで壁を登らせようともするかもしれないですね。さすがに自国の民間人は斬り捨てることはできなく、雪崩のように鄴入り込み、いつの間か秦軍の侵入を許してしまうということになるかと…
しかし、李牧なら自国の民間人を斬り捨てても、鄴に受け入れるなと厳命しそうだが…まだまだ王翦の策には続きがありそうですね

第513話 中華の予測

秦連合軍が列尾を抜けた一報は瞬く間に列国中に広まった。
媧燐は秦は本気で趙を滅ぼす気であると認識する。媧燐は李園に趙が落ちるのかと尋ねられると落ちないと断言する。李園は秦が失敗するのかと聞くと媧燐は趙王都圏は圧倒的に守りやすく、中に入られても、山脈と大河で狭められた出入口を奪い返し、封をすれば敵は勝手に中で窒息するだけだと切り捨てる。

呉鳳明も秦が敗れると考えていた。そこで凱孟軍を前線まで呼び寄せることにした。趙で王翦らの連合軍が消滅したと同時に眼前の騰軍を撃破して秦国に雪崩れ込むとした。
一方、媧燐は魏が先に動き、その対応に蒙武軍の力が割かれたところを見計らって、楚軍は一気に北上して咸陽まで叩き潰す予定とした。媧燐は秦を手に入れれば中華は楚のものだと高笑いする。

河了貂は進軍中、思考を巡らすが、嫌な予感しかしていなかった。この進軍は兵站の要を捨てた作戦であり、蒙恬も一番とってはいけない作戦だとはっきり言う。しかし、王賁は総大将の決定であり、自分達は持ち場で命を賭けるだけだと断言する。

桓騎は今度の作戦の勝ち方は想定できなかったものの、王翦とは白老の下で副将をやってきた付き合いで、桓騎の知る限りでは負ける戦は絶対しないと感じでいた。

友軍、敵軍はたまた列国の目が注目する中、王翦による鄴攻略の第一手は楊端和の山の民軍五万の分離であった。山の民軍は王翦軍、桓騎軍と分離し、陽土に前線を張る公孫龍軍九万に戦いを挑みに行ったのである。
河了貂は楊端和が北東の敵の動きを封じれば本軍は横腹や背後を討たれる心配をせずに鄴まで全力で走れると信に説明する。
大将王翦を先頭に鄴に向け本軍の足がいよいよ速まってきたまさにその時、王翦は突然奇怪な行動に出る。それは本軍十五万の進路を大きく北へ曲げ、鄴とは無関係な小都市吾多に襲いかかったのであった。




やはりこの一戦は秦の中華統一への大きな一歩になるか、滅亡への道になるかのどちらかになりますね。しかも相手は李牧。厳しい戦いになることは間違いないでしょう。
しかし、桓騎が王翦は負ける戦は絶対しないという言葉は心強いですね。桓騎ほどの知将に存在を認めさせるとは、やはりその実力は本物でしょうし、この作戦は勝利に向かっていると思います。

今後、連合軍は鄴の衛星都市を次々と落としていくような気がします。そこで兵糧を補充するとともに、鄴を孤立させ、包囲し、攻めるのかな…???
でもそんなのでは河了貂と一緒で悪い予感しかしない…

第512話 鄴の正体

秦連合軍が列尾を落として二日、つまり王翦が列尾城から突如姿を消して二日後にようやく王翦は目的とする趙国第二都市鄴をその肉眼で捉えた。
亜光は聞いていたものとだいぶ様子が違うという印象があり、近年李牧が大改修を行なったという噂は本当のようだと確信する。亜光は愚将には尋常ならざる城に見えますが、王翦様はどのように見えますかと尋ねると王翦は完璧な城だ、あの城は攻め落とせぬと発言する。
王翦は亜光に王都全域の地図を出させる。鄴までの間に存在する城は八つで正確かと聞くと亜光は斥候の話では紀音の北西にもう一つ小都市があるという報告があると話す。王翦は北西に何里だと確認すると二十里ほどと返す。王翦は地図を見ながらその場で軍略を練っていた。部下達は趙王都圏の深部であり、敵に見つかれば一溜まりもない場所で戦略を練り始めたことに不安を抱いていた。
そこに突然趙兵が現れ、どの所属だと詰問する、亜光は一振りで趙兵を蹴散らす。王翦は亜光に敵数を確認すると亜光はこちらの倍ほどかとと返す。王翦は良いかとさらに聞くと亜光は心ゆくまでと返す。王翦はその場で腕を組み、座って戦略を練り始める。

そしてそこから二日後列尾に戻った王翦は連合軍の将校たちに号令を下した。王翦は桓騎、楊端和、信達の前で語り始める。すでに気付いた者もいるかも知れぬが、昌平君の授けた鄴攻略の策はこの列尾で潰えた。よって、この連合軍は私の策をもって列尾を越える。ここからはこの王翦と李牧の知略の戦いだ、全ての兵糧を持ち、全軍で出陣、鄴を奪うぞと断言する。

秦連合軍は国門列尾を越えて、趙王都圏へ全軍進撃開始する。

太行山脈山道にある小城の切城、そこは北西からの王都圏入口アツヨまで二日の場所であったが、そこに鳥の急報が入る。
李牧は王翦が王都圏に入ってきたことに驚く。脱出口のない包囲戦の先に勝機を見出したというのであれば、それは完全な読み違いだと考えていた。李牧は騒つく一堂に静かにと制する。そして、聞いての通り秦軍が列尾を越えたことで、これから趙秦両国の命運を占う戦いへと突入すると語り始める。李牧は秦軍の狙いは鄴であり、もし鄴を落とされることがあれば王都邯鄲の喉元まで秦の刃が迫ることになり、趙王国が滅亡する危機へ瀕すると講じる。しかし、逆に秦連合軍を殲滅すれば秦は二十万という大軍と大将軍級の王翦、桓騎、楊端和、その下に連なる有能な武将達を一気に失うことになるのであり、秦王の中華統一という野望が潰えることに直結すると豪語する。李牧は結末は間違いなく後者だと断言した。
そして、南下中の扈輒将軍に列尾攻めの指示を出し、包囲戦に入ろうとする。




李牧と王翦の知恵比べ、互いに実力的には申し分ない者同士の戦いはどうなっていくか非常に楽しみであります。
李牧は王翦に手はないと高を括っているようですが、それを含めて戦略を練っているので、決して負ける前提ではないとは思います。それとも李牧としてはまだ隠している策があるのか…
しかし、王翦が完璧だと評した鄴をどうやって奪うのか…その作戦気になりますね

今回も名シーンがありましたね。
王翦と亜光のやりとり。
王翦の良いかという問いに心ゆくまでと亜光が返すところは心打たれました。互いに信頼しているのだなぁと感じましたね。

前の10件 | -